女性の価値が”男性の半分”しかない国のリアル

12月11日にNHK『あさイチ』で放送された「女性の貧困~追い詰められる母親たち~」http://www1.nhk.or.jp/asaichi/2013/12/11/01.htmlがネット上で賛否両論を呼んでいる。

番組では孤立し貧困に陥るシングルマザーや、彼女たちを助ける取り組みを取材。番組の主旨は「深刻化する女性の貧困をどう支えていけばいいのか」で、母子世帯で養育費受給を「受けたことがない」と答えた人が61%いたことなどを紹介した。しかし、番組の途中で紹介された視聴者からの意見の中には「甘い」「離婚せずに我慢すればいい」など、シングルマザーたちにとって厳しいものが目立った。

これについて、産婦人科医で『とくダネ!』(フジテレビ)コメンテーターも務める宋美玄さんは下記のようにツイート。

あさイチのシングルマザー特集、視聴者FAXが「考えなしに子供を作ったのだから自業自得」「離婚してやっていけないなら離婚しなければいい」などで凍った。事情はそれぞれだしDVでも我慢しろと言いたいのかと。公的援助の整備はもちろんだけど、やはり女子も一生働くのが身のため我が子のためだね

「子どもは別人格」!反論のツイート内容は?

このほかにも、「#あさイチ」のツイートでは下記のような内容が見られた

シングルマザーに対して「甘すぎる」とか「責任がない」とか「簡単に離婚して」いうバッシュングがあるけど、いやいやいや!結婚してみないと夫がDV男か分からないし!簡単に離婚したったいうけど、分からないでしょー!そして親と子どもは別人格。子どもは人間らしく生きる権利がある

困ってる人を助けたいより、ズルしてる人が許せない感情の方が大きいと、困ってる人が助からなくなるよねぇ。ズルする人はどうしたっているから、まずは困ってる人に目を向けようよ

「シングルマザーは自業自得」とか言う人には、子どもは一人じゃつくれないのよって保健体育の基本を教えてあげたいし、同じ口で少子化を嘆いたりしやがったらグーで殴りたい

番組についての内容はtogetter「#あさイチ『女性の貧困~追い詰められる母親たち~』についてのツイートが荒れていたのでまとめた#nhk」http://togetter.com/li/601491?page=1でまとめられている。

番組でも紹介されたように、恥ずかしさや情報の少なさから行政や周囲に助けを求めようとしないシングルマザーは少なくない。古くは1987年には札幌で3人の子を持つ母親が餓死した事件、近年では2010年に大阪で、シングルマザーが離婚から1年足らずで二児を置き去りにして死亡させた虐待事件など、孤立した母親が悲劇的な結果に陥った事例はたびたびニュースで取り上げられる。ニュースとなる悲惨な事件の背後に多くの助けを求められないシングルマザーがいることは想像に難くない。

「重たい話だけどゴシップを朝から見るよりいい」

このほか、番組で紹介された家庭が犬を飼っていたことや、シングルマザーの例として性風俗で働く女性が紹介されたことについて、さまざまな反響があった。番組の内容や構成については賛否両論だったが、なかにはこんな意見も。

よく、このあさイチで、色んな問題を取り上げると、朝から重い話!って指摘する人いるけど。くだらないゴシップを朝から観るよりいい。ホントに生活に密着した問題を取り上げてるのは、このあさイチだけだし

孤立している母たちのなかには、自分は周囲から興味を持たれていない、相談しても何もしてもらえないと思っている人もいるだろう。番組に寄せられた意見を見ればなおさらかもしれない。しかし、togetterにまとめられた内容を見ると、シングルマザーを応援したいと思っている人も多いことがわかる。悩みを抱える母親にこそこれらのツイートを見てもらいたいし、手を伸ばす勇気を持って、なんとか善意の在り処までたどり着くことができればと感じる。

小川 たまか/プレスラボ