2017年にはやるファッション、すべて教えます!

持っている服を今年っぽくアップデートするには? 覚えることは3つだけ

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
持っている服を今年っぽくアップデートするには? 覚えることは3つだけ

「今年は新しい服を何も買ってないから、ダサくならないかな……」ふと心配になあることありますよね? でも心配はいりません。トレンドを押さえてコツさえ頭に入れておけば、手持ちのアイテムだけで今っぽく着ることができるんです。

「2017年っぽいポイント」を教えてくれるのは、昨年末に刊行されて話題となっているムック、「2017年、これがはやる」(ダイヤモンド社)の編集を担当した中野亜海(なかの・あみ)さん。

スタイリスト、接客アドバイザー、ファッションライター、ファッション・インテリアパーソナルアドバイザーのプロ4人が監修したムックから、今すぐ取り入れられるアップデートのコツをご紹介します。

中野さんは女性実用書のジャンルで数々のヒットを世に送り出してきたスゴ腕編集者。

中野さんは女性実用書のジャンルで数々のヒットを世に送り出してきたスゴ腕編集者。

ワントーンコーデに派手な色を差すだけでOK

カッコいい印象になるグレーのワントーンコーデは、どんな差し色を合わせても、ベースがモノトーンなのでマッチしやすい。

カッコいい印象になるグレーのワントーンコーデは、どんな差し色を合わせても、ベースがモノトーンなのでマッチしやすい。

去年すごくはやったワントーンコーデ。セットアップも売れましたよね。引き続き、ワントーンコーデははやりますが、今年のワントーンコーデは「派手すぎる色を1点差す」です。思いきって派手な色を差し込むだけで、今年っぽくなるんです。

写真のような思いきった青はもちろん、クッキリした赤やイエロー、緑など……蛍光色でもいいくらい! 取り入れる面積は小さければ小さいほどおしゃれに見えます。バッグや靴、小物などを派手な色にすると取り入れやすいですよ。

派手な色は、なかなか勇気がいると思います。特にバッグは、みんなが黒などの無難なものを買いがちなので、派手なバッグを持っているだけでおしゃれに見えるし気分も上がるはず。一色でシンプルな形であれば、今後も長く使えるので、「ハズしアイテム」として持っていても損はないと思いますよ。

メリハリ・シルエットをつくるだけで今年っぽく

いつものワンピースに太めのベルトを締めるだけで、見慣れたはずのアイテムにも新鮮みが。

いつものワンピースに太めのベルトを締めるだけで、見慣れたはずのアイテムにも新鮮みが。

おしゃれのキーワードの回でもお話ししたように、2017年は「緊張感」が大事です。ジャストサイズを着ることでも今年っぽくなりますし、ウエストマークでもOK。簡単なのはベルトをすること。今年は太いベルトや、リボン付きのボトムもはやりますので、それだけで今っぽくなります。

もちろん、トップスインもメリハリがつきますよね。ただ、ウエストマークもトップスインも、ちょっと苦手という人もいらっしゃるかと思います。

ゆるいコーデだけど、トップスの裾が絞ってあるだけで緊張感が生まれる。

ゆるいコーデだけど、トップスの裾が絞ってあるだけで緊張感が生まれる。

そんな方は、写真のようにトップスの裾にリブが入ったニットでもいいかもしれませんね。全部がピタッとする必要はなく、ゆるさの中にピタッとした引き締めを作るのがコツなんです。

ウエストマークにはスタイルがよく見えるというメリットもあります。恥ずかしいと、少し抵抗がある人も、今年は思い切って試してみてほしいなと思います。

レースなど「立体感」アイテムが一年中使える

そして今年はレースが一年中はやる年。毎年、春にはやる印象のレースですが、今年は冬も素敵です。

白Tシャツのカジュアルさと革のクールさで、レースを取り入れても甘くなりすぎない。

白Tシャツのカジュアルさと革のクールさで、レースを取り入れても甘くなりすぎない。

しかし、レースは「甘く」着てはいけません。甘くならないためには、レースの生地が大事です。レースを選ぶ時のポイントは、大きな柄にすることと、生地とレースは同色であること。

例えば白い生地の上に黒レースがあしらわれているものではなく、白い生地なら白レース、黒い生地なら黒レースというものを選んでください。形は広がりすぎないものだと大人っぽくなります。

また、レースの他にも、プリーツ、リボンなど、デコラティブなものもはやります。これらは、立体感が出るので、おしゃれに見えます。

プリーツはきちんと感が出るアイテム。カジュアルなスニーカーでハズして遊んで。

プリーツはきちんと感が出るアイテム。カジュアルなスニーカーでハズして遊んで。

リボンは小さいと甘すぎてしまうので大きめにしたい。リボンベルトでもOK。

リボンは小さいと甘すぎてしまうので大きめにしたい。リボンベルトでもOK。

去年の変形袖ブームに引き続き、大胆なフリルのラッフル袖も。腕が細く見える効果もあり。

去年の変形袖ブームに引き続き、大胆なフリルのラッフル袖も。腕が細く見える効果もあり。

どれも、そのアイテムだけを見ると共通してかわいい印象がありますが、着こなす時は「かわいいアイテム」同士で合わせるのをグッと我慢して、革でクールに着たりTシャツなどでカジュアルに着たりするのが、大人っぽくてより2017年っぽくなるコツです。

シンプルな服が多かった去年までとうって変わって、デザインのあるものが増えてくるのが今年。今日はどんな服を着ようかなって、毎日選ぶのが楽しくなりそうですよね。着こなし方を押さえつつ、ベレー帽やデニム、ピンク、フリンジ、ロゴTなどのトレンドアイテムをMIXしていけば、すぐに今年っぽくなりますよ。

(藪田朋子)
写真:chifuyu aizawa(biswa)、池田真理

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

持っている服を今年っぽくアップデートするには? 覚えることは3つだけ

関連する記事

編集部オススメ

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

脱サラした自営業者のウートピ編集長・鈴木円香と、社畜プロデューサー海野Pのふたりが、時にはケンカも辞さず本気で持続可能なワークスタイルを模索する連載です。

記事ランキング
「美女と野獣」
公開記念特別企画
その、呪われたドレスを、脱ごう。