タグ
2014/07/18

 “実父”と“法律上の父”で子供が板挟み?

「DNA型鑑定で血縁がないと証明されても、法律上の父子関係を取り消すことはできない」
7月17日、北海道、関西、四国の3家族が争ってきた裁判の判決で、最高裁が初めての判断を示しました。

女性が結婚中に夫以外の男性の子を出産

3件とも妻が、結婚中に夫とは別の男性との子を出産し、DNA型鑑定で別の男性との血縁が99.99%と判定されていました。

北海道と関西の訴訟は、離婚や別居した夫に対して、妻側が父子関係の解消を求め、一、二審は父子関係を取り消していましたが、最高裁では逆転判決となりました。

四国の訴訟は、男性が元妻の子との父子関係取り消しを求めていましたが、一、二審は「嫡出推定」に基づいて父親の訴えを退け、最高裁でも同じ判決となりました。

判決では、裁判官5人中3人が、妻が結婚中に妊娠した子は夫の子とする、民法の「嫡出推定」は、DNA型鑑定では覆らないと判断しました。一方で、あとの2人の裁判官は、子が血縁のある男性と同居している点を考慮し、「生物学上の父との関係の方が安定し永続的」などと反対しており、意見が分かれています。

民法は116年前の明治時代に定められた法律

「嫡出推定」は、116年前の明治29年に定められた民法772条の規定です。5人のうち4人の裁判官が、規定が社会の実情に合わないため、法整備での対応が必要だと言っています。

「嫡出推定」については、法務省のサイト「民法772条(嫡出推定制度)について」に、詳しく説明されていますが、要約すると以下のようになります。

妻が結婚中に妊娠した子は夫の子と推定する。婚姻成立の日から200日経過後、または婚姻解消の日から300日以内に生まれた子は夫の子と推定される。子の福祉のため、父子関係を早期に確定し、子の身分関係を安定させることを目的としている。

ネット上では賛否両論

この判決に対して、ネット上では様々な意見が飛び交っています。

・産みの親より育ての親か
・育ての親か? 血のつながりか? 難しい問題だ

・不倫して、夫を騙して出産した妻に対する非難の声が出ないのに違和感
・結婚していてもいなくても、女が誰とセックスして子供を作ろうが自由じゃないか。浮気される男が悪い

・子供は被害者じゃないか
・子どもが、実の父と法律上の父との間で板挟みを強いられるのでは

・血縁がなくても身分関係の安定させるために親子関係を認めるって結論は、民法自体が許容しているものだから、立法で解決するしかない
・時代にそぐわない民法の改正について考えさせられる

こうした議論は今後ますます活発化していくと思われますが、いずれにしても、子どもの幸せを一番に考えることが大事なのではないでしょうか。

(編集部)