ベンチャー女子座談会【第1回】

年収200万円ダウンでも断然あり!私が大手外資からベンチャーに転職した理由

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
年収200万円ダウンでも断然あり!私が大手外資からベンチャーに転職した理由

転職を考えるとき、「ベンチャー企業」は選択肢に入っていますか?

まだまだ安定志向・大手志向が強い日本。アラサー女性の転職市場においても、ベンチャー志望者は少数派なのだそう。結婚や出産など、将来のことを考えると「やっぱり安定した環境に身を置いていたい……」という女性が多いようです。

ところが、なかには大手の恵まれた待遇をなげうって転職するなど、あえてベンチャーを選択する女性たちがいるのも事実。彼女たちは、ベンチャーのどこに魅力を感じてその道を選んだのか……?

そんな疑問が浮かび、ウートピ編集部ではベンチャー企業に勤める女性3人を集めて座談会を開いてみました。

座談会に参加してくれたのは、こちらの3人。

西ヶ原さん(仮名):(21歳)/新卒でITベンチャーに入社して2年目、営業担当。
四ツ谷さん(仮名):(29歳)/外資系金融からITベンチャーに転職して2年目、営業戦略担当。
王子さん(仮名):(27歳)/ITベンチャー企業から他社のITベンチャーに転職して3年目、営業担当。

第2回:ベンチャーにいる「ヤバイ人」はこんな人。勘違いしやすいタイプの傾向

年収200万円ダウンでも転職して正解!

——今回はベンチャー女子座談会ということで、ベンチャー企業に勤めている女性3名にお集まりいただきました! さっそく質問ですが、みなさんなぜベンチャー企業を選んだんですか? まずは外資系金融からベンチャー企業に転職した四ツ谷さんに聞いてみたいと思います。

四ツ谷さんの前職は、もう超がつくほどの大手。誰もが羨む待遇を捨ててあえてベンチャーを選んだワケは?

ベンチャー1-1

四ツ谷:前職は大手だし、とにかく待遇もいい会社だったんです。でも、私は将来的に起業したくて。でも、新卒からずっと大手だと、世間知らずになっちゃう気がして。職種的には私は広告営業なんですけど、知名度があるから営業力がなくてもプロダクトも売れちゃうんです。前職の待遇には満足してたんですけど、自分の将来を考えるともっと力をつけたいなって。

とにかくベンチャーで何もないところから、新しいプロダクトを生み出す経験がしたくて。私の場合は大手を辞めることより、大手にずっといることのほうが不安だったんです。

——ちなみに……聞いていいのかわかりませんが……転職してお給料のほうはぶっちゃけどんな感じになったんですか?(笑)

四ツ谷:私はお給料下がりましたね(笑)。額面でいうと、200万〜300万円は下がってます。

——200万円はスゴイですね……。で、今の会社に入ってみてどうですか? 転職の目的は適いましたか?

四ツ谷:入社時は100人規模の会社だったので、経営者がどういうふうに戦略を決めているかそばで見られたのはよかったですね。今は経営企画にも関わっているので、経営の基本がわかるようになりました。営業企画もやるし、数字やKPIの管理もやるし、大手にいたときには考えられないくらい仕事範囲が広くて勉強になります。ビジネスの全体を見られるので、起業の準備をするという目的は適いましたね。

——起業の準備のためにビジネス全般を勉強したい。そのためにベンチャーを選んだんですね。年収200万円ダウンでも価値があった、と。

新卒で創業ホヤホヤのベンチャーに

——次は、今回最年少で新卒でベンチャーに就職した西ヶ原さんに聞いてみたいと思います。新卒といえば、「とりあえず大手」という学生も少なくないと思うんですが、あえてベンチャーを選んだ理由は?

ベンチャー1-2

西ヶ原:実は私、学歴コンプレックスがあったんです。調理系専門学校を卒業したんですけど飲食業界に就職する気はなくて、進路をどうしようか考えていた時期があって。一度、レシピアプリを開発している某大手IT企業を受けようと考えたこともあったんですけど、四大を出てないと面接すら受けさせてもらえなくて。

でも、ベンチャーなら学歴を問わない会社も少なくないので、結構チャンスがあるんです。学生時代に文化祭の実行委員会をやったりしていて、みんなでワイワイ新しいことをやるのは好きなタイプだったので、ベンチャーも気になっていて。

——なるほど、選択肢としてベンチャーが出てきたんですね。

西ヶ原:「ベンチャーもありかも」と考え始めたタイミングで、たまたま知り合いがITビジネスで起業すると聞いて。面接を受けて営業として入社しました。私は2番目の社員です。

——すごい、まさに創業ホヤホヤのベンチャーに入社されたんですね。新卒でいきなり創業直後の会社に入ると大変なこともたくさんありそう! のちほど詳しく聞かせてください。

好きなこととタイミングが合った

——では3人目の王子さんがベンチャーを選んだ理由は? 王子さんは最初にIT系ベンチャーに入社されて、現在2社目のベンチャーにお勤めですが、やっぱりベンチャーは魅力があるんですか?

ベンチャー1-3

王子:私は関西出身で大学も関西でした。大学時代は演劇部の活動にのめり込んで、プライベートでお芝居を見るのも大好き。大学在学中から関西の劇団で広報の仕事をしていたんです。

でも21歳で学生結婚した夫が東京勤務になって。ちょうど就活の時期で「じゃあ、東京で就活しよう」と行きたい会社を探し始めたときに、「やっぱりエンタメ業界で働きたいな」と。たまたまエンタメ系ITベンチャーの採用があったので応募して内定をもらいました。

——エンタメ業界で働きたいという希望が、結果的にベンチャーで働くことにつながったんですね。ちなみに、今は2社目ですが、転職のキッカケは?

王子:休みがなくてしんどかったからですね(笑)。前職で広告営業をやっていたんですけど、新規事業の立ち上げを担当することになって。楽しい仕事ではあったんですが、1年間まったく休みがとれなくて。正直かなりしんどかったんです。

もしマネジャーになりたいとか目標があれば、しんどくてもがんばれたかもしれないですが、私の場合はそうではなくて。2年半で辞めて次を探しました。

すると、ちょうど中高の同級生が今の会社で働いていて声をかけてもらえたので、採用面接を受けに行ったんです。退職から転職までの期間は1ヵ月ほどだったかな。

——マネジャー志望であればハードワークも耐えられるけれど、そうでない場合はつらかったんですね。今の職場はどうですか?

王子:もともと絶対にこの会社に行きたいとか、この部署で働きたいとか、そういう明確なwillが自分の中になかったんですよ、私。だから、職場環境が心地よくて自分にマッチするかどうかは大事。合わなかったらすぐに辞めて次に行こうって思ってました。

でも、今の会社には不満はなくて楽しいです。社員数2500人のメガベンチャーなので、社内のしくみや雰囲気も大企業寄りになってきていて、前職のような典型的なベンチャーにいるっていう感覚がないですね。安定してます。

——「合わなければ、すぐ辞めて次に行く」というフットワークの軽さは、ベンチャーならではなのでしょうか? 確かに、ベンチャーのほうが転職のサイクルが速いですよね。

全員:速いですねーー。

王子:1年後に会社があるかわかんないし、会社にしがみついてても……って感じなんです。よく「石の上にも三年」とかって言いますけど、ベンチャーは変化のスピードが速いので、老舗企業のように3年かけて1サイクルを学ぶという感覚ではないですね。合わなくて辞めるにしろ、マッチして続けるにしろ、決断のスピードは速いですね。

——会社の規模にもよると思うんですけど、どれくらいで1サイクルめぐって「次の会社に行こう!」って感じになるんですか?

王子:うーん。1年半くらいかなー。

四ツ谷:営業だと半年ぐらいで飽きてきちゃいますね。既視感っていうんですか? 「あ、これ、前にやったパターンだ」みたいな(笑)。ベンチャーだとクライアントはほとんど中小企業なんです。大手のクライアントに向けて毎回時間をかけて新しい提案をするのではなくて、同じことを繰り返してバンバン数を打つというタイプの営業手法なので、飽きが速いんですよね。

——なるほど。みなさんがベンチャーを選んだ理由が見えました。

次回は「ベンチャーという環境」について聞いていきたいと思います。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

年収200万円ダウンでも断然あり!私が大手外資からベンチャーに転職した理由

関連する記事

編集部オススメ

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング