チョコを贈る相手、3位は「恋人」、2位は「友達」、1位は驚きの…?【バレンタイン調査】

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク
チョコを贈る相手、3位は「恋人」、2位は「友達」、1位は驚きの…?【バレンタイン調査】

バレンタインデーまであと数日! バレンタインといえば、女性から男性にチョコを贈るイメージですが、みなさんは今年は誰にチョコを渡す予定でしょうか?

ネットの口コミなどを調査する「ホットリンク」は、分析ツール「クチコミ@係長」を用い、Twitter上の「バレンタイン」についての投稿を分析。その結果を発表しました。Twitterの投稿から見る、今年のバレンタインはどんな傾向にあるのでしょうか?

チョコレートを贈る相手、最も多いのは…?

直近1ヶ月の女性による「バレンタイン」に関する投稿から贈る相手を調査したところ、1位はなんと「自分」という結果に。

main

2位は「友達(友人)」で、今年のバレンタインは“本命チョコ”で愛の告白というよりは“自分チョコ”や“友チョコ”を楽しむ予定の人が多いことがわかりました。

また、「相手」というワードも頻出し、「贈る相手が欲しい』という趣旨の投稿も数多く見られました。恋人や好きな人にチョコを贈って楽しみたいと考える女性が多い?

気になる男性側の声は?

男性による投稿に絞って、「バレンタインチョコ」に関する頻出関連語を調べたところ、最も多かった関連語は「欲しい」で、女性からのバレンタインチョコを期待する声が多く見られました。

sub1

一方で、3位には「自分」があがり、具体的なツイートをみると「自分でチョコを買いたくなる』や「自分で毎年美味しいチョコを買っている』「自分用のチョコを買うのはあり?』といった声が上がっており、「バレンタインイベント」や「バレンタインコーナー」「バレンタインフェア」に触発されたり、実際に足を伸ばしたりしている男性もいるようです。

1年に1度の「愛を伝える日」。日本では女性が男性にチョコを渡すことが主流となっていますが、頑張る自分にご褒美チョコもいいですね。

【調査概要】
調査期間:2017年1月8日〜2月5日
調査方法:ソーシャル・ビッグデータ分析ツール「クチコミ@係長」を用い、Twitter の投稿を分析
有効回答数:バレンタインに関する、ツイート件数 2,660,853 件
(ホットリンク調べ)

(ウートピ編集部)

この連載をもっと見る

働く女のバレンタイン特集

いつも頑張るアラサー女子だから、バレンタインはとっておきの甘い時間を。恋人や友人と過ごしてもいいし、ひとりの時間を楽しむのもあり。大人だからこそ楽しめるバレンタインの過ごし方を提案します。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

チョコを贈る相手、3位は「恋人」、2位は「友達」、1位は驚きの…?【バレンタイン調査】

関連する記事

編集部オススメ

多少の肌トラブルがあっても若さで乗り切れるのは20代まで。用賀ヒルサイドクリニック院長の鈴木稚子先生と一緒に、30代からは自己流の習慣を見直しましょう。

激務の通勤生活、今年で何年目? ふと気づけば、プライベートの暮らしは仕事に押しつぶされてぺちゃんこに。何のために頑張っているのかわからなくなることさえありますよね。「いつまでこんななんだろう」「働き方を変えたい」「でも方法が分からない」この連載では、そんな悩みや迷いをえいやっ!と乗り越えて、“ライフ”に“ワーク”をぐんと引き寄せてしまった彼女たちに話を伺います。

記事ランキング