常識を覆す“ぽっちゃりモデル”の逆襲

体重90キロのアメリカ人モデル・キャンディスさん/『LeParisien』より

近年、ファッション写真はフォトショップによる行き過ぎた修正が指摘され、もはや本物のモデルをそのまま映し出す写真は存在しないのだということは、多くの人に知られることとなりました。

パリに住む筆者も、地下鉄で人間離れした極細の女性モデルをチラホラ見かけますが、それはパリコレの風物詩とも言えます。近くで実物を見るとよく分かりますが、頭が小さくまるで宇宙人のようなスタイルなので同じ洋服を着られるとは思えないばかりか、近寄るのも怖くてできません。

ファッション業界では、こういった細身モデルが主流ですが、実は昨今、サイズの大きな服用のぽっちゃり体型モデルたちが注目されているのです。

芸術性の高いピレリ・カレンダーのモデルに選出

その大きなきっかけとなったのは、身長180センチ、体重90キロ、29歳のアメリカ人モデル・キャンディスさんが、業界で最も注目を浴びる「ピレリ・カレンダー」(2015年版)のモデルとして選ばれたことでした。

このカレンダーは一流のカメラマンとスタイリスト、トップモデルたちが集結して毎年制作される芸術性の高いもので、手に入れることができるのはVIPのみ。彼女の選出はネット上で話題を呼び、すぐに彼女は数々の有名雑誌の表紙にとりあげられることになりました。48号という(日本のLサイズに近い) サイズを誇りに思う彼女が、ファッション業界をひっくり返すような革命を起こしたと言えるのです。

この有名カレンダーのオファーを受けた時のことを彼女はこう語っています。

「最初はただの冗談で、私はバカにされてるんだと思ったんです」

フォトショップ修正なし、メイクなしの「ナチュラルな美」

実は、注目されているぽっちゃり体型モデルはキャンディスさんだけではありません。オーストラリア人モデルのロビンさん(188センチ、46号サイズ、25歳)は「ナチュラルな美」を推奨し、活動を続けている一人。彼女は自身の、フォトショップ修正なし、メイクなしの美しい水着姿をネット上でアップ。

それだけでなく、アメリカの有名なスポーツ雑誌のセクシーショットページをパロディ化し、ぽっちゃり体型モデルのみで撮影することに挑戦しているのです。

この活動のおかげで、彼女はいくつものブランドとモデルとして契約を結ぶことになりました。また、スペインのMANGO系列のVioletaという大きめサイズブランドのアドバイザーとしても活躍されています。

彼女たちの活躍はまだまだ始まったばかり。これから、ますます世界中の女性たちがファッションを楽しめるようになりそうですね。

中村綾花