タグ
2013/10/28

みなさん、こんにちは。(社)日本フードアナリスト協会2013年度「食のなでしこ」の小林奈々絵です。新米フードアナリストとして、日々「食」の勉強に励んでいます。

日本が誇る食文化「かまぼこ」の魅力を見直そう!

さて、このたび私は日本フードアナリスト協会主催のかまぼこ食文化大使任命セミナー(協賛:鈴廣かまぼこ様)を受講し、かまぼこ食文化大使に任命さ れました! みなさんは「かまぼこ」と聞くと、どんなイメージを思い浮かべますか? 食べ方がワンパターンになってしまったり、添加物が入っているので は…なんて考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

しかし実際のところ、かまぼこは日本の食卓に慣れ親しんできた身近な食べ物であり、私たちの健康や美容のサポートにも一役買ってくれる、優れた水産食品です。今回は、日本が誇る食品「かまぼこ」の魅力をたっぷりお届けします♪

 

■主な原材料と作り方
かまぼこの主な原材料は、「魚」「塩」「水」だけです。この事実を知らない人は意外と多かったりもします。

日本が誇る食文化「かまぼこ」の魅力を見直そう!

伝統職人による製造技術は江戸時代から現代へ脈々と受け継がれてきました。大まかに言うと、魚の実を水で晒し、塩を加えて擂り、形を作って蒸し上げ ます。シンプルな食べ物ゆえに素材の持つ力や職人の心と技、そのひとつひとつが研ぎ澄まされていなければならない伝統水産食品なのです。しなやかな弾力の 歯触りとのど越しが、その神髄です。

 

■食品としての優れた特徴
魚をかまぼこに加工することで、食品としての優れた特徴が発揮されます。
・加熱するので生魚より日持ちが良くなる
・形や食感を自由に変えることができる
・副原料や調味料を加えることで好みの風味に調整できる
・水に晒すことで魚の臭いを取り除き色白に仕上がる

 

水産資源の有効利用の面から見ても、とても優れた手段とされています。また、さまざまなバリエーションが手軽に楽しめるので毎日の食卓にもピッタリです。

 

■優れた栄養価とアミノ酸バランス
筋肉や臓器など、体づくりに欠かすことができないのがタンパク質です。タンパク質は20種類のアミノ酸で構成されていますが、そのうちの9種類は体内で合 成されないため食事から摂る必要があります。それを「必須アミノ酸」と言いますが、かまぼこにはこの必須アミノ酸が全種類バランス良く含まれています。つ まりかまぼこは、私たちの健康サポートに役立つ栄養満点食品なのです。

 

■期待できる「かまぼこ」の健康効果
良質なタンパク質をしっかり食べて、パワーアップを目指しましょう! 以下の効果が期待出来ます。
【1】筋力・代謝アップ
【2】スタミナ向上
【3】疲労回復
【4】ストレスに強いカラダ
【5】美肌・美髪でキレイをサポート

 

■高タンパク質・低脂肪なのでダイエットにも最適
食事制限をする無理なダイエットは、筋力量の低下を招きます。同時に代謝も低下するため、逆に痩せにくい体質を作ってしまいます。「かまぼこ」は製造過程 で水に晒すので、魚肉に含まれる脂肪分が流されます。つまり高タンパク質・低脂肪。栄養満点のヘルシー食品なのです。まさにダイエットには効果的だと言え るでしょう。

 

■「板わさ」をアレンジして食卓を楽しく演出
板わさとは、かまぼこにわさびを添えたもの。「ワンパターンになりがち…」という方も、少しの工夫で食卓がぐっと華やかに楽しく演出できます。ぜひ、ご家庭でいろいろなアレンジをお試しください。

 

【1】添える
たっぷりの厚さに切ったかまぼこに、旬の野菜や味噌を添えて。
【2】のせる
季節の素材をのせてカナッペ風に。
【3】はさむ
かまぼこの背に切り込みを入れ素材をはさむ。
【4】かける
パプリカや抹茶塩を描くようにさっとかける。
【5】あぶる
さっと炙れば香ばしく野趣の味わい。

 

■オリーブオイルと合わせて洋風に

日本が誇る食文化「かまぼこ」の魅力を見直そう!

オリーブオイルは魚介との相性が抜群です。つまり、魚が原料のかまぼこもオリーブオイルによく合うんですよ。例えば、わさびをオリーブオイルで溶い て板わさにすると見た目もオシャレ。わさびの刺激がまろやかになってワインにも合うおつまみに変身します。また、バルサミコ酢と合わせても美味しく食べら れます。

 

かまぼこは和風で食べるものという概念にとらわれず、斬新なアイデアで、あなただけのレシピを考えてみて下さいね♪ 日本が世界に誇る素晴らしい食文化を今一度見直しながら、かまぼこの新しい可能性を探してみましょう。

 

取材協力:鈴廣かまぼこ(http://www.kamaboko.com/
鈴廣かまぼこは天然素材、安心無添加ですから魚本来の美味しさが伝わります。鈴廣かまぼこの里では和の食文化の深みを観て、触れて、味わっていただけます。ご興味を持たれた方は、是非一度足をお運びください。

 

 

文:小林奈々絵

小林奈々絵

1983年生まれ、石川県金沢市出身。
OLからラジオパーソナリティーに転身した異色の経歴を持つアラサー女子。
実家がステーキ屋の為、幼い頃から食に精通しており調理師免許とフードアナリストの資格を持っている。
(社)日本フードアナリスト(R)協会主催の『食のなでしこコンテスト2013年度』においてグランプリを受賞。ラジオ、テレビ、イベントなど様々なメディアで活躍中。

 

小林奈々絵オフィシャルブログ 『ななころび八起き日記』
『なでしこradio』 FM Salus(84.1MHz)毎週金曜日16時から公開生放送

日本フードアナリスト協会