ほっぺたのお肉がたるんできたかも? 鎖骨の30秒マッサージで改善

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
ほっぺたのお肉がたるんできたかも? 鎖骨の30秒マッサージで改善

20代の頃の写真と比べると、えっ、もしかしてほっぺたのお肉、下がってる!?

まだまだ大丈夫と思っていたのに、ショック。でも加齢のせいだし、どうすることもできないし……と諦めていませんか? 今回はそんな憎らしいほっぺたのお肉の撃退方法をご紹介します。毎度おなじみ、伊良林鍼灸均整院-AFINA-(アフィナ)の院長、小柳弐魄(こやなぎ・にはく)先生にお話を聞きました。

前回はこちら:気になるほうれい線に30秒でできる簡単マッサージ♪

鎖骨の部分を30秒こするだけ

「下顎から鎖骨部分にかけて、広頚筋(こうけいきん)という筋肉があります。この筋肉は、顔の表情にとって非常に大事な役割を持っていて、広頚筋が収縮すると、口角が下がってしまいます。なので、緊張して強張っている広頚筋をほぐしてあげましょう」

やり方は簡単。写真のように、指で鎖骨を左右にこするだけ。こうすることで、広頚筋の収縮がほぐれ、口角が上がり、頬のお肉が持ち上がるのです。

photo3 (5)

「鎖骨を磨くイメージでやってみるといいでしょう。だいたい30秒くらいを目安にしてください。直接、筋肉に刺激を与えているので、効果が感じられやすいでしょう。試しに片側だけやってから顔の写真を撮ってみてください。左右の頬の上がり具合の違いがわかると思います」

30秒ほどでできるので、写真を撮る前にぱぱっと行うのが、オススメだと言います。時間が経つと再び元に戻ってしまうのですが、続けることで効果を維持しやすくなるそうです。

「お風呂でリラックスしている時など、鎖骨をほぐすことを習慣にするといいと思います。日常生活の中で緊張を感じる場面は実はたくさんあります。緊張して強張った筋肉をそのままにしておくと、疲れが取れず、感情にも悪影響を及ぼします。意識して、筋肉の緊張をほぐしてあげるようにしましょう」

ほっぺたのお肉が気になる人は、ぜひ、毎日の習慣にしてみてください。垂れていくお肉にきっと抗えるはずです! 次回は「オデコのシワ」のお悩み解消法をご紹介します。お楽しみに!

(中村未来/清談社)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

ほっぺたのお肉がたるんできたかも? 鎖骨の30秒マッサージで改善

関連する記事

編集部オススメ

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

脱サラした自営業者のウートピ編集長・鈴木円香と、社畜プロデューサー海野Pのふたりが、時にはケンカも辞さず本気で持続可能なワークスタイルを模索する連載です。

記事ランキング
「美女と野獣」
公開記念特別企画
その、呪われたドレスを、脱ごう。