タグ
2014/05/23

culture_00275

イギリスの公共放送、チャンネル4の新しい番組『Married At First Sight』(一目で結婚)が話題になっている。内容は、タイトルのとおり「見ず知らずの男女が出会った当日に結婚をする」というかなり無謀なもの。

出会ったその日に結婚し6週間一緒に生活

参加者は2,000人の候補者から選ばれた6人の独身男女で、相手と出会った当日に、家族や友人たちの前で「YES」と結婚の誓いの言葉を交わすのだ。カメラはこの男女3組のカップルの生活を6週間追っていくという。

今でもインドなど一部の地域では、まだまだ「親が決める結婚」、そして「結婚式当日に相手にお目見えする」というスタイルが残るものの、先進国で自由恋愛が当然のイギリスで行われる驚きの結婚にどのような狙いがあるのだろうか?

実はこの番組、ただラブストーリーを楽しむという番組ではない。もともとデンマークの人気番組を元に制作され、社会科学的実験の要素があるのだ。メインテーマはずばり「科学は安定した結婚を生み出すことができるか?」

科学的に選ばれた男女は結婚できるのか?

というのも、選ばれし男女というのは、ただランダムに選ばれた訳ではなく、心理学者、心理療法者、神学者、社会人類学者、進化人類学者という専門家たちが科学的データに基づいて、「結婚が成立しそうなカップル」をマッチングさせているのだ。

専門家たちの見立てどおり、一目会っただけの男女が「結婚」という形によって、本当の愛を築くことができるのか? その結果は6週間後に明かされる。初めて会った日から結婚生活を6週間経験してみて、そのまま結婚生活を続けるか? もしくはすぐさま離婚となるか? と2人は問われるのだ。

制作チーフのジェイ・ハウントさんによると「イギリスがヨーロッパの中でも離婚率が高い国であるということを、この番組で問い直す意味もある」と語っている。

もしかしたら結婚に必要なのは相手選びではなくて、目の前にいる相手とどううまくやっていくか、なのかもしれない。日本では結婚&離婚が紙一枚だけで成立してしまうほど、世界的に見ても簡単に結婚ができるけれど、この番組の日本版もぜひ見てみたいところ。

中村綾花