タグ
2013/10/28

みなさん、こんにちは! (社)日本フードアナリスト協会 2013年度 食のなでしこの谷口信江です。今回は、梅雨の天候不順な季節にとっておきの手作りドリンクをご紹介します♪

 

健康、美容のため食生活には気を配っていることは以前の記事でもお伝えしていますが、飲み物に関していえば、我が家にはペットボトルの買い置きがありません。飲み物は温かいお茶やコーヒー、ハーブティーを入れ、冷たい飲み物もできる限り手作りしています。

梅雨どきにオススメ☆世界一美味しい「はちみつドリンク」レシピ4選

その中でもこの時期おすすめの「世界一美味しい飲み物」何度もおかわりしたいはちみつドリンクの作り方をご案内します。レシピといってもとても簡 単! 材料はフルーツとはちみつだけです。私は、梅、レモン、ゆず、カリン、しょうが、ハスカップなどのはちみつ漬けを常備していますが、ここでは代表的 な梅、レモン、しょうがについてお伝えします。

 

【はちみつ梅ドリンク】

梅雨どきにオススメ☆世界一美味しい「はちみつドリンク」レシピ4選

【1】梅をきれいに洗う。傷つけないようにひと粒ひと粒ていねいに
【2】ざるに広げ自然乾燥
【3】梅に残った水分を完全に拭き取る。
【4】竹串などでヘタをとる。
【5】煮沸したビンに梅をいれ、梅がかくれるくらいのはちみつをゆっくり注ぐ。

 

一晩でだいぶエキスが出てきます。1日に1回くらい上下を逆にして常に梅にはちみつがかぶるようにします。冷暗所に保存して一か月くらいで完成です。炭酸水を加えるだけで疲れ回復、とびきりのパワードリンクの完成です。

 

梅の実はそのままでおやつに、また煮込んでコンフィチュールにしても絶品です。

 

【ハニーレモン】

梅雨どきにオススメ☆世界一美味しい「はちみつドリンク」レシピ4選

【1】できれば無農薬レモン・国産レモンを用意。手に入らないようなら、塩水につけてから良く洗う
【2】水分を完全に拭き取る
【3】薄くスライスする
【4】ここからは梅ドリンクと一緒。煮沸したビンにレモンがかくれるくらいのはちみつを注ぎ、ときどき上下を逆にしてはちみつとエキスが混ざるようにします。

 

2、3日後からいただけます。ソーダや水で割ると、既成のものでは味わえない自然のコクと甘み、爽やかさが。美白作用、コラーゲン生成も助ける美容ビタミンと、天然保湿効果の高いはちみつの相乗効果で、究極のアンチエイジングドリンクの完成です。

 

はちみつシロップは、肉料理にかければ、脂肪の吸収を抑える効果が。また野菜にかければ、体内へミネラルの吸収を高めてくれます。はちみつ漬けのレモンも是非そのままお召し上がりください。

 

【はちみつショウガ】
【1】ショウガは皮ごと良く洗います。
【2】薄くスライスします。
【3】あとは一緒、消毒したビンにショウガがかぶるくらいのはちみつを入れます。

 

レモン同様2、3日で完成です。炭酸で割ると、これ以上はない究極のジンジャエールに。お湯で割ると体の芯から温まる風邪予防、健康ドリンクに。調味料やお菓子作りにも使えて常備しておくと便利。

 

【はちみつドリンクを作るときのポイント】
☆ビンをしっかり煮沸消毒すること
☆漬ける前に素材の水分を完全に拭き取ること
☆はちみつには強力な殺菌効果があります。素材が常にはちみつにかぶることを心がけると失敗はありません。
☆安価な大量生産品は人口甘味料で水増しされていたり、加熱処理で栄養価が損なわれていることがありますので、チョイスの際はちょっと気をつけてみてください。

 

完全栄養食品ともいわれ、漢方・薬膳では欠かせないはちみつ。フレッシュフルーツとのシナジー効果で美容・健康・アンチエイジング・ダイエットにも効果的な理想的飲み物に変身します。簡単レシピの自家製はちみつドリンクで梅雨、盛夏の候も爽快にお過ごしください。

 

最後に、おしゃれなウェルカムドリンクをご紹介します。

梅雨どきにオススメ☆世界一美味しい「はちみつドリンク」レシピ4選

ご紹介したはちみつシロップをグラスに入れ、飲む寸前にシャンパンを注ぎます。ハスカップシロップは色鮮やかでオススメ。おもてなしに歓声があがるスペシャルドリンクです。

 

 

文:谷口信江

谷口信江

国内大手航空会社客室乗務員を経て、リサイクルショップ経営。雑誌掲載など人気を博するが出産を機に専業主婦となる。子育てが一段落した近年は読者 モデル、横浜中華街イベント審査員などの活動をはじめる。40代で東京コスメテックコレクションアワード受賞、コスメデコルテアンバサダーに選ばれ話題と なる。2013年度食のなでしこに選出され現在ライター活動ほかTV、ラジオ等で活躍中。

 

 

アメブロ『Nobrueのブログ しあわせのレシピ』

日本フードアナリスト協会