タグ
2013/10/28

はじめまして。(社)日本フードアナリスト協会2013年度『食のなでしこ』ファイナリストの野口珠実です。 日本とスリランカのハーフで、モデルのお仕事を9年間させていただいています。

簡単にできる!風邪のアーユルヴェーダ的予防法とは…

あまり馴染みのないアーユルヴェーダを少しでもみなさんに知っていただくために、スリランカ人の母と一緒に「スリランカのアーユルヴェーダ料理」と いう、体の内側から綺麗を作る体質別のレシピ本をぶんか社より出版しました。私は小さい頃から母が作るアーユルヴェーダに基づくスパイスたっぷりの美味し い手料理を食べて育ちました。その我が家の食卓によく並ぶ料理がこの本に紹介されています。

 

さて、アーユルヴェーダという言葉を初めて聞く方もいらっしゃると思います。そこで簡単にご説明します。アーユルヴェーダは数千年に渡り、インドや スリランカに伝えられてきた伝統的な健康法を教え伝えたものです。即効性ではなく、日々の生活の中で自分のできる範囲で実践し、体内に溜まった毒素を排出 します。そして徐々に自分の体の自然治癒力を高めていきます。病気にかからない健康法のひとつでもあります。

 

アーユルヴェーダでは人間の体質が大きく3つに分けられています。1つ目は風のエネルギーを持つヴァータタイプ。2つ目は火のエネルギーを持つピッ タタイプ。3つ目は水のエネルギーを持つカパタイプ、です。この言葉からわかるように、アーユルヴェーダは自然界と密接な関係があります。大自然の中に生 える薬草やスパイスは、もちろん一切化学物質が含まれていません。体にも優しくヨーガなどを取り入れていくと健全な体を作りだすこともできます。

 

今回は、アーユルヴェーダの生活でどの体質の方でも共通している、体の中に溜まった毒素を排出して体内環境をキレイにする飲み物についてお伝えします。

 

その飲み物とは…白湯です!

 

白湯は味のしないイメージがありますが、実は飲み続けていると味の変化に気付きます。飲み続けていると徐々にですが、甘味が感じられるようになって きます。甘味を感じたらそれは体内の毒素が排出されているといううれしいサインです。味覚の変化から体内環境の変化に気付くようになります。

 

白湯の作り方ですが、水は軟水のミネラルウォーターで、鉄瓶、もしくは土鍋で水を沸かしてください。火で水を沸かすことで火のエネルギーを得られる のでここは重要ポイントです。アツアツの白湯を飲むのではなく、少し冷まして火傷しない程度の温度で1回にコップ1杯程度飲みます。“含み飲み”と言っ て、ベロの下に白湯を入れてから飲みます。そうすることで全身があたたまる速さが断然変わってきます。

 

自分の体温より低い温度のものを摂取すると体が冷えてしまいます。代謝をあげるためにも自分の体温よりあたたかいものを口にするように心がけましょう!冷え症の方にはとってもオススメです。

 

これからの季節、風邪やインフルエンザが心配ですよね。アーユルヴェーダ的予防法として、私の大好きなコリアンダーティーをご紹介します。作り方はとっても簡単です!

簡単にできる!風邪のアーユルヴェーダ的予防法とは…

【コリアンダーティーの作り方】
小鍋に500ccのお水を入れて、そこにコリアンダーシード大さじ5杯と、スライスした生姜を5枚入れて中火で7分ほど煮ます。
※このとき、タオルで頭を覆って、湯気を鼻や口から大きく吸い込んで深呼吸を繰り返してください。その動作だけでも鼻づまりが軽くなります。お湯の色が薄茶色になるのでそれを目安に火を止めてください。

 

お水を加えて数回繰り返し飲めます。出来上がったコリアンダーティーはお好みでお砂糖を少々加えて飲んでも美味しいです。黒糖を食べながらでも美味しいです。ぜひお試しくださいね。

 

文:野口珠実

野口珠実

Elite Model Look 2004でファイナリストとなりモデルデビュー。ナチュラル系ファッション誌を中心にShow、CF等で活躍。2012年、母とスリランカの料理レシピ本 「スリランカのアーユルヴェーダ料理」をぶんか社より発売。同年、社団法人日本フードアナリスト協会主催「食のなでしこコンテスト」にてファイナリストに 選出され、FM salus「なでしこラジオ」にレギュラー出演。毎月第4金曜日のコラムを担当している。
現在、味の素「クノール スープDELI」ランチマジック篇の新CMに出演中。
http://youtu.be/BoQ5n3MMims
アーユルヴェーダ ライフコンサルタント、スパイスコーディネーター、フードアナリスト3級を取得。その他にもアーユルヴェーダを広める為に勉強中。
オフィシャルBLOG:『tamami noguchi blog』

日本フードアナリスト協会