嫌いな女子アナ1位小林麻耶いじめか?

小林麻耶オフィシャルブログ『まや★日記』より

先日、『女性セブン』が30代から60代の女性300人に行ったアンケート「嫌いな女子アナ」で一位に選ばれた小林麻耶さん。これは、現在レギュラー出演中の情報番組『バイキング』(フジテレビ系)の影響が大きそうだ。その『バイキング』で小林さんは、花嫁修業企画に出演。突然泣き出したり、ぶりっこしていたかと思えば花嫁修業の先生に言い返したりしていて、そんな様子が毎週話題となり注目を集めている。

    料理を作った人が洗い物をしないのはおかしい?

番組放送中、Twitterでは「イライラしてきた」「いまだに未婚でいる理由がわかった」などと、毎回さんざんな言われよう。また本来ならば、なんでもできて当たり前の女子アナのダメっぷりが気に障るようで、「(料理の)段取り悪すぎ」「(本来なら)才色兼備のはずなのに」と言った意見もあった。

でも、小林さんの行動はそんなに非難されるべきものなのだろうか。例えば、6月20日の放送で、小林さんは、「料理を作った人が洗い物をしなくてもいいんじゃないか。食べた人が洗ってもいいのでは」と言い返し、先生に「それはおかしい」と諭される一幕も。

しかし、落ち着いて考えてみると、現在は共働き家庭も多く、男女の役割自体にも疑問がもたれている。また、小林さんがもうすぐ35歳で未婚だからと言って、人前で怒られながら「花嫁修業」をしないといけないのか、そして「花嫁」になる女性として失格なところをさらけ出して、みんなに悪口を言われないといけないものなのだろうか。これは演出の意図に視聴者も踊らされているのではないだろうか。これでは、「結婚しろ!」という野次とそう変わらないのでは……。

    『嫌われる勇気』の著者に、涙が出るほど自分の悩みを吐露

こうした風潮にTwitterで反論をする男性陣も現れた。しかし、その多くは「かわいいから許す」というもの。悪いわけではないが、「かわいいから」で免罪されるというのでは、小林さん自身のことも一時的にしか救わないだろう。

この出来事を受けて、小林さんはブログで「嫌われる勇気」というタイトルの日記も公開している。これは『嫌われる勇気』という本についてのトークセッションをしたという内容で、小林さんが「嫌われる勇気」を持ちたいという意見をしたということではないようだが、本人の「嫌われている」状況とリンクさせて日記を書いていることはうかがえるし、「涙が出るほど」「自分の悩みを吐露し」たことなどが綴られている。

    番組の演出はいじめではないか

また、別の日には、「私はずっと自分を好きと思えなくて『自己受容』がなかなかできず悩んでいるのですが、バイキングに出演し、こんなに想ってくださる方がいることを知る事ができ、このまま修行をしていったらもしかしたら『自己受容』もできるようになるのかもしれないと光が見えるようになりました」とも綴っていた。今は、『バイキング』での出来事を、なんとかポジティブにとらえようとしているようだが、やはりこのまま批判が続くと精神的にダメージは大きくなるのではないか。

最近は、こうした小林さんを非難する動きがいくとこまでいったのか、一部の人からは、番組の演出は、「公然としたいじめではないか」という意見も出てきている。また、小林さんはプライベートでも情緒不安定な状態が続いているという噂もある。演出上のことだけに、すべての「いじり」を「いじめ」ととらえることはないと思うが、ただ面白いからというだけで、脊髄反射でよってたかって総つっこみすることが果たして同じ女性にとってもいいことなのか、今一度考えてもいいのではないだろうか。

(芦沢芳子)