バレンタインまであとわずか…! 自分にも贈りたい チョコ4選

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
バレンタインまであとわずか…! 自分にも贈りたい チョコ4選

「働く女のバレンタイン特集」
の連載一覧を見る >>

2月14日が近づくにつれ、世の中もバレンタインデー一色になってきました。世界中のチョコが一堂に会すこの季節。大切な人はもちろん自分用にもチョコを購入する人も多いのではないでしょうか。今回は、自分に贈ってもうれしい大人の女性にぴったりのチョコを紹介します。

大きなリボンが目印! 「アンリ・ルルー」

Coffret Amour: コフレ・アムール 価格:3,200円

Coffret Amour: コフレ・アムール
価格:3,200円


大きなリボンが定番アイコンの「アンリ・ルルー」の今年のテーマは“Voyage au Japon”(日本への旅」。パッケージに描かれた柄は、京友禅の老舗「千總」(ちそう)監修のデザインです。
Kyoto: キョウト

Kyoto: キョウト


Yuzu Menthe: ユズ・マント

Yuzu Menthe: ユズ・マント


新作ボンボン・ショコラは、ほうじ茶とレモンのハーモニーを味わえる「キョウト」、ユズとミントを組み合わせた「ユズ・マント」の2種です。
Coffret Biz: コフレ・ビズ  価格:1,600円

Coffret Biz: コフレ・ビズ 
価格:1,600円


また、「アンリ・ルルー×千總 40周年&10周年 限定BOX」も2月1日から発売。こちらもぜひチェックして!

今年のテーマは「ハイクレア ティータイム」「ドゥバイヨル」

ベルギーの高級パティスリー「DEBAILLEUL(ドゥバイヨル)』の今年のテーマは『HIGHCLERE TEATIME(ハイクレア ティータイム)』。

<ドゥバイヨル>ハイクレア ティータイム 右上から時計回りに9個入り3,600円 4個入り1,600円 6個入り2,400円

<ドゥバイヨル>ハイクレア ティータイム
右上から時計回りに9個入り3,600円
4個入り1,600円
6個入り2,400円


中世ヨーロッパのマナーハウス(邸宅)とそのキッチンにインスパイアされたコレクションです。恋人、家族、友人・・・あなたの愛する人と大切なひとときを過ごしてほしいという願いが込められたバレンタイン限定のショコラは、全部で5種類。
「ENROBEZ MOI!(アンローベモア!コレクション)」

「ENROBEZ MOI!(アンローベモア!コレクション)」


<ドゥバイヨル>デフィレ コレクション

<ドゥバイヨル>デフィレ コレクション


<ドゥバイヨル>クチュール コレクション

<ドゥバイヨル>クチュール コレクション

相手別にやすい「DEMEL(デメル)」

でメル

オーストリア・ウィーンの老舗洋菓子ブランド「デメル」は、プラリネやソースの入ったハート型のチョコレートを詰合せた「ハートアソート」と4種類の洋酒のガナッシュをそれぞれチョコレートでコーティングした「洋酒のトリュフ」が新作として登場。贈る相手によって選んでみてはいかがでしょうか?

ハートアソート 9粒入2,800円

ハートアソート
価格:2,800円


洋酒のトリュフ 8粒入2,400円

洋酒のトリュフ
価格:2,400円

抹茶好きのため抹茶のショコラ「辻利」

京都・宇治の老舗「辻利」の今年のコンセプトは“茶を知り尽くした宇治の茶匠が、パリの街へ”。

辻利

2016年のバレンタインで好評だったコレクションに新フレーバー「さくら苺」が仲間入りしました。さらに今年は、抹茶の風味がシンプルに伝わる究極の逸品「石臼タブレット」とドライフルーツやナッツを宝石の様にトッピングした「お濃い茶マンディアン」の2品も新登場。抹茶好きには見逃せないコレクションです。

<辻利>石臼タブレット 価格:1,500円

<辻利>石臼タブレット
価格:1,500円


<辻利>お濃い茶マンディアン 価格:1,500円

<辻利>お濃い茶マンディアン
価格:1,500円

バレンタインまであとわずか。大切な人へはもちろん自分へのご褒美にとっておきの一箱を選んでみては?

※価格はすべて税別

(ウートピ編集部)

この連載をもっと見る

働く女のバレンタイン特集

いつも頑張るアラサー女子だから、バレンタインはとっておきの甘い時間を。恋人や友人と過ごしてもいいし、ひとりの時間を楽しむのもあり。大人だからこそ楽しめるバレンタインの過ごし方を提案します。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

バレンタインまであとわずか…! 自分にも贈りたい チョコ4選

関連する記事

編集部オススメ

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング