ほっぺたのお肉がたるんできたかも? 鎖骨の30秒マッサージで改善

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
ほっぺたのお肉がたるんできたかも? 鎖骨の30秒マッサージで改善

20代の頃の写真と比べると、えっ、もしかしてほっぺたのお肉、下がってる!?

まだまだ大丈夫と思っていたのに、ショック。でも加齢のせいだし、どうすることもできないし……と諦めていませんか? 今回はそんな憎らしいほっぺたのお肉の撃退方法をご紹介します。毎度おなじみ、伊良林鍼灸均整院-AFINA-(アフィナ)の院長、小柳弐魄(こやなぎ・にはく)先生にお話を聞きました。

前回はこちら:気になるほうれい線に30秒でできる簡単マッサージ♪

鎖骨の部分を30秒こするだけ

「下顎から鎖骨部分にかけて、広頚筋(こうけいきん)という筋肉があります。この筋肉は、顔の表情にとって非常に大事な役割を持っていて、広頚筋が収縮すると、口角が下がってしまいます。なので、緊張して強張っている広頚筋をほぐしてあげましょう」

やり方は簡単。写真のように、指で鎖骨を左右にこするだけ。こうすることで、広頚筋の収縮がほぐれ、口角が上がり、頬のお肉が持ち上がるのです。

photo3 (5)

「鎖骨を磨くイメージでやってみるといいでしょう。だいたい30秒くらいを目安にしてください。直接、筋肉に刺激を与えているので、効果が感じられやすいでしょう。試しに片側だけやってから顔の写真を撮ってみてください。左右の頬の上がり具合の違いがわかると思います」

30秒ほどでできるので、写真を撮る前にぱぱっと行うのが、オススメだと言います。時間が経つと再び元に戻ってしまうのですが、続けることで効果を維持しやすくなるそうです。

「お風呂でリラックスしている時など、鎖骨をほぐすことを習慣にするといいと思います。日常生活の中で緊張を感じる場面は実はたくさんあります。緊張して強張った筋肉をそのままにしておくと、疲れが取れず、感情にも悪影響を及ぼします。意識して、筋肉の緊張をほぐしてあげるようにしましょう」

ほっぺたのお肉が気になる人は、ぜひ、毎日の習慣にしてみてください。垂れていくお肉にきっと抗えるはずです! 次回は「オデコのシワ」のお悩み解消法をご紹介します。お楽しみに!

(中村未来/清談社)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

ほっぺたのお肉がたるんできたかも? 鎖骨の30秒マッサージで改善

関連する記事

編集部オススメ

多少の肌トラブルがあっても若さで乗り切れるのは20代まで。用賀ヒルサイドクリニック院長の鈴木稚子先生と一緒に、30代からは自己流の習慣を見直しましょう。

激務の通勤生活、今年で何年目? ふと気づけば、プライベートの暮らしは仕事に押しつぶされてぺちゃんこに。何のために頑張っているのかわからなくなることさえありますよね。「いつまでこんななんだろう」「働き方を変えたい」「でも方法が分からない」この連載では、そんな悩みや迷いをえいやっ!と乗り越えて、“ライフ”に“ワーク”をぐんと引き寄せてしまった彼女たちに話を伺います。

記事ランキング