川原好恵のランジェリーコラムVol.8

バレンタインは下着を贈ろう♡1000円〜のおしゃれメンズ下着5選

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
バレンタインは下着を贈ろう♡1000円〜のおしゃれメンズ下着5選

「働く女のバレンタイン特集」
の連載一覧を見る >>

バレンタインデーが近づき、1年で一番チョコレート市場が盛り上がる季節になりました。チョコとは別でプレゼントを考えている人にオススメなのが男性用の下着。センスがいい下着を贈るのは大人の女性だからこそできるワザ。今回は、男性に贈るオススメの下着を紹介します。

目が肥えた大人の男性へ、イタリア仕込みのダンディパンツ

laperlas

ラペルラ ボクサーパンツ 1万2400円/ラペルラジャパン

憧れのラグジュアリーランジェリーブランドとして知られる「ラペルラ」が展開するメンズライン。海外では、セレブリティからの支持も高く、お洒落なイタリア男性の必須アイテムとしても知られています。このボクサーパンツに使われているのは、イタリアFILODI SCOZIA社製の最高級綿。その証としてシリアルナンバーが付けられていて、その着心地と艶感は格別なもの。特別な1枚になること間違いなしです。

ベルギー発、お洒落で可愛いこだわりのトランクス

boxs

SIXTINES-Boxershorts_1000s

シックスティンズ トランクス 5500円/レ ジュモー ジェモー

ベルギー ブリュッセルで2012年に設立された、トランクス専門のブランド。「トランクスはだらしない印象になるから嫌」という意見も聞かれますが、こちらはやや細身のシルエットかつ巧みなパターン、さらにシワになりにくいコットンを使用しているから、とってもスマート。中にサポーターがついているのも、男性には嬉しいよう。女性から見ても可愛いカラーリングです。

ハードワーク続きの彼に 身も心も癒すオーガニックパンツ

b62j6h1ks

プリスティンジェンツ ボクサーショーツ 1万2000円/アバンティ

オーガニックコットンブランドとして知られる「プリスティン」から待望のメンズラインが登場しました。中でも、このボクサーショーツは、すべてを編みつづきで仕上げた立体成型。ウエストゴムも使用しておらず、まったく縫い目がないため、まるで自分の肌の一部のようなはき心地でストレスゼロ。日々のハードワークに疲れ気味の彼を、優しく包んで癒してくれます。

こだわりのお洒落男子も納得の、オランダ発ブランド

MUCHACHOMALOs

VEGAS 02 1s

ムチャチョマーロ ボクサーパンツ 5380円/マリー六本木

「ムチャチョマーロ」とは、スペイン語で「バッドボーイ」という意味。オランダ発の遊び心あふれるブランドで、アーティスト集団によって描かれたストーリー性あふれる柄がとってもユニーク。こちらのボクサーはラスベガスをモチーフに描かれています。日本ではなかなかお目にかかれないアートな柄なので、他人と同じものでは満足できない、ファッションにこだわりのある男性におすすめです。

人気ブランドから選ぶなら、バレンタインらしいハート柄

ilovepdf_com

ハート柄ディープブルー BWS846G_65_1s

ボディワイルド ボクサーブリーフ 1000円/グンゼ

手頃な価格で、デザインバリエーションも豊富な「ボディワイルド」は、自分で下着を購入する男性にも愛用者が多いブランド。そんな、よく知られたブランドだからこそ、バレンタインに贈るなら特別なハート柄をセレクト。伸縮性も高くてボディにフィットする「ボディワイルド」の成型編みボクサーは女性のファンも多い人気アイテム。色違いのペアではくのもおすすめです。

こうして見ると、男性のパンツのタイプも色々。せっかくのギフトですから、贈る側のセンスも伝えられる物を選べるといいですね。それではみなさん、よいバレンタインをお過ごしください!

この連載をもっと見る

働く女のバレンタイン特集

いつも頑張るアラサー女子だから、バレンタインはとっておきの甘い時間を。恋人や友人と過ごしてもいいし、ひとりの時間を楽しむのもあり。大人だからこそ楽しめるバレンタインの過ごし方を提案します。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

バレンタインは下着を贈ろう♡1000円〜のおしゃれメンズ下着5選

関連する記事

編集部オススメ

多少の肌トラブルがあっても若さで乗り切れるのは20代まで。用賀ヒルサイドクリニック院長の鈴木稚子先生と一緒に、30代からは自己流の習慣を見直しましょう。

激務の通勤生活、今年で何年目? ふと気づけば、プライベートの暮らしは仕事に押しつぶされてぺちゃんこに。何のために頑張っているのかわからなくなることさえありますよね。「いつまでこんななんだろう」「働き方を変えたい」「でも方法が分からない」この連載では、そんな悩みや迷いをえいやっ!と乗り越えて、“ライフ”に“ワーク”をぐんと引き寄せてしまった彼女たちに話を伺います。

記事ランキング