PARIS lingerie report・前編

「下着のパリコレ」で見つけた注目アイテム 楽でオシャレな“ブラレット”って? 【最新トレンド】

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
「下着のパリコレ」で見つけた注目アイテム 楽でオシャレな“ブラレット”って? 【最新トレンド】

「下着のパリコレ」とも呼ばれるトレードショー*「パリ国際ランジェリー展」が1月21〜23日の3日間、フランス・パリで開催されました。
*プロ向けの展示会

500近いブランドがスタンドを設けて新作を発表し、世界中からバイヤーやプレスが集結。ショーやセミナーなど、様々な催しが行われます。そこでキャッチしたランジェリーの最前線を、現地で撮影した写真と共にランジェリーエディターの川原好恵が2回に分けてリポートします。

今回ご紹介するのは、ブラジャーのトレンド。「ブラジャーにトレンドってあるの?」そう思われる方も多いかもしれませんが、実はあるんです! 特に、今回のランジェリー展では、トレンドがはっきりと表れていました。

一番の注目アイテムは、楽でおしゃれな「ブラレット」

「ブラレット」という言葉は、それほどポピュラーではないかもしれません。日本では「トライアングルブラ」と呼ばれるものが近いでしょう。これまでも若い女性を対象にした、カジュアルなブランドではよく見られた「ブラレット」。今展では大人ブランドにも多く見られました。

そのためか、美しいレース使いのフェニンなデザインが目立ち、写真のようにちゃんとワイヤーが入っているものや、カップ下がちょっと長めのミドリフ丈と呼ばれるものが多かったのが特徴です。カップサイズではなく、S、M、Lでサイズ展開しているものも多く、楽な着け心地なのも魅力です。

WACOAL

WACOAL

ちょっと上級者向け? まるでお洋服のような「ハイネックブラ」

少し前からジワジワと人気が出ているのが、デコルテからネックラインにかけてのデザインが凝っている「ハイネックブラ」。今展では、そのバリエーションがとても広がっていました。ブラジャーと言うより、お洋服のような感覚です。

薄い素材の服の下に着けて透けさせたり、ネックラインが大きく開いたトップスから見せたり、ハイウエストのスカートと合わせるというのもアリ。ランジェリー上級者向けのアイテムと言えますが、パリやロンドンでは、お手頃価格の下着ショップでも見かける人気ぶりです。

FLASH

FLASH

背中に視線を集める「バックシャンブラ」

前から見たデザインはシンプルだけれど、背中は凝ったデザインのブラもバリエーション豊富。特に写真のように、Yバック風になっているものは、背中が透けて見えたときにオシャレなだけではなく、肩ヒモがずれ落ちにくいという利点も。今回ご紹介するトレンドでは、一番取り入れやすいスタイルかもしれませんね。

PASSIONATA

PASSIONATA

着け心地のよさから人気が続く「プランジカップ」

トレンドと言うより、ヨーロッパではここ数シーズンずっと人気なのが、前中心がとても深い「プランジカップ」です。「みぞおちあたりにワイヤーが当たって痛い」という女性にもオススメのブラ。深いVゾーンから谷間もアピールできるため、着けやすくてセクシーなのがヨーロッパで人気を博している秘密のようです。バストをしっかり包み込むので、グラマーな方にもおすすめです。

AUBADE

AUBADE

シンプルなのにほんのり色っぽい「スポーツテイストブラ」

スポーツウェアやスポーツテイストの服を街で着るアスレジャーの流行はヨーロッパでも同じ。走ったり、飛んだり、激しい運動の時はしっかりホールドする専用のブラジャーを着用することをおすすめしますが、日常使いには、シンプルなデザインだったり、動きやすい着用感だったりするスポーツテイストのブラジャーが今の気分にぴったり。ただ、そこはヨーロッパ。写真のようにストライプ模様から肌が透けるなど、どこか色っぽさ、女らしさを感じるデザインにアレンジされています。

HANRO

HANRO

こうして見ると、ブラジャーにも様々なタイプがあるのがわかります。ヨーロッパでは、ランジェリーをファッションのひとつと捉える向きがあるためか、やはりデザインも様々。大きく見せたい、小さく見せたい、あるいは丸く見せたいなど、なりたい胸に合わせてブラジャーを選ぶのもよいですが、時には「こんな女性になりたい……」そんなイメージで選ぶのもいいかもしれませんね。きっとランジェリーがそのイメージに近づけるよう、力を貸してくれると思います。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

「下着のパリコレ」で見つけた注目アイテム 楽でオシャレな“ブラレット”って? 【最新トレンド】

関連する記事

編集部オススメ

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

脱サラした自営業者のウートピ編集長・鈴木円香と、社畜プロデューサー海野Pのふたりが、時にはケンカも辞さず本気で持続可能なワークスタイルを模索する連載です。

記事ランキング
「美女と野獣」
公開記念特別企画
その、呪われたドレスを、脱ごう。