タグ
2013/10/28

みなさんこんにちは。(社)日本フードアナリスト協会2013年度『食のなでしこ』受賞の菅野広恵です。春ですね。今回は、春の旬の野菜として「春キャベツ」について紹介します♪

 

■生で食べても美味しい
キャベツは季節ごとに味や性質が微妙に変化するのが魅力のひとつです。水分が多くふんわりとし、甘みもあり、なんといっても「生」で食べても美味しいの が、春キャベツのポイントです。葉が柔らかいのでちぎってサラダや和え物に。生で食べれば、豊富に含まれた「熱に弱いビタミンC」も失われずにしっかりと ることができます。

 

■脂っこいものの前にキャベツ!
キャベツに含まれるビタミンCや食物繊維は、風邪予防や美肌効果にもつながります。ビタミンCは特に茎と外側の葉に多く含まれています♪そして、キャベツ から発見されたビタミンU。別名「キャべジン」は、アミノ酸の一種で胃の粘膜などを守る働きがあります。メンチカツと一緒にキャベツがそえられているのも そのためなのです♪ 特に脂っこいものを食べる時はキャベツを一口でも先に食べるようにしましょう。

 

そういえば、春は、入社式、入学式など、新しい出会いのシーズン、そして、挑戦の季節でもあります。新しいことにチャレンジするとき、ちょっと怖い気持ちになることもあるかもしれません。でも、やってみないとわからないし、新しいチャンスも待っています。

 

■一人旅にチャレンジ
私は今年新たなことに挑戦してみようと思っています。そのひとつが「一人旅」。今まで一人旅には興味もありませんでした。ですが、ある女性写真家Kさんの一言で挑戦してみよう!という気持ちになったのです。

一人旅にチャレンジ

昨年の12月に、その仲の良いKさんと、アメリカのニューヨークに仕事も兼ねて、一緒に行ってきました。帰りの飛行機で話をしているときのことでし た。「ひろえさんは、せっかく行動力もあるし、一人旅もいいと思うよ」と彼女が言ったのです。私は、「一人旅は怖い、さびしい」というイメージがあったの で、そう伝えました。食事とかがさびしいのではと聞くと、またそこで新しい出会いもあり仲間もできるよとやさしく答えてくれました。

 

彼女は一人旅をすると、とても「わくわく」するようです。知らない土地で地図を片手に迷いながらもそのプロセスをとても楽しんでいるようです。そして、目的地にたどり着いたときの達成感などが 本当にうれしいと教えてくれました。

 

私は彼女の話を聞いた時、自分の中で何か忘れていたものを思い出し、自分を楽な方へと守っていたのではと、「はっ」としました。

一人旅にチャレンジ

今回のニューヨークでもたくさんの「出会い」がありました。知人から紹介してもらったニューヨーク在住のハーバード大学の教授に地元の美味しいメキシカ ン・レストランに連れていってもらったり、また違うニューヨーク在住の友人を紹介してもらい、夜、Kさんと一緒にジャズバーへ連れていってもらったりと。

一人旅にチャレンジ

ブロードウェイで『スパイダーマン』や『マンマ・ミーア!』を見て、世界最高峰のミュージカルにも触れることができました。もちろん、セントラル パークの有名な「プラザホテル」の豪華なモーニング。その近隣にある高級ホテル「ル・パーカー・メリディアン」のレストラン「ノーマズ」の人気パンケー キ。これらも、五感で美味しいを味わうことを信条とする菅野広恵にとって、とてもステキな「出会い」になりました♪

 

新しいことに挑戦するのは、ちょっと怖いかもしれませんが、それを打ち消すぐらいの素敵なことが待っていると信じています。

 

文:菅野広恵

菅野広恵

オスカープロモーション所属。2013年度『食のなでしこ』受賞。雑誌、広告、ショー、CMなどのモデルとして活躍。大学では特別講師として就活対 策の笑顔のキレイな作り方やファッションビジネスについて、ウエディングセミナーでは綺麗な写真の写り方、歩き方、見せ方などを伝える。本の出版や雑誌の 連載も。恵比寿「es」にてバーニャカウダーのプロデュースを手がける。

 

『ビーアミーオスカーブログ』
『@コスメブログ』

日本フードアナリスト協会