中村芳子さんインタビュー 第1回

母になったら人生終わりだと思ってた。理想の家族、そして養子という選択肢

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
母になったら人生終わりだと思ってた。理想の家族、そして養子という選択肢

実子の長女(21歳)と、養子の次女(14歳)。

ふたりの娘の母親であるFP(ファイナンシャルプランナー)の中村芳子(なかむら・よしこ)さん。今夜24時からAbemaTVで放送される『Wの悲喜劇〜日本一過激なオンナのニュース〜』に「養子縁組」のテーマで登場します。

40歳を前に二人目不妊に気づいた中村さんが、養子を迎える決断をしてから約15年、実際に2歳の女の子を迎えてから12年が経ちました。

30歳の頃から「こんな家族が自分にも欲しい」と思い描いていたカタチがあった——。そう話す中村さんに3回シリーズで、「養子という選択」と、そこから生まれる「家族のカタチ」について聞きました。

photo1 (6)

「結婚して子どもを持てば人生終わり」と思っていた

——中村さんには30代の頃から思い描いていた理想の「家族のカタチ」があったそうですね。

中村芳子さん(以下、中村):はい、29歳の頃に「こんな家族が欲しい!」と心に決めるきっかけはありました。でも、それまでは「絶対に結婚なんかするもんか」と思っていたんですよ。

——そうなんですか?

中村:なにしろ、中学校を卒業する時に色紙に「私は結婚しません」と書いたほどでしたから、決意はかなり固かったと思います。担任の先生が驚いて、「おい、中村、結婚しないとダメだぞ」と言いに来ました(笑)。とにかくずっと結婚には興味がなかったんです。

——なぜ?

中村:理由は単純です。自分の父親がとても亭主関白で、いつも我慢ばかりしている母親をそばで見ていたから。母は内職をしたり化粧品のセールスをしたり、私の記憶にある限りずっと仕事をしてきましたが、家庭内の地位は父が常に上。「結婚しても、女には何一ついいことがないんだなあ」と子どもの頃から感じてました。だから、私にとっては何より「自立すること」が最優先だったんです。

——それが何かのきっかけで覆されたんですね?

中村:そうなんです、ガラッと180度。ちょうどウートピ読者と同じアラサーの、29歳の頃、半年だけオーストラリアに渡りました。今でいう「自分探しの旅」ですね。当時は会社員として働いていたんですが、「これが本当に自分がやりたいことなの?」と迷いが生じて。

そして、旅の途中で7週間ホームステイさせてもらった家族が、私の家族観をガラリと変えてしまったんです。

ママになっても何一つ諦めない

——詳しく教えてください。

中村:その家族と過ごした最初の印象は、「家族って、こんなにあったかいものなんだ」。パパ、ママ、3人の娘の5人家族。当時、7歳、14歳、15歳だったかな。毎日夕方6時になるとパパが仕事から帰ってきて、必ず家族そろって食卓を囲むんです。夕飯を食べながら娘がパパに「今度のデート、どうしよう?」と相談していたり。

おたがいのことを心から愛していて、お姉ちゃんが旅行に出かけて帰宅すると、妹が泣いて出迎えたこともありました。

「あったかいなあ」と、とても感動したんです。

——ご自身が育った家族とは全然違ったんですね。

中村:同じ家族とは思えないほど違いました。実はもう一つ、衝撃を受けたことがありました。

ホームステイ先のお母さんがある時、「私は結婚して子どもを育ててきたけれど、それで諦めたことは一つもないの」と言ったんです。その言葉には、「なにそれ!?」と強烈に頭をガツンとやられましたね。

それまで私は「結婚して子どもを持つこと=やりたいことを諦めること」だと思い込んでいたんです。でも、そうじゃなかった。

——「諦めない」というと?

中村:そのご夫婦はおたがいにやりたいことをやりきってきました。パパは、友人と一緒に小さなビジネスをやりながら、オーケストラでバイオリンを弾いていました。ママは赤ちゃんをカゴに入れてよく演奏会に行っていたそうです。彼女はダンスの先生で、毎年1ヵ月母国のメキシコで過ごすと決めていて、その期間は3人の子どもの世話は旦那さんが一手に引き受ける。

そんなふうにおたがいに何一つ諦めずにやっていたんです。

子どもの頃から「絶対に結婚なんかするもんか」と宣言していた私でしたが、このオーストラリアの旅が終わる頃には、「家族が欲しい」「そのために結婚しよう」と考えるようになっていました。

自分が産んだ子じゃなくても、育てられる

——帰国後、教会で出会ったアメリカ人の男性と結婚。34歳の時、長女が誕生します。実の娘を育てる中で、養子という選択をするための一つのきっかけがあったそうですね。

中村:実は娘を産んだ時、特に愛情が湧いたという実感がなかったんです。「ああ、やっと出てきた。これで自由になれる」というのが出産時の正直な気持ちでした。私に母性本能がないのか、母性本能そのものが神話なのかもしれませんね。

でも、育てるうちに、ただの「命のあるかたまり」だったものに、少しずつ愛情が湧いてきました。喜んだり、怒ったり、不快感を表現したり。やがてにっこりほほえんだり、声をあげて笑ったり。お座りやつかまり立ちをしたり。そんなふうに成長を目にしていくにつれ、出産時はなかった愛情が深まっていきました。

それで気づいたんです。

「自分が産んだ子じゃなくても、育てられるな」と。

——産んだことで、逆に「産まなくても育てられる」と気づいたんですね。

中村:はい。この感覚は個人差があると思いますが、私の場合はそうでした。本当に新鮮で感動的な発見でした。そして「子どもはみんな、自分の子でも人の子でも本当にかわいい」ことにも気づきました。

——その発見があったから、自然と「養子を迎える」という選択ができたと?

中村:「産まなくても、育てられる」という発見は、確かに、一つの大事な要素にはなりましたね。

実は「子どもが生まれても、生まれなくても養子を迎えられたらいいね」とは結婚前に彼と漠然と話していましたが、娘が6歳の頃、実際に「養子を迎えたい」と強く思っていろいろと調べ始めました。

東京都の養子縁組里親に登録しようとしたのですが、私たち夫婦が共働きであることを理由に「まず無理です*」と言われてしまいした。当時は夫婦のいずれかが専業主婦(夫)であることが、養親の条件として求められていたんです。

*登録はできるが紹介の可能性はほぼゼロということ。近年では共働きの夫婦でも紹介されるケースは増えてきている。

——その対応で一度は養子を諦めたそうですが、その約4年後には無事に、次女となる女の子を養子に迎えられていますね。

中村:その詳しい経緯は次回に話しますが、産んでも育てられない女性の出産をサポートする団体に出会ったり、実際に養子を育てている夫婦と知り合ったりで、「養子を迎えたい」という気持ちがいっそう強くなりました。

養子を迎える前夜に感じた恐怖

中村:もう一度、児童相談所に問い合わせてみると、今度は対応が違ったんです!「共働きだから無理だということはありませんよ」という回答。東京都の養子縁組里親に登録し、1年をすぎて諦めかけたときやっと連絡があり、乳児院で2歳の女の子と会うことになりました。その時は40歳をすぎていました。

——ようやく念願の養子を迎えられたんですね。

中村:そうですね、ようやく、でした。

その子を自宅に迎える前夜に大きな恐怖を感じたことを12年後の今もよく覚えています。2005年12月23日の夜でした。

夕食のあと、夫と娘がリビングのソファで笑いながらふざけあっていて、私はそれをダイニングのテーブルから眺めている。本当に満ちたりた時間。かけがえのない時間。夫とはたまにケンカをすることもあるけれど、今、自分の目の前にあるすべてのものに完全に満足している。完全なしあわせがここにある。

それが、養子を迎えることで壊れてしまったら……。

そう考えると、急に怖くなったんです。

そんな不安な夜を過ごした翌日、クリスマスイブの土曜日の午後に、養子を迎えた中村さん。続く第2回では、中村さんが実際に養子を迎えて感じたこと、養子という選択について聞いていきます。

(ウートピ編集部)

中村さんが登場する今夜24時放送のAbemaTV『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』の情報はこちら。ウートピ編集長の鈴木円香もコメンテーターとして参加します!

wの悲劇v2

■番組情報

『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』

男子は見なくて結構! 男子禁制・日本一過激なオンナのニュース番組がこの「Wの悲喜劇」。さまざまな体験をしたオンナたちを都内某所の「とある部屋」に呼び、MC・SHELLYとさまざまなゲストたちが毎回毎回「その時どうしたのか?オンナたちのリアルな行動とその本音」を徹底的に聴きだします。「そんなことテレビで言っちゃっていいの?」…いいんですAbemaTVですからタブーに挑戦します。

第3回となる今回のテーマは「養子ですが、何か?」。反響を呼んだ初回「不妊治療破産」の続編として「養子」をめぐる現実を深掘りします。

放送日時:2017年3月10日(金)深夜0時~深夜1時
放送チャンネル:AbemaNews
放送URL

【書籍情報】

絵梨子ちゃんを迎えるまで経緯、迎えてからの日々を綴った中村芳子さんの著書『養子でわくわく家族 』(小学館101新書)も好評発売中です。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

母になったら人生終わりだと思ってた。理想の家族、そして養子という選択肢

関連する記事

編集部オススメ

多少の肌トラブルがあっても若さで乗り切れるのは20代まで。用賀ヒルサイドクリニック院長の鈴木稚子先生と一緒に、30代からは自己流の習慣を見直しましょう。

激務の通勤生活、今年で何年目? ふと気づけば、プライベートの暮らしは仕事に押しつぶされてぺちゃんこに。何のために頑張っているのかわからなくなることさえありますよね。「いつまでこんななんだろう」「働き方を変えたい」「でも方法が分からない」この連載では、そんな悩みや迷いをえいやっ!と乗り越えて、“ライフ”に“ワーク”をぐんと引き寄せてしまった彼女たちに話を伺います。

記事ランキング