“おっぱいビキニ”でトップレス禁止に対抗! 裸に見える水着が海外で話題沸騰

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
“おっぱいビキニ”でトップレス禁止に対抗! 裸に見える水着が海外で話題沸騰

おっぱいビキニでトップレス禁止に対抗

ビーチに出かけるヴァカンスも間近、ネット上で話題になっている面白い水着がある。Facebookで拡散されているその水着の写真を見たとき、一瞬「!」と思ってしまった驚きの水着とは、女性のおっぱいがプリントされているものなのだ。

この「THE TATA TOP」という水着を考えつき販売しているのは、アメリカ・シカゴに住むミッシェルさん。彼女がこれを販売するのには「ただ単にデザインが面白いから」という理由ではないという。

    トップレス禁止にユーモアを持って反対

この水着制作と販売の背景には、「(トップレス禁止のビーチにおいて)女性にもビーチでトップレスになる権利がある」ことを主張していると共に、FacebookやInstagram上での「胸の写真を禁止する」という検閲にユーモアをもって反対する活動の一環なのだという。

既にこのFacebookでは5,000人が、instagramでは7,000人近くのサポーターがおり、実際にこの水着を着用した写真が多く見られる。日々増えて行くサポーターの数からも、それほどまでにこの水着と、女性の主張が支持されているということだろう。

このおっぱいビキニ、明るいピンク色とミディアム、ダークな色の3種類、SからXLまでサイズは4種類。一着28ドル(日本円で3,000円ほど)なり。

なお、ビキニの売り上げの一部は乳ガンの研究団体に寄付される。

    気楽にトップレスを楽しめるビキニ

この夏はこのおっぱい水着で女性の権利を主張してみるのも悪くないかも。とはいえ、ビーチならまだしも、やっぱり「公共の場でおっぱいを出して歩く権利」というのは同じ女性でも違和感がある。権利は認めたいところだけれど、身の危険を優先してほしいというのが筆者の本音。

私と同じ様に違和感を抱く人でも、本当は思いっきりおっぱいを出したい女性でも? 気楽に、そして面白く楽しめるのがこのおっぱいビキニの醍醐味なのかもしれない。

ホームページ

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

“おっぱいビキニ”でトップレス禁止に対抗! 裸に見える水着が海外で話題沸騰

関連する記事

編集部オススメ

多少の肌トラブルがあっても若さで乗り切れるのは20代まで。用賀ヒルサイドクリニック院長の鈴木稚子先生と一緒に、30代からは自己流の習慣を見直しましょう。

激務の通勤生活、今年で何年目? ふと気づけば、プライベートの暮らしは仕事に押しつぶされてぺちゃんこに。何のために頑張っているのかわからなくなることさえありますよね。「いつまでこんななんだろう」「働き方を変えたい」「でも方法が分からない」この連載では、そんな悩みや迷いをえいやっ!と乗り越えて、“ライフ”に“ワーク”をぐんと引き寄せてしまった彼女たちに話を伺います。

記事ランキング
「美女と野獣」
公開記念特別企画
その、呪われたドレスを、脱ごう。