アルコール飲料の秋の新CMが放映スタート。「秋」をテーマに各社「コク」「あじわい」を全面に打ち出し、CM女優たちも艶やかな演技が目立つ。その中でも今シーズン、特筆すべき4つのお酒CMをご紹介。

あどけなさが危ない檀れい、妙にはじける松下奈緒

注目のサントリー「金麦」新CMは「夕日を浴びる」篇。スリッパに向かってジャンプ、滑って転んでスカートがはだけ「うふふ」と微笑む檀れい。冷蔵庫から缶を出す、金麦を飲む、という普通の動作にもなぜか「うふふ」。飲みながら全身に夕日を浴びるアラフォー女性。無邪気な行動がシリーズを重ねるごとに危うさを増し、より一層スリリング。

対抗するのはアサヒ「クリアアサヒ プライムリッチ」。松下奈緒が「リッチ」と言うのが「エッチ」に聞こえることで話題のCMシリーズ、秋は「蟹がぶリッチ! おかえリッチ!」篇。「今日はリッチだ! 思いっきり蟹シャブだ!」と叫んで、枯葉の山にダイブ。極太のカニ脚をがぶりと頬張る。そして「リッチなほうが、好きでしょ」。ああ、もうなんのメタファーなんですか。

ビール系飲料界では群を抜いて味わい深いこの二大CMだが、共通しているのは、大人女性が魅せるイタさすれすれの無邪気な行動。男性支持率が気になるところだが、「金麦」が今後シュールさを増すほど、松下奈緒に家で待っていてほしいと考える男性が増えそうだ。

月桂冠「つき」新女将に仲間由紀恵、色気マックスの黄桜「呑」

藤原紀香などが女将役を務めた月桂冠「つき」。新CMには仲間由紀恵が登場。京都の料理屋「月」に嫁入りした新米女将という設定で「ほんま、堪忍しておくれやす」と板についていない京都弁が初々しい。お客さんに「女将さんも京都の水で、綺麗になりはって」と言われ「どないしよ」とはしゃいでいるが、仲間由紀恵といえば琉球王朝を描いた「テンペスト」では主演するなど、沖縄を代表する女優のはず。沖縄県民、怒ってない?

そして日本酒CMで忘れてはならないのが黄桜。笛木優子主演「」の新CMは、その名も「化粧妻」篇。衝撃キャッチフレーズは「今夜、呑して頂けますこと?」。うなじの後れ毛、肌襦袢から覗く足、薬指で紅をさすなど、古典的な色気アイコン満載で、もはや無形文化財に指定したいほど。

白熱のパック系日本酒CM、日本には色気の表現が多彩だと感心させられる。新米女将・仲間由紀恵がどのように成長するのか、また黄桜が笛木優子に何をさせるのか、今後も目が離せない。

他にも井川遥のサントリー角瓶「つまみ食い」篇、北川景子の金麦クリアラベル「今日も一日」篇、滝川クリステルの「新琥珀エビス 誕生」篇など、新CMが目白押し。これから放映される秋のキャンペーン第二弾にも注目したい。

松田美保

この記事を読んだ人は答えてね!
人が回答しています