アラサー女子の「土日ひとり時間」(前編)

オトナ女子のみなさん、「土日のひとり時間」は何して楽しんでるの?

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
オトナ女子のみなさん、「土日のひとり時間」は何して楽しんでるの?

友達や恋人と過ごすのもいいけど、ひとりで過ごす時間も好き。

そんなオトナの女性は多いよう。でも、一体みなさん、何をして「ひとり時間」を楽しんでいるの?

ウートピ編集部では、今回アラサー女性に「休日のひとり遊び」をヒアリング調査。さまざまなひとり時間の過ごし方が見えてきました。

吉祥寺を全力で満喫

紗江さん(34歳・IT企業勤務・仮名)

紗江:ひとり遊びですか? 井の頭公園に行ってボートに乗ったりします。

ひとりボートですか。ヒアリング調査の1人目から「ひとり遊びのプロ」に出会った気がします。ちなみに「ひとりボート」のよさはどんなところですか?

紗江:普段デスクワークが多いので、どうしても運動不足になりがちなんですが、ボートを漕ぐだけで少し解消されます。オススメはサンドイッチを持っていき、ボートの上で食べること。カモが寄ってきて楽しいですよ。

あとは、吉祥寺のユニクロに行って片っ端から試着します。同じ服でもサイズ違いで試着したり、「自分には似合わないかな?」と思ったものでもとりあえず着てみるんです。

なぜ、そんなに試着するんですか?

紗江:「新しい自分」に出会うため(笑)。デパートなら買う気がないものは試着しにくいけど、ユニクロなら試着のハードルが低い。デコルテの開いた服とか、短めのスカートとか、普段ならまず手を出さないアイテムを試着して、「意外に似合う服」を発見すると快感なんです。

もちろん気に入ったものは購入しますよ。ユニクロだから、気軽に買えるのも高ポイント。家に帰って雑誌を見ながら、「どんなコーデにしようかなぁ♡」と考えていると、あっという間に1日が終わります。

それだけで1日が終わるんですか?

紗江:そう(笑)。ちなみに今履いているスカートもこの前ユニクロで見つけたもの。服だけじゃなくて、靴下、タイツ、ストッキング、靴など足まわりのアイテムも、まず買わない色を購入して、無限の組み合わせを考えるだけで半日が過ぎますね。

住みたい街ランキング上位の「吉祥寺」は、ひとり遊びの聖地としても人気が高いのかもしれません。

プラッとイチゴ狩り

真美さん(33歳・出版社勤務・仮名)

真美:私はとにかくフルーツが大好きなんです。なので、晴れた休日の朝にふと思い立ってレンタカーを借り、ドライブがてらプラッと秩父(埼玉県)などにイチゴ狩りに行きます。

ひとりでイチゴ狩りですか。なかなかのひとり遊び上級者ですね。

真美:摘んだイチゴをおなかいっぱい食べて、普段のビタミン不足を補って身心ともにリフレッシュ。ひとりで黙々といちごを摘むと無心になれて、メンタル面でもなんだかとてもいいんです。今の季節はイチゴですが、秋にはぶどうや梨を狩りに行くことも。

季節を楽しんでいる感じがしていいですね。

真美:もともと人に対して気を遣うタイプなので、みんなでワイワイ遊びに行くよりひとりで予定も立てずにふらりと出かけたくて。あ、そうそう、房総半島へドライブに出かけてポピー狩りをすることもありますよ。「狩り」が好きなんですかね(笑)。

自然を愛していて、なおかつビタミン不足を感じている女性にピッタリのひとり遊びが判明しました。車の免許がなくても、はとバスで実行できそうなので、気になった方はぜひお試しください。

90年代の懐メロメドレーをつくる

加奈子さん(29歳・IT企業勤務・仮名)

加奈子:今さらなんですが、最近Apple musicに登録して、自分でプレイリストつくるのにハマっています。特に楽しいのが90年代の懐メロですね。

どんなアーティストの曲を聴くんですか?

加奈子:globe、相川七瀬、広瀬香美、浜崎あゆみ、ウルフルズ、玉置浩二、ポケットビスケッツ、ブリトニー・スピアーズetc……といった王道系ですね。曲によっては、「20年前か……」とノスタルジーにひとりで浸ります。懐メロを探しているうちに普段まず聴かない曲と出会えることも楽しいし。

たとえば?

加奈子:この前は西野カナを聴いて会いたくて震えてみたり、クラブ系の音楽で踊ってみたり。Apple musicで見つけた曲をBGMに、ノリノリで家事を楽しんでいます。

楽しさで心が震える素敵なひとり遊びですね。

カラオケのあとのカラオケ

早苗さん(30歳・客室乗務員・仮名)

早苗:CAという職業柄、週末は飲み会という名の合コンが多いんです。二次会でカラオケに行き、その後タクシーで最寄り駅まで帰り、その足でひとりカラオケに直行します。

え、カラオケのあとにカラオケ行くんですか?

早苗:誰かと一緒に行くと歌いたい曲がかぶったり、なかなか自分の番が回ってこなかったりするし。完全にストレス発散が目的ですね。ひとりでT.M.Revolutionメドレーを歌い倒します。

選曲が男前ですね。ちなみに他にはどんなことを?

早苗:休日は、ネコカフェに行きますね。実家でもネコを飼っていて、癒されるんです。その後は満喫に行き、マンガをひたすら読みます。最近ハマっているのは『ギフト±』っていう臓器売買の話と『怨み屋本舗』。マンガに描かれている、人間のドロドロとした闇の部分が職場の人間関係に重なっちゃって。ついつい読んでしまうんですよね。

世界中を飛び回るCAさんの爽やかな笑顔の裏側を見た気がします。

少しずつ見えてきた、みんなの「休日のひとり時間の過ごし方」。ひとり遊びって、無限大の可能性を秘めているようです。

後編は4月2日掲載予定です。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

オトナ女子のみなさん、「土日のひとり時間」は何して楽しんでるの?

関連する記事

編集部オススメ

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

脱サラした自営業者のウートピ編集長・鈴木円香と、社畜プロデューサー海野Pのふたりが、時にはケンカも辞さず本気で持続可能なワークスタイルを模索する連載です。

記事ランキング
「美女と野獣」
公開記念特別企画
その、呪われたドレスを、脱ごう。