タグ
2014/09/09

最先端の遺伝子検査がお肌の老化を防いでくれる、そんな時代になりました。今年の「欧州発明家賞」を受賞した新しい技術を使ったアンチエイジングサロンが、先日、英国・ロンドンにオープンしました。

最先端のDNA解析による美容診断は10万円

このサロンは、高級ブランドのショップが並ぶボンドストリートにある「GENEU」。欧州発明家賞受賞者であるインペリアルカレッジ・ロンドンのクリス・トウマゾウ教授がCEOを務めています。同教授は、研究所の設備が必要なく、短時間でDNA解析のできるマイクロチップを発明。このチップを使えば、直接USBスティックに挿入することができ、コンピュータ上で結果を見ることができるのだそうです。

検査はたったの30分で、加齢と遺伝的構成との関連について調べることができます。必要なのは、ただ口の中を綿棒でこすることと、ライフスタイルに関する簡単な質問だけ。結果として、パーソナライズされたスキンケアを処方され、一般的なお手入れの代わりに使用するべき、完璧なアンチエイジング成分の美容液を与えられるそうです。

正しいノウハウで遺伝的運命を変えることができ、祖母から受け継いだシワや皮膚のたるみを我慢しなくていい――この検査はユニークな美容液2本付きで600ポンド(約10万円)もするそうです。

日本でも遺伝子検査サービスが拡大中

日本でも、体質や病気のリスクを調べる遺伝子検査への関心は高まっており、ヤフーやディー・エヌ・エーなどのインターネット企業が相次いで遺伝子解析ビジネスに参入しています。

先月、「DeNAライフサイエンス」が一般消費者向け遺伝子検査サービス「MYCODE(マイコード)」の提供を開始しました。これは、ホームページから申し込み、送付された検査キットに唾液を入れて返送すると、検査結果がウェブサイトで見られるというサービス。胃がん・肺がん・食道がんなど40種類のがん、糖尿病・高血圧・心臓疾患など25種類の生活習慣病、その他の疾病リスクと肥満や肌質などの体質関連を合わせて最大282の検査項目を網羅した「オールインワン280+」で29,800円(税別)。

また、ヤフーも個人向け遺伝子解析サービスを10月に開始すると発表しています。このサービスでは、2型糖尿病、脳卒中、腎臓病などの生活習慣病や、肥満や不眠症などの病気、尿酸値、飲酒量などの体質を含めた約300項目を解析するそうです。

もちろん、内容も技術も異なるので、検査費用の単純な比較はできませんが、素人目でみれば、美容に特化した「GENEU」の10万円は“セレブ向き”かも。ただ、より長く健康に美しく生きたいという欲望が人間にある限り、技術は進歩していくでしょうし、「GENEU」の日本上陸もそう遠くないかもしれません。

(リプトン和子)

この記事を読んだ人は答えてね!
人が回答しています