最近、初体験したことは何ですか? オトナ女子に聞いてみた

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
最近、初体験したことは何ですか? オトナ女子に聞いてみた

仕事も恋愛も、ある程度いろいろと経験を積んできたオトナ女子たち。

でも、いくつになっても好奇心を忘れることなく、チャレンジはしたいところ……!

そこでウートピ編集部では、20代後半から30代の女性に、最近、初体験したことを聞いてみました。

フィールサイクルで汗だくエクササイズ

33歳・PR会社勤務

夏だし、ちょっとダイエットを兼ねて……と、話題のフィールサイクルに入会しました! バイクをこいで有酸素運動効果を得ながら、筋トレっぽいエクササイズをするという、なかなかハードなやつです! しかも暗闇の中で、クラブ系の音楽に合わせて(笑)。

もちろん個人差はあるんですけど、45分間の1レッスンで約400~800キロカロリーも消費するといわれていて、終わったあとはシャワー浴びたように汗ぐっしょり。……まぁぶっちゃけると私はクラブで踊ってるほうが好きかな(笑)。カラダをいじめるのが好きな人にはオススメですが。後輩も、結婚式のラスト1ヶ月で29日通って必死こいてダイエットに励んでました! 気になった方はぜひ。

お試しパーソナルトレーニング

31歳・ベンチャー企業勤務

最近毎週水泳に行ってるんですが、全然筋肉つかないと思ったら、「カラダが硬いから効率が悪い」と衝撃的な指摘をされてしまい……。たまたま自宅から3分のところに個人でやっているパーソナルトレーナーさんがいたので、そちらでお世話になることに。お試し4週間が6000円!! 安いですよね!

1回30分のトレーニングで、私の場合はストレッチ重視にしてもらってます。「カラダを柔らかくする」兼「体力つける」兼「ダイエット」ですね。ストレッチの方法や筋肉のことを詳しく教えてもらえてこの値段なら大満足です。

探してみると、意外にリーズナブルなパーソナルトレーニングはあるみたい。ひとりだとサボりがちだけど、トレーナーさんがいてくれると頑張れますよ! 

小さなことからコツコツ健康志向

27歳・IT企業勤務

最近チャレンジしたことかあ。何でしょう……「カフェラテを砂糖なしで飲む」とか、「ヒールを履かない」とか、ですかねぇ。

友達に『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』(ダイヤモンド社)を読んだりしてる食系オタクがいるんですが、その子が「砂糖はマジでカラダによくない」と言い始めて。それで、まずはカフェラテのお砂糖をやめてみたんです(笑)。

「ヒールを履かない」は、会社が坂の上にあって毎日の通勤で疲れるから。見た目のキレイさを捨てて、歩きやすいペタンコ靴にしたらフットワーク軽くなって、運動量が増えました。ただし、取引先との打ち合わせがあるので、ヒールは会社に置き靴として常備してます(しかも3足も!)。

健康のために何かチャレンジしたいけれど、急に大きく生活を変えることは難しいので、まずはコツコツ小さなことからです! ちなみに他にもチャレンジしたいことはたくさんあって。ウクレレと利き酒師の資格をとることと、ズンバ!! ちなみにウクレレとズンバは2年前から言ってますね。今年こそ、この3つともチャレンジするぞー!

ジャンパー芸人になってきた

29歳・ベンチャー企業勤務

友達と「夏だしなんかオモローなことしたいね」と話していて、最初はホテルプールや鎌倉散歩などフツーのプランを一緒に考えてたんです。ところが、途中から話がおかしな方向にいってしまって、最終的に、日本一高いといわれている茨城の竜神大吊橋のバンジージャンプに挑むことに……。しかも友達には「お金は出すから、飛んできて」と言われてしまい……。

最初は遠足気分で楽しんでたんですけど、次第に消えゆくわたしの笑み。そして、ほとばしる冷や汗と緊張……。気づいたら、「生きて帰れますように」って本気で拝んでました。

いよいよジャンプ!という段には、キャーキャーキャーと叫びまくってましたね。動画を撮ってる友達に名前を呼ばれても、撮影に応える余裕などあるわけもなく。容赦なくカウントダウンが始まり、ついに跳びました。……というか、背中を押されて飛び出しました。カウントダウンやたら早かったし。アレは反則。

跳んでる間は「あああああマジで死んだらどうしよー!!うわあああああ!」って感じでしたが、意外に一瞬でした(笑)。経験としては楽しかったけど、一度でいいかな。というわけで、ジャンパー芸人に進化した夏の思ひ出でした。

吐き気を伴った早朝スカイダイビング

31歳・マスコミ

最近というか、今年の3月の話になっちゃいますが。昔から好奇心旺盛なタイプの私はかねがね「一生のうちにスカイダイビングにチャレンジしたい!」と思っていたので、グアムにひとり旅に行った時、その夢を叶えました。

「仕事がしんどいし、海に癒やされたい……」という名目でグアムに飛んだはずなんですが、気づいたら「今しかない! あの夢にチャレンジするには!」と勢いづいてダイビングの予約をしていたのでした。しかもラッキーなことに、「朝焼けの一番いい時間帯が空いてますよ!」と言われて、早朝5時にホテルでピックアップという鬼スケジュールで遂行することに。

そして、ヘリでどんどん上空に向かい、いざその瞬間が……! でも、私、全然怖がりじゃないんですよね〜。まわりはカップルばっかりで「怖い〜♡」とかイチャこいてたんですが、ひとり参戦の私はバディ(一緒に飛んでくれるインストラクター)に「ナーバスかい?」とか聞かれても、「全然!エキサイティングだし!余裕だし!」とブチかましておきました。

ついに空中へ! ジェットコースターに乗った時の、あのフワッとした感覚は、体感的には5秒ほどでした。そう、意外と短いよ。あとはバディがいてくれるので、恐怖もなく朝焼けのグアムを楽しみました。

地上に着くまでは5分か10分くらいだったかな。と、ここで問題発生。着地前にパラシュートで回転しながら下降するため吐き気が……。そういえば、前日夜中までお酒を飲み続けていたのでした。なんとか持ち堪えましたが、スカイダイビング前日の飲酒は気をつけたほうがいいと学びました。

興味が湧いたらチャレンジ!

調査してみると、健康やカラダのために何か新しいことを始めたり、ずっと興味があったことを実行に移してみたりと、アクティブなオトナ女子の姿が見えてきました。

人生は一度きり。あなたも何か気になっていることがあれば、チャレンジしてみては?

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

最近、初体験したことは何ですか? オトナ女子に聞いてみた

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング