コロンビアは情熱的なイケメンの宝庫!?

泣いても笑ってもグループリーグはあと一戦。決勝トーナメント進出のかかったコロンビアとの試合がいよいよ明日6月25日、キックオフとなります。

対戦相手を知るために伺ったのは、恵比寿にあるコロンビア料理のお店「プント・プンタ」。出迎えてくれたのは店長のあきらさん。日本人の父とコロンビア人の母を持つさわやかイケメンです。

コロンビアは情熱的なイケメンの宝庫!?

家庭によってレシピが異なるサルサソース

「コロンビア料理は、じゃがいもやトウモロコシを多用するのが特徴。煮込みスープなども多く、素材の味を生かしたシンプルで優しい味付けです」

と語るあきらさんイチオシは、エンパナーダ(350円)。トウモロコシの皮に具材を入れて揚げたもので、朝食や昼食、スナック、ビールのおともとして、屋台などでも食べられるポピュラーな料理。具材はひき肉や野菜など各家庭、店によってまちまちです。

味の決め手はサルサソース。これもまた家庭によってレシピは違いますが、「プント・プンタ」はあきらさんのお祖母ちゃん直伝。長ネギ、パクチー、トマト、塩、唐辛子などをミックスしており、ピリ辛で揚げ物にはぴったり。

コロンビアは情熱的なイケメンの宝庫!?

コロンビアの男性はサルサの巧みなステップで女性をリード

情熱の国とも呼ばれるコロンビアでは、男らしいタイプが多いのだとか。

「ナヨナヨしているタイプはモテませんね。ガタイが良くて、ジョークがうまい男性が人気です。それに紳士であること。扉をサッと開けたり、椅子を引いたり、さりげないことを当たり前にできることでしょうか。そしてなにより、サルサを踊るのがうまい人!」

ラテンアメリカ特有の踊りであるサルサは、男性が動きを決めるタイプのペア・ダンスなので、巧みなステップで女性をリードできることが大事。子供のころから踊ることに慣れ親しんでいる国民性なので、みんなサルサが得意なんだとか。つまりコロンビアに行けば、優しく紳士的な上に、情熱的なダンスでトリコにしてくれる男性に巡り合えるかも?

「日本の女性もモテると思いますよ。感情豊かでストレートに物事を表現するコロンビアの人たちと会えば、きっと楽しいはずです」

チームの司令塔ハメス・ロドリゲス選手に注目

対戦の当日は、コロンビア大使館を開放してパブリックビューイングが行われるのだとか。すでに決勝トーナメント進出を決めているコロンビア・チームで注目のイケメン選手は……?

「チームの司令塔でもある10番のハメス・ロドリゲス選手。絶妙のスルーパスが得意技です。11番のクアドラード選手のスピードも見逃せません」

と、あきらさん。こんなコロンビア・チームを相手に、奇跡のグループリーグ突破を目指して、がんばれ日本!

コロンビアは情熱的なイケメンの宝庫!?

コロンビアは情熱的なイケメンの宝庫!?

●取材協力
Colombian Bar & Restaurant プント・プンタ PUNTO PUNTA
東京都渋谷区恵比寿南2-13-14 T&Kビル1F/03-5704-6280/17~25時(食事ラストオーダー23時)日曜休み

室橋裕和