最低限これだけは知っておいて!SHELLYの「オトナの性教育」本日22時から

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
最低限これだけは知っておいて!SHELLYの「オトナの性教育」本日22時から

避妊に失敗してしまったら?
元彼から無理やりセックスを迫られたら?
望まぬ妊娠をしてしまったら?

そんな時、どう行動すればいいのか、正しい知識のある女性は少ないのではないでしょうか。先進国の中でも特に遅れているという日本の性教育。学校教育で十分な知識を教えられていないことが、大人になってから性に関するトラブルを抱えてしまう原因になっているとも言われます。

本日22時放送のAbemaTV『Wの悲喜劇 〜日本一過激なオンナのニュース〜』では、「これだけは知っておいてほしい性の教科書」をテーマに、セックス、避妊、性病、レイプなど、すべての女性必見の性知識をわかりやすくお届けします。

photo1 (17)

SHELLYさんの発案で実現したスペシャル企画

今回の企画は、実はMCのSHELLYさんみずから発案して実現しました。番組プロデューサーの津田環さんはスペシャル番組にかける思いを次のように語ります。

「『女性のための番組で“性教育”をやりましょう』というのはMCのSHELLYさんからいただいたアイデアです。『Wの悲喜劇』では過去に2回、性教育をテーマに取り上げてきましたが、40代の大人から女子大生まで知識が乏しく口コミやネットの怪しい情報を信じていることがわかりました。

これはもう番組で本気の性教育をしたほうがいい!と、いや、しなければいけない!とスタッフ一同が強い使命感を覚えました。地上波では取り上げにくい性の話ですが、AbemaTVなら大丈夫! オンデマンドで繰り返し視聴できるので、困った時や迷った時にこの番組を参考にしてもらえればと思います」

この90分番組を見れば生きていくために必要な性知識がひと通り身につくことをゴールに制作された本企画。講師役には、元AV女優の麻美ゆまさん、女性向けAVレーベル「SILK LABO」を立ち上げた牧野江里さん、大手コンドームメーカー・相模ゴム広報の磯辺仁沙さん、産婦人科医の河野美代子さん、性犯罪に詳しい弁護士の上谷さくらさんが登場し、講義形式でわかりやすく進行していきます。

AVの現場から見える「正しいセックス」

前半では、「正しいセックスって何?」をテーマに、AVの制作現場の裏側を詳しく取り上げていきます。世の男性の中には、AVで目にしたセックスをそのままパートナーとの性関係でもマネしてしまう人が少なくありませんが、元AV女優の麻美ゆまさんは「AVはあくまでエンターテインメントであり、実際のセックスとは違う」と指摘。

撮影現場のスタジオには、通常のテレビの収録と同じように大勢のスタッフがいて、脚本やカンペがあり、女優さんのカラダに負担をかけないようコンドームによる避妊はもちろんのこと、衛生面でもさまざまな注意が払われている様子が紹介されます。さらに、女性向けAVの現場では、「コンドームの装着シーンがある」「体の接着面が広い」「強引に押し倒すようなレイプまがいの行動はしない」など、よりリアルで自然なセックス追求され、男女問わず多くの視聴者から支持を得ていることが見えてきました。

アフターピルの入手法を知ってる?

後半では、避妊に失敗したり、レイプ被害に遭ったりした時のために覚えておきたい「緊急避妊薬(アフターピル)」の入手法や、デートDVなどの性犯罪に巻き込まれてしまった場合の対処法が取り上げられていきます。

実はレイプ被害に関する統計によると、加害者のうち「まったく知らない人」はわずか13.7%に過ぎず、7割近くが家族、恋人、知人など「顔見知り」による犯行だといいます。さらに、弁護士の上谷さくらさんによると、最近では、上司と部下、先輩と後輩など上下関係を利用してレイプに及ぶケースも増えているそうです。

「レイプなんて、自分には関係ない」と言い切れる人などいない以上、もしもの時のために自分の身は自分で守る術を身につけておきたいもの。番組では、レイプ被害に遭ったらただちに「すべきこと/すべきでないこと」として、「110番に電話をして警察の提携病院に行く」「着替えない」「お風呂に入らない」「トイレに行かない」などを具体的に紹介していきます。

20代後半から30代のウートピ世代にとって、最後に性教育を受けたのは、もう10年以上も前のこと。すっかり忘れてしまったこと、知識自体が古くなっていることもあるはず。これを機に性の知識もアップデートしてみては? 放送は本日22時から! 永久保存版・性教育スペシャルをお見逃しなく!

■番組情報
『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』
男子は見なくて結構! 男子禁制・日本一過激なオンナのニュース番組がこの「Wの悲喜劇」。さまざまな体験をしたオンナたちを都内某所の「とある部屋」に呼び、MC・SHELLYとさまざまなゲストたちが毎回毎回「その時どうしたのか?オンナたちのリアルな行動とその本音」を徹底的に聴きだします。「そんなことテレビで言っちゃっていいの?」…いいんですAbemaTVですからタブーに挑戦します。
放送日時:2017年7月26日(水)22:00~23:30
視聴予約

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

最低限これだけは知っておいて!SHELLYの「オトナの性教育」本日22時から

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング