【座談会】将来性未知数!「起業男子」を選んだオンナたち③

「おまえが一生養う覚悟なんだろ」 “起業男子”とつきあって親に言われたこと

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
「おまえが一生養う覚悟なんだろ」 “起業男子”とつきあって親に言われたこと

「結婚相手に求める年収は1000万円以上」なんて、まだそんなこと言ってるの? 自分もそこそこ稼いでいるから、パートナーに対して特に収入は求めない。同じくらいの収入があればそれでいい。そう考える女性が珍しくない今の時代——。

でも、収入が自分より低いどころか、負債まで抱えている起業したて男性とつきあう勇気はある? 事業が大当たりする可能性もあるけれど、多額の借金を抱えて倒産する可能性も……。

今回ウートピでは、そんな将来性が未知数の「起業男子」とつきあっている、または結婚している女性3人を集めて座談会を開いてみました。彼女たちがリスク覚悟で関係を育む理由とは?

「起業男子」のお金問題についてあれこれ聞いた第2回に続き、第3回では、普段の会話、デート、親の反応などなど、「起業男子」との日常をさらに詳しく探っていきます。 

座談会に参加してくださったのは、こちらの3名。

美波さん(仮名):既婚32歳。夫は2回起業して2回とも失敗。現在ベンチャー企業で修行をしながら3回目のチャレンジに向けて準備中。

華菜さん(仮名):未婚29歳。1年半前から起業家の彼と交際中。結婚の話はまだしていない。事業は今のところごく小規模だが順調のよう。

莉子さん(仮名):未婚26歳。1年半前から起業家の彼と同棲中。IT分野で起業した彼には会社付けで数億単位の負債が。すでに結婚も検討中。

第1回:まだ負債しかないけれど…私が「起業男子」とつきあう理由
第2回:数百万円の借金ありますけど…「起業男子」との恋愛のリアル

話題が尽きなくて楽しい!

——ここまでつきあった理由や経緯から、お金の問題までいろいろ聞いてきましたが、可能性未知数の「起業男子」の魅力って、つまるところどこにあるんですか?

起業3-1

莉子:私、起業家に限らず、育てるのが好きなんです。前はパイロットの卵を彼氏にして育ててた時期があって。でも、実際にパイロットになっちゃったら、「もう、いいや」って別れちゃった。その前は俳優の卵。今はテレビにもちょこちょこ出てますよ。画面に映る彼を見ると「夢が叶ってよかったなあ」って思います。

美波:愛が深いですよね。

莉子:がんばってる人を見ると、なんか応援したくなっちゃうんですよね。

美波:わかりますー!!! 私もそういうとこある。普通のサラリーマンのがんばりをはるかに超えたがんばりが必要だから、私も一緒になってやってます。それが、また楽しくて。

華菜:これまでフツーの会社員ともおつきあいしてきましたけど、話の内容は今の彼が圧倒的におもしろいです。今の事業をどうやってよくしていくかを真剣にふたりで話し合うのは超楽しい。

美波:うちも! 家での会話は事業のことばっかりですもん。最近、彼が修行のために一時的にサラリーマンに戻ったら、ふたりの会話が減っちゃった(笑)。

莉子:っていうか、フツーのカップルって何を話してるんだろ??? サラリーマンで夜帰宅するなりグチられるよりは、事業のことをしゃべりまくられる方がいいな。こっちも聞いていて楽しいし。「上司のことが本当にムカついて明日会社に行きたくないわ」みたいな話をされたら、私、絶対に「だったら、辞めちまえ!」って言っちゃうタイプだから。でも、事業の話なら「一緒にがんばろう!」って言える。

華菜:バカ話もいっぱいするけど、うちもやっぱり仕事の話が多いかな。このあいだ、商品のラッピングを考える時に女性目線でアドバイスしたら、すごく喜ばれました。そういうのが日常会話なんですよね。誕生日とかクリスマスに彼に何かプレゼントしても、「この包装の仕方いいね!」みたいなコメントがきて、中身よりラッピングかよ……って思うことはありますけど(笑)。ま、ビジネスのヒントになったのならいいかな、って。

莉子:うちは日常会話というか、自宅でエレベーターピッチの練習を一緒にやりますよ。1分間で効果的に自分のビジネスをアピールするにはどういうふうに話せばいいか、真剣に特訓してます。昨日もやりました(笑)。

——日常会話がほぼ仕事一色なのに、すごく楽しそうなのは不思議。話題にこと欠かないのは「起業男子」の魅力の一つと言えそうです。

テック・カップルの休日の過ごしかた

——休日はどんなふうに過ごすんですか?

起業3-2

莉子:結局仕事してますね(笑)。私は本業がエンジニアなので、彼がやってるブログの記事をチェックしてあげたり、会社のホームページを作ってあげたり。部屋の壁は全面ディスプレイだらけで休日もふたりでせっせとコードを書いたりしてます。共通の趣味なんです、もはや。家にいるのに飽きたらカフェに移動して、またコードを書いて。それがふたりの日常です。

華菜:休日も関係なくそこまで支えるなんて、まさにスーパー女神ですね!

莉子:でも、私も支えてもらってるところがあるんで。彼もエンジニアだから自分の仕事を手伝ってもらうこともありますし。

華菜:テック・カップル、素敵。

——遊びに行ったりしないんですか?

莉子:たまには遊びたいですよ。でも、何をやってもビジネスに結びついちゃうんですよね。私、ディズニーがすごく好きなんですけど、それも純粋に趣味として楽しむよりも仕事に繋げちゃう。たとえばサンフランシスコに出張があったら、ついでにベガスまで足を伸ばしてカジノで遊んだり。私も彼もお金を生むことを考えるのが楽しいから、遊びもいつの間にか仕事になっちゃいます

華菜:うちは呑みかな。ふたりともお酒が好きだから。家で飲んだり、代々木公園でピクニックしたり。彼のビジネスのベースは東京なんですが、2ヵ月に1度は海外出張が入るので、その時は別々に過ごしますけど。今は現地で問題が起きたみたいで長期で行っちゃってます。

美波:ピクニックはしますね。あとは映画とか。今はフツーに映画に行ったりできますけど、起業してた頃は本当にお金がなくて。四国に住んでた頃は遊ぶところもなかったし。だから、夫が東京で会社員をやっている今は、休日をフツーに過ごせてありがたい。

——フツーに映画を観られるのがありがたい……美波さんが言うとすごく重みがあります。今は「フツー」を堪能しているんですね。

「おまえが養う覚悟なんだろ?」

——みなさん、既婚・未婚は関係なく、交際中から自分の家族に彼を紹介していたそうですが、親からの反対はなかったんですか?

起業3-3

美波:うちは全然反対されなかったですね。父親は「自分で選んだならそれでいいよ、おまえが一生養う覚悟なんだろ」とだけ言っておしまい。結婚の挨拶で父親からそう言われて逆に「ああ、私が養うんだな」って覚悟ができましたね。

莉子:私の親はちょっとネガティブな反応でしたね。まだ婚約はしていないんですけど、一度挨拶をしに行った時に母親から「(彼と一緒になって)本当に幸せになれるの?」「子どもができた時、めっちゃつらいよ」って言われました。父親はそもそも私にあまり興味がないので「好きにすれば」って感じでした(笑)。

父親と母親は若くして子どもを持ったので、お金では相当苦労したみたいなんです。だから、起業家の彼と結婚したら私も同じような苦労をするんじゃないかと母親は心配してるみたい。

——確かに、たいていの親はそういう反応かもしれないですね。

莉子:だけど、そういう親の反応があると逆に、「私がいなくなったら、この人はどうなっちゃうだろう」と心配になってきちゃって。きっと他の人は理解されにくいタイプだから。私自身もたぶんちょっと変わってるし。余計に支えてあげたくなります。

華菜:うちも反対されなかったですね。もともと両親とも私の生きかたには口を出さないんです。「いい人なら、いいんじゃない」ってひとこと言われただけですね。あんまり深く考えてないんだと思います。

美波:結婚した頃はまだ1社目の起業だったからいいんですけど、今のところ2社失敗してるから、最近は両方の両親から「このままサラリーマンでいいんじゃない?」って言われるようにはなりましたね。私も32歳なので、そろそろ子どものことを考えると……って感じで親は心配してるんだと思います。

彼はスーパーポジゴリラ!

——親からは必ずしも両手を上げて歓迎!というわけではないようですが、お話を聞いていると、みなさんがパートナーの可能性を心から信じて支えているんだなあ、ということはすごく伝わってきます。やっぱり自分がそばにいなきゃダメって思いますか?

起業3-4

美波:彼をそばで見てると、どうにかしてあげなきゃって思っちゃうんですよね。パワーはあり余ってるけど視野が狭いから(笑)。私の方が客観的に見えてる部分もあるので、そこをうまく伝えて視野を広げて彼のパワーをうまく生かしてあげるのが私の役割かな。頑なになってまわりの意見が入ってきにくい時も、私の意見なら聞いてくれることもあるから。

男性と女性という違う視点を持ってることもすごく大事だと思うし。「なんとかしてあげなきゃ」って私が勝手に思ってる感じですね。思いすぎるとつらいですけど。

華菜:彼って子どもみたいなんですよね。3つ年上なんですけど、ホント子どもみたいな時があって。

美波:わかる! うちも3つ上だけどホント子ども。

華菜:っていうか、少年を通り超してゴリラかな(笑)。事業集中モードになると、パワーがすごくてゴリラっぽくなる

美波:うちもほとんどゴリラ(笑)。喜怒哀楽をぜーんぶ120%出してくるんですよね。まあ、そこがかわいいところなんですけど。

莉子:ゴリラでしかも超ポジティブ。どっから湧くんだ、その自信は?って不思議なくらい。スーパーポジゴリラですよ、彼は。

投資のためのプレゼンの直前は緊張で死にそうになってたりするんです。そういう時は、「いつもダメなんだから、ダメならダメでいいじゃん。ダメじゃなかったら、今頃大金持ちだから」って言って励ますんですけど、すると「確かに!」ってすぐに自信を取り戻して「オレは天才起業家だから大丈夫!!!」ってなっちゃう。そういうの見てると羨ましいですね。

美波・華菜:まさにポジゴリラ!!!

美波:起業家全員がポジゴリラってわけじゃないですけどね。繊細な社長は結構いたりしますし。でも、心の底から自分を信じてるところは本当にすごい。だから、彼の行動も「大丈夫だよね」って信じられるというか。

華菜:そうそう。自分にないものを持ってるんですよね。あの根拠のない自信は私の中にはないもん。

美波:ないない。みんな惚れてるよね。じゃないと面倒くさいだけの相手だもんね。

華菜:うん、私たち恋してるよね(笑)。

莉子・美波:うんうん。

——なんか急に場がしっとりしてきましたね……みなさん、夢を追いかける「ポジゴリラ」に恋してるんですね。

自分にはない圧倒的な自信と生命力——それが「起業男子」の魅力のようです。

精神的にも、経済的に、パートナーの夢を応援する愛のカタチ、読者のみなさんにもちょっと参考になりましたか?

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

「おまえが一生養う覚悟なんだろ」 “起業男子”とつきあって親に言われたこと

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング