タグ
2014/07/18
©2014 Disney

©2014 Disney

2014年前半の話題をけん引した『アナと雪の女王』! 劇場公開では字幕と日本語吹き替え版の両方が大ヒット、そして7月16日に発売された『アナと雪の女王 MovieNEX』は、予約だけで100万枚を突破! すでにミリオンを約束されており、いまだ『アナ雪』旋風は健在です。

何がそんなに人々の心をとらえたかといえば、歌の力はもちろんですが、ディズニーでは珍しくWヒロインであること、また王子様を待つだけではなく、自ら行動するヒロインであることが語られています。特に雪の女王であるエルサは人気ありますよね。何もかも凍らせてしまう彼女は国を飛び出し、「もう自分の特殊能力を隠さない!」と氷の王国を作り、「ありの~ままの~♪」となるわけです。

コンプレックスも隠さず力強く生きる決心をしたエルサ。でもよ~く考えてみてください。エルサの生き方ってそんなに素敵ですか? とても孤独で寂しくはないでしょうか?

美人だけど、完全に婚期を逃すタイプのエルサ

強い女のイメージがエルサの魅力と言われていますが、彼女は好んで強い女として君臨しているわけではありません。エルサには妹のアナを傷つけたくない優しさがあり、他の人とは違う自分に嫌気もさしているのです。氷の世界で生きるエルサは、お城の部屋に閉じこもっていたときと同じように孤独です。

アラサーのみなさんのまわりにもいませんか? 美人だけど近寄りがたく声もかけにくい女子。思い切って合コンに誘っても自己アピールがあまり上手じゃないので、「つまらない」と言われ……。で、またそのことをウジウジ悩んでいるという……。エルサはまさにそのタイプ。一見、美しく強く凛としているけれど、私は他の人とは違う、私に触れるとみんな凍ってしまう……と内面は孤独で社交性はあまりない女性のように見えるのです。

アナは社交的で陽気なモテ女タイプ

一方、アナは社交的で明るくて、周囲を振り回すお転婆女子です。アナのような女性は、いるだけで周囲を明るくしてくれるので、合コンでは大人気! 何しろ、閉ざされたエルサの部屋の扉をのぞき、「遊ぼう、遊ぼう」と必死にアピールしていたアナですから、例え好きな男子に冷たくされても絶対に負けずに迫っていき、自分の世界に巻き込んでいきそうです。

『アナと雪の女王』でもそうだったでしょう。アナはハンス王子やクリストフの懐に飛び込んですぐに打ち解けますし、雪だるまのオラフまで味方につけてしまいます。こういう女子は男友達も多いし、恋人もすぐできるでしょう。人間関係のフットワークが軽いのがアナなのです。そんな妹を愛するエルサですが、現実にアナみたいに周囲を巻き込む妹がいたら「チッ!」と思ってしまうかもしれません。

モテたいアラサー女子はアナを目指そう!

アラサーになると、キャピキャピした後輩に職場の花のポジションを持っていかれたりして、恋愛において戦闘意欲を失ってしまう人が多いかもしれません。でも「ありのままの私を好きになってほしい」といっても、頑張らなければ恋は手に入れられないのです。

ありのままでいるということは、無理せず自分らしく生きればいいのですから、実はそれほど難しいことではありません。ただ、エルサみたいなアラサー女子は、ありのままでいたら、自分の世界に閉じこもるだけなので、ますます婚期を逃すから要注意! みんながエルサを好きなのは、彼女が悲劇のヒロインであり、幸福になってほしいと願わずにいられないキャラクターだからです。

実際は、モテ女のお手本は明るく能天気なくらい前向きなアナの方。このくらいワガママで奔放な方が、男は「しょうがないなあ」と、放っておけなくなるものなのです。

『アナと雪の女王 MovieNEX』(発売中)

斎藤香