タグ
2013/10/28

こんにちは! (社)日本フードアナリスト協会 2013年度「食のなでしこ準グランプリ」の田井麗花です。7人いる食のなでしこが、食に関するコラムを書かせていただきます。私たちと一緒に、食の見聞を広げていきましょう。

福島の未来へ「食」への取り組み

食い倒れの街といわれる大阪で生まれ育った私が、本当の意味で「食の素晴らしさ」を知ったのは、福島県でアナウンサーとして過ごした日々でした。

 

「うつくしまふくしま」とも呼ばれている福島県。東西に広く、面積は全国第3位の福島県は東から、太平洋沿いで温暖な気候の「浜通り」。真ん中には 高地と山脈に囲まれ、福島市や郡山市のある「中通り」。さらに山脈にはさまれ日本海側にあるのは大河ドラマ「八重の桜」の舞台としておなじみの「会津」。 この3つの地域に分けられます。

 

気候差も大きいため、天気予報も3地域に分けて報道されます。それだけ地形や気候が違うと名産も異なり、「浜通り」では、黒潮と親潮がぶつかる潮目 の海で獲れるおいしい魚介類。「中通り」では、盆地特有の寒暖の差の激しさが育む果物。「会津」は、稲作が盛んで、蕎麦は薫り高く甘みがあり、喜多方ラー メンの喜多方も会津地方にあります。

 

私は県内の情報番組を担当していたため、さまざまな所に出向き、美味しいものをいただき、素材の素晴らしさを学ばせてもらいました。

 

でも…、あんなにも美味しいもの尽くしだった福島の農水産物は、好きだった。美味しかった。と今も表現しなければいけない物があることは、みなさん もご存知かと思います。そんな何とも表現しづらい想いを抱えながら、昨年秋、私はMCとしてあるイベントに参加させていただきました。

 

■「ふくしまの米~安心、安全の取り組み」
福島県では、数多くある産品をお買い求め頂けるように生産、流通、消費の各段階で検査し、内部被ばくを防ぐ取り組みを強化しています。そして、その結果を 随時公表しています。福島県では、東日本大震災が発生した一昨年の3月から、農林水産物の緊急時環境放射線モニタリング検査を実施してきました。昨年の4 月からは、4万7000件以上の検査を行いましたが、食品の基準値である100ベクレルを超えたものは、全体の1.6%でした。また産地によっては、食の 基準値は100ベクレルですが、50ベクレルを超えたものは出荷を自粛し、県の緊急時環境放射線モニタリング検査にまわる仕組みになっています。

 

■「ふくしま新発売。」
その検査結果をわかりやすく消費者の方々にご確認いただけるのが「ふくしま新発売。」(http://www.new-fukushima.jp) です。品目、地域、日付、出荷制限中の物などを一昨年3月までさかのぼって検索することが可能です。例えば「品目」から検索した場合、野菜、果物ほか9つ のジャンルから五十音順で調べたい産品を選択することができます。スマホに登録しておけば、スーパーでもさっと検索できます。

 

前述したように福島県は広く、県内は山脈で仕切られたような地形ですので、一言で「福島県産」といってもさまざまです。食品の原産地表示は都道府県 別の表示となりますが、野菜や果物の包装を見ると、JA○○や産地の記載等のあるものも多くあります。こちらを使ってぜひ調べてみてください。

 

■お米の全量全袋検査
そして、私たち日本人の主食である米は、全量全袋検査をしています。玄米で持ち込まれた米は、ベルトコンベア式の検査機器に乗せられ、一袋ずつ検査を行い ます。検査を行い、「食品の基準値」内であった米に検査済みシールを貼り、玄米から精米され店頭に並ぶ米に対しても、小袋毎に検査済みシールが貼られてい ます。QRコードも貼られていますので、携帯電話から検査結果を確かめることもできます。

 

■福島の生産者の思い
福島県の農林水産業に携わっている方々のご苦労は、いまだ大変なものがあります。先日、生産者の方から震災当時のお話をうかがう機会がありました。当時、 買い取ってくれる取引先がなくなっていくなかで、ある東京の小学生の女の子が「私は、あなたの作ったトマトが食べたい」と泣きながら電話をしてきたそうで す。その言葉は、どんなにうれしかったことでしょう。「おいしいって言っていただけるのが一番、という想いで、苦難のなか作り続けている」と、涙ながらに お話をして下さいました。

 

「八重の桜」のヒロイン新島八重さんのように、辛抱強く、信念を持っているのが福島県の県民性だと私は思っています。そんな辛抱強さの上に、大輪の笑顔の花が咲きますように!

 

「ふくしま新発売。」のサイトでは、「会津伝統美食」や野菜ソムリエさんのコーナー、桜の名所の写真なども見られます。福島の一生懸命前を向く取り組み、ぜひ一度ご覧ください。

 

文:田井麗花(たいれいか)

田井麗花

大阪府出身。(社)日本フードアナリスト協会 2013年度「食のなでしこ」準グランプリ。テレビリポーター経験後、福島テレビアナウンサーに。退社後東京にて、フリーアナウンサー。テレビ、イベントMCとして活動中。

日本フードアナリスト協会