西島秀俊、実はドMだった?! 新ドラマ試写会で見せた意外な一面

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク
西島秀俊、実はドMだった?! 新ドラマ試写会で見せた意外な一面

MOZU Season2~幻の翼~

ドラマ『MOZU Season2~幻の翼~』の完成披露試写会にて

6月22日から始まるドラマ『MOZU Season2~幻の翼~』の完成披露試写会が20日、都内で開かれ、出演者の西島秀俊、真木よう子、池松壮亮、羽住英一郎監督が舞台挨拶に登場した。

    作品への情熱と意外なMっ気を告白

同作品は、4月からTBS系で放送された連続ドラマ『MOZUシーズン1』の続編で、警視庁公安部とテロ集団の戦いを描く。原作は、“映像化不可能”と言われ続けてきた逢坂剛のハードボイルド小説「百舌」シリーズ。

撮影はテレビドラマでは異例の8か月という長期に渡った。主役の公安部エース・倉木警部を演じる西島は、「監督と同じ3月29日が誕生日で、運命を勝手に感じてる。“撮影バカ”と“役者バカ”が集まって、8か月テンションが落ちることなく素晴らしい現場でした」と作品への熱い思いを明らかにした。

また、作品で代わりにやってみたい役を問われると、「(真木が演じた)美希になってありとあらゆる人にボコボコにされたい。そういう役のほうが燃えるので……」と意外なMっ気を告白。

    肉体美と幅広い役柄で女性を魅了

見どころを聞かれた真木は、「よりすごいスケールの映像になっていると思う。西島さんもいっぱい脱いでるし(笑)、楽しみにしてください」と会場の笑いを誘った。それに対して、鍛えられた肉体美で知られる西島は動揺。「脱いでないよー。適当なこと言うのやめてください!」と照れながら否定した後、「アクションを含め、テレビドラマでやったことのないであろうシーンがいっぱいある」と改めてアピールした。

西島は現在、ANA、パナソニック、ライオン、ローソンなど9社とCM契約中。年相応で等身大、身近にいそうな存在感、しかも適度に逞しい姿形で、女性人気が高い。孤独な警察官から、家庭的な主夫役まで演じ分けられる幅の広さが魅力なのだろう。その勢いはしばらく止まらなそうだ。

WOWOWで毎週日曜22:00より放送される(全5話・第1話無料放送)。

(編集部)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

西島秀俊、実はドMだった?! 新ドラマ試写会で見せた意外な一面

関連する記事

編集部オススメ

多少の肌トラブルがあっても若さで乗り切れるのは20代まで。用賀ヒルサイドクリニック院長の鈴木稚子先生と一緒に、30代からは自己流の習慣を見直しましょう。

激務の通勤生活、今年で何年目? ふと気づけば、プライベートの暮らしは仕事に押しつぶされてぺちゃんこに。何のために頑張っているのかわからなくなることさえありますよね。「いつまでこんななんだろう」「働き方を変えたい」「でも方法が分からない」この連載では、そんな悩みや迷いをえいやっ!と乗り越えて、“ライフ”に“ワーク”をぐんと引き寄せてしまった彼女たちに話を伺います。

記事ランキング