【座談会】将来性未知数!「起業男子」を選んだオンナたち①

まだ負債しかないけれど…将来が未知数の「起業男子」とつきあう理由

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
まだ負債しかないけれど…将来が未知数の「起業男子」とつきあう理由

「結婚相手に求める年収は1000万円以上」なんて、まだそんなこと言ってるの? 自分もそこそこ稼いでいるから、パートナーに対して特に収入は求めない。同じくらいの収入があればそれでいい。そう考える女性が珍しくない今の時代——。

でも、収入が自分より低いどころか、負債まで抱えている起業したてパートナーを選ぶ勇気はある? 事業が大当たりする可能性もあるけれど、多額の借金を抱えて倒産する可能性も……。

今回ウートピでは、そんな将来性が未知数の「起業男子」とつきあっている、または結婚している女性3人を集めて座談会を開いてみました。

彼女たちがリスク覚悟で関係を育む理由とは?

座談会に参加してくださったのは、こちらの3名。

美波さん(仮名):既婚32歳。夫は2回起業して2回とも失敗。現在ベンチャー企業で修行をしながら3回目のチャレンジに向けて準備中。

華菜さん(仮名):未婚29歳。1年半前から起業家の彼と交際中。結婚の話はまだしていない。事業は今のところごく小規模だが順調のよう。

莉子さん(仮名):未婚26歳。1年半前から起業家の彼と同棲中。IT分野で起業した彼には会社付けで数億単位の負債が。すでに結婚も検討中。

話があう女友達がいない

——このたびは、一風変わった座談会にご協力いただき、ありがとうございます。みなさんの“彼”は、揃いも揃ってツワモノばかり。今回はなかなかディープな女子トークになりそうです。

起業1-1

美波:呼んでいただいて嬉しいです。というのも、私、他にあんまり仲間がいないんですよね。すでに成功した経営者とつきあったり結婚したりしている知り合いは結構いるんですけど、私みたいに“途上”の相手と一緒になった人はいなくて。だから今日は仲間が欲しいな、と思って参加しました。

華菜:そうそう、仲間がいない……。

莉子:うちも“途上”まっしぐらですから(笑)。もう途上も途上すぎて。

華菜:女友達との普通の恋愛相談があわなかったりしますよね。

美波:そうそう、話してもあんまりわかってもらえなかったり。

——おお、いきなり初対面の3人の間に絆らしきものが(笑)。「女性が稼ぐ」が当たり前となった今の時代でも、負債まで抱えた将来性未知数の「起業男子」を選ぶほど勇気のある女性は少数派ですよね。カップルのリアル、詳しく聞かせてください。

2度の起業失敗、3度目は…

——では、さっそくですが、みなさんのパートナーがどのくらい“途上”まっしぐらなのか、出会いから現在に至るまでの状況を具体的に教えてください。まずは今回唯一の既婚者、美波さんから。

起業1-2

美波:彼と出会ったのは3年半前ですね。その時すでに彼はECサイトで起業していました。仲間3人で起業していたんですが、うまくいかなくて1年半くらいで会社を畳むことに。その次は地方創生のビジネスに共同創業者として誘われて四国に移住。つきあい始めてから半年で婚約したんですが、「四国に行くから」って伝えられたのは、結婚直後でした。

——かなりのスピード婚ですね。何か訳が?

美波:彼が別の事業をマレーシアで始めるかも、という話があって。だったら、海外に行っちゃう前に結婚しとこうか、ってなったんです。結局その話はなくなっちゃったんですけどね。

——四国やら、マレーシアやら、目まぐるしいですね。

美波:そうなんです(笑)。でも、四国での起業も結局うまくいかなくて1年ほどで東京に戻ってきちゃって。そのあとフリーランスでやるか、次に必要なスキルを学ぶために一度就職するか迷ってましたね。結局、再就職することにしたんですが、その時すでに33歳で6、7社を転々として経歴が荒れていたからなかなか内定をもらえなくて。3ヵ月くらいニートやってました。

——結局、彼は今どうしてるんですか?

美波:今はベンチャーに入社してバリバリ営業やってます。でも、1年以内にはまた何かで起業するんじゃないかなあって思ってます。今まで2回起業してますから、次があったら3回目ですね。

——これまで2度失敗して、次があれば3度目の正直といきたいところなんですね。なかなか打たれ強い彼ですね。

一番の魅力は「生命力」

——では、次は現在交際1年半の華菜さんに聞いていきたいと思います。おそらく今回の3人の中では、パートナーが一番堅実そうに見えますが……?

起業1-3

華菜:確かに堅実かも……。彼とは仕事つながりで出会いました。その当時、すでにアパレル関係で起業していて、まさにスタートアップの段階。VC(ベンチャーキャピタル)をあえて入れずに全部自己資金でやってるから創業感が半端なくて(笑)。しかも、人脈豊富でバリバリできるビジネスマンというイメージとは真逆の職人肌なんです。SNSの友達も150人くらいしかいないし、顔写真さえ設定してなくて。「おい……!」って感じですよね。

——でも、実際には順調に回ってるんですよね?

華菜:一応回ってるみたいです。従業員は10人くらいかな。毎日働いてるメンバーは2、3人しかいないし。リスクがあるような大きな攻めはやらずに、堅実にやってるみたいです。

美波:安定してますね。でもいいかも、堅実で。

莉子:うん、本当に堅実な起業家。

美波:VCから資金をドーンと入れて、形だけ大きくしていくベンチャーも多いなかですごく堅実でいいと思います。

——お、他のおふたりから太鼓判が押されました! ちなみにどこが一番の魅力だったんですか?

華菜:第一印象は「生命力があっていいな」でした。彼は、明らかにこれまでの元彼たちとはタイプが違ってたんです。私自身がもともとかなり根アカなので、根クラなタイプの彼とつきあうことが多くて。でも、自分も30歳を目前にしたからかな、今の彼みたいに生命力の塊でパワーが全面に出てる人に惹かれて。結婚を意識しちゃったのかな、家族になるなら将来のイメージが湧くな、って。

莉子:わかる!生命力!

美波:この生命力があれば、今やってることが仮に失敗しても、大丈夫だな、生きていけるな、って思える

華菜:無人島でも、彼とふたりなら生きていける気がする。なんか、すんごい生きる力があるから。会社が潰れても、工事現場とかで働いて逞しく生きていけそう。だから、私、VC気分ですもん。

莉子:そう、投資、投資。私、大株主ですから。

——場にさらなる一体感が……。みなさんは現在、絶賛投資中なんですね。

彼には現金がありません…

——3人目、現在同棲中の莉子さんはどうですか? 莉子さんはまだ26歳、その彼もまだ27歳だそうですが、20代の“途上”カップルはどのようにして誕生したのでしょうか?

起業1-4

莉子:今の彼とは起業家が集まる会で出会いました。実は私自身もIT分野で起業しているんです。新卒で入社した某有名IT起業をわずか2ヵ月で辞めて。「これは自分でやった方が儲かるぞ」とすぐに気づいちゃったんです(笑)。

会で出会った仲間3人で共同創業してアプリを作ろうってなって、今の彼はメンバーの一人でした。当時24歳で新卒入社した会社をわずか10ヵ月で辞め、いつも何やら壮大な夢を語ってましたね。結局アプリの立ち上げには至らなかったんですけど、仲よくなってつきあい始めました。

——莉子さんのところは、ふたりとも起業家なんですね。

莉子:はい、そうなんです。で、ふたりとも“途上”(笑)。私の場合は1度目の起業が23歳の時。一度会社を潰して今は2度目です。

——今は莉子さんが経済的に彼を支えていると聞きましたが、今のところ彼はかなり食えてない感じなんですか?

莉子:とりあえず現金は全然ないですね。出会った頃の彼は、スラムみたいなところに住んでたんです。奥渋にある家賃3万円くらいのボロボロの一軒家。みんなが雑魚寝していてホント汚かった。それで「こんなとこ住んでないで、うちに住みな」って連れてきちゃいました。その頃、私はまだ会社員だったので、渋谷の一等地にあるいいマンションに住んでたんです。

——今もそのいいマンションに住んでるんですか?

莉子:無理無理!! 今は今は湾岸エリアにある1Kのやっすいマンションにふたりで住んでます。6畳ないかも。家賃8万円で駅から15分は歩くかな。会社員の時は家賃補助があったから12万円くらいの部屋に住んでたんだけどなあ。でも、会社を辞めちゃったら一気に苦しくなって。その家賃を払うために早朝深夜バイトしたりもしてました。結局、払えなくなって今のところに引っ越したんですけど。賃貸契約は私の名前でしています。

——そっか、起業したばかりだとカードも作れないし、ローンも組めないし、契約関係だと結構苦労がありそうですね。

次回は、「起業男子」との生活のリアルを根ほり葉ほり聞かせてください。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

まだ負債しかないけれど…将来が未知数の「起業男子」とつきあう理由

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング