仕事大好きな私って不幸ですか?【ホンネ座談会】

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
仕事大好きな私って不幸ですか?【ホンネ座談会】

ワークライフバランスが叫ばれるようになって、残業や休日出勤を許さない会社も増えてきました。社会全体にどことなく、「仕事ばっかりの人は不幸」という空気が漂っているように感じます。

本当は仕事が死ぬほど好きで、いつでも仕事のことだけ考えていたいのに、それを公言したら「かわいそう」と思われるんじゃないか。

そんな肩身のせまさを感じている人もきっといるはず。

そこで今回、アラサー女性のためのニュースサイト「ウートピ」では、「私、死ぬほど仕事が好きです!」と断言する30代女性を集めて座談会を開いてみました。そこから見えてきた「仕事」と「しあわせ」のカンケイとは?

登場人物(仮名)

由美子(ゆみこ)

由美子(ゆみこ)
人材系コンサル勤務。32歳の独身。

沙希(さき)

沙希(さき)
IT企業勤務。30歳の独身。

真理子(まりこ)

真理子(まりこ)
マスコミ勤務。34歳の独身。

仕事は、もはや「仕事」じゃない

みなさん、今日はお集まりいただき、ありがとうございます。3人とも「死ぬほど仕事が好き!」ということですが、まずはどのくらい「好き」なのか教えてください。

由美子(以下、ゆみこ):私にとって「仕事」はもはや仕事じゃないですね。「仕事」なんて言葉で呼びたくない。「生活そのもの」です。

沙希(以下、さき):人生そのものです。私から仕事とったら、何にも残らない(笑)。

真理子(以下、まりこ):私にとって仕事って、最高の道楽であり暇つぶし。頭の中は平日土日関係なく100%仕事のことでいっぱいですね。生きてる時間全部が仕事モードなので、仕事モードオフにしたら「無」になって、編集者のくせに、文字も読めなくなるんじゃないかな。

やっぱり皆さん、長時間労働なんですか?

ゆみこ:そんなことないですよ。平日は朝の10時から夜の8時くらいまで。土日はちょこちょこ仕事が入ることはあるけど、基本は仕事してないです。一週間のうち仕事してるのは、7割くらいかな。

さき:平日は朝10時から夜10時まで仕事してますね。そのあともだいたい仕事仲間と飲んで仕事の話をしちゃうので、寝ている時間以外はほとんど全部仕事かも。土日も夕方から仕事しちゃうし、仕事のことを考えながら寝て、仕事のことを考えながら目覚める感じ(笑)。

まりこ:私は平日は昼12時から深夜0時までの「シンデレラ・シフト」ですね。土曜日も昼の12時くらいから夕方まで仕事してます。マスコミ関係の仕事なので、テレビを見ていても、映画を観ていても、仕事のネタ探ししてますね。

仕事をしていない時は何をやってるんですか?

ゆみこ:なんかやってますね(笑)。何もしないで家にいるのが、ムリなんです。時間をムダにしてるみたいで罪悪感が湧いてきちゃって。だから友達と出かけたりショッピングしたりしてます。たまーに一日中寝てる時もあるけど、そういうのは、よっぽど疲れてる時だけかな。

さき:仕事仲間と飲んでますね(笑)。私、趣味とか要らないんです。前に彼氏から「仕事ばっかりじゃなくて、趣味とか始めたら?」って言われたことがあって。その一言にカチンときちゃった。で、結局別れました。

まりこ:寝てますね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

仕事が楽しくない人はかわいそう

みなさん、本当に仕事が死ぬほど好きなんですね。ところで、最近、ワークライフバランスが叫ばれて、「仕事ばっかりの人は不幸」っていう空気がありますよね。そういう空気についてどう思いますか?

ゆみこ:「仕事しかない人はかわいそう」っていう人いますけど、私からすればそう口にする人こそ「仕事を楽しんでないんだろうな、かわいそうだな」って思っちゃいます。仕事を死ぬほど楽しむっていう、この幸福感を知らないまま死んでいくなんてありえない。

さき:時々、「仕事ばっかりして大丈夫?」とか、「もっとプライベート充実させたら?」とか、心配顔で言われるたびに困っちゃいますね。どこか上から目線だし。

まりこ:何か打ち込めることがある人って、「仕事ばっかりの人は不幸」なんて言わないと思うんです。何にも打ち込めない人が、そう言うんじゃないかな。だから、人のこと心配してないで何か好きなこと見つけたら?って思っちゃいます。

何がみなさんをそこまで仕事に駆り立てるんですか?

ゆみこ:だって、楽しいから。人間力が鍛えられるし、視野が広がるし。人材系のコンサルだから、自分が仕事を楽しんでないと人にキャリアの紹介なんてできないもん。

さき:なんでこんなに仕事が楽しいかっていえば、やっぱり社会に貢献してる感覚が持てるから。仕事以外でこういう感覚を与えてくれるものってない。働いてお金をもらえるかどうかはあんまり重要じゃないんです。社会に何かプラスを与えることで得られる「生きてる実感」が大事。

まりこ:実は私、働きたくなくて大学院に進学したんです。でも、勉強したいことがあるわけでもなくて。「自分には何の価値もないなあ」って悩んでた時、新卒で丸の内OLになった同級生と東京駅で会って。キラキラしてる彼女と何もない私。あの時に感じた苦痛は二度と味わいたくない。だから仕事があるだけで嬉しい。

恋バナなんかつまんない、仕事の話が一番楽しい

仕事ばっかりだと友達が少なくなりませんか?

ゆみこ:フツーにいますよ。恋愛話とか、昔のバカ話とかしながらゲラゲラ笑えるような友達。土日に一緒に遊ぶのは、そういう仕事にあんまり関係ない友達かな。

さき:仕事仲間=友達って感じ。実は私、幼なじみからの飲みの誘いを最近3、4件無視してて。やっぱり仕事の話してる時が断然楽しいんですよね。それ以外の思い出話とか、恋バナとか、耐えられなくなっちゃって。

まりこ:友達との付き合いも、仕事のためになるなら行くっていう判断はありますね。仕事柄、友達との話も聞き流せないんです。聞きながら、どこかで「本当かな」と疑ってウラを取ろうとしちゃう(笑)。取材で有名人と話してる時の方が純粋に楽しめるな。

ところで、みなさんは結婚とか興味ないんですか?

ゆみこ:実は最近、結婚願望が出てきちゃって婚活してるんですが、相手に絶対に聞いてみる質問があって。それが「人生の中でいつが一番楽しかった?」っていう質問。「大学生の時」とか「20代の頃」とか言う人はムリですね。「今が最高に楽しい」って言う人じゃないと候補に入れられない。死ぬほど仕事が好きじゃなくてもいいけど、打ち込めることがあって人生謳歌してる人がいいな。

さき:結婚はしてもいいな、って思いますよ。でも、仮にものすごく好きな相手ができたとしても、仕事と同列には絶対にならないな。今、仕事にかけているのと同じだけのエネルギーと時間を男に割くのはありえない。

まりこ:仕事の邪魔にならないなら、してもいいかな。別にしなくてもいいです。

最後に。みなさん何歳まで働きたいですか?

ゆみこ:死ぬまで働きたいな。「いつまで」なんて考えてなかったけど。おばあちゃんになったら、またやりたいことが変わってると思うけど、働いてたい。

さき:働けるまで。おばあちゃんになっても働きたい。スナックとか開きたいな。

まりこ:ずっと。仕事があって働けるって、世の中が平和ってことだから。生きてる限りずっと働けたら幸せですね。

「死ぬほど仕事が好き!」と公言するアラサー女子たちの座談会、いかがでしたか? 「仕事ばっかりの人はかわいそう」って言う人こそ、かわいそう。その一言に、ガツンと衝撃を受けた人も少なくないかも。「仕事」と「しあわせ」のカンケイを改めて考えさせられる座談会となりました。

(編集部)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

仕事大好きな私って不幸ですか?【ホンネ座談会】

関連する記事

編集部オススメ

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

脱サラした自営業者のウートピ編集長・鈴木円香と、社畜プロデューサー海野Pのふたりが、時にはケンカも辞さず本気で持続可能なワークスタイルを模索する連載です。

記事ランキング
「美女と野獣」
公開記念特別企画
その、呪われたドレスを、脱ごう。