“合コンシェルジュ”絵音さんインタビュー(前編)

合コンに呼ばれなくなったら“幹事”になろう。 30代は「あざとい賢さ」がポイント

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
合コンに呼ばれなくなったら“幹事”になろう。 30代は「あざとい賢さ」がポイント

「30代のTO DOリスト」
の連載一覧を見る >>

30歳を過ぎて、そろそろ婚活を始めたいと思った時、まず思い浮かべるのが“合コン”です。お見合いや婚活パーティーよりカジュアルで、マッチングアプリより安心。とはいえ、合コンに参加する男性は女性に対して「若さ」を求めるのも事実……。気合いを入れて参加したのに、露骨な対応をされて傷ついたり、ストレスを溜め混んでしまったり。だんだん合コン自体おっくうに感じてしまうこともありますよね。

今回は、『結婚につながる恋のはじめかた』(扶桑社)の著者で、日本合コン協会会長の絵音(えのん)さんに、30代からの合コンの心得について聞きました。

photo1

男の“若い子が好き”は変えられない

―30歳を過ぎてから、ぱったりと合コンに呼ばれなくなりました。

28歳まで毎週のように合コンに呼ばれていた女性でも、29歳を過ぎたあたりから回数が減り始め、30歳になると急に呼ばれなくなるのはよくあること。ここが過渡期ですね。

―出会いはほしいし、声をかけてほしい気持ちもあるのですが…。

そうですよね。でも、合コンをプロデュースする中でよく聞くのが「20代の子と合コンしたい」という男性の本音。モデルのような美人より、若さを求められることが多い。女性が男性に経済力を求め、男性は女性に若さを求めるという図は、もうほとんど本能のようなものなんです。

―シビアな現実です。

とはいえ合コンは、一堂に会してしまえばあとは実力次第。最初は年齢や容姿、職業といった情報しか相手を判断する基準がないから、30代というだけでマイナススタートになる可能性はあるものの、勝ち目はあります。合コンの中で魅力を発揮できたり、場を盛り上げられたりすれば、カップルになれる確率はぐんと上がります。だから、誘いが少なくなっても、「合コンに参加したい」という意欲まで失くさないでほしい。

photo2

テンプレート合コンはもうイヤ!

―確かに、昔と比べると「行きたい」という気持ちも薄れてきた気がします。だんだん連絡先も聞かれなくなるし、負け戦に向かっている気分に……。

誰しも経験が増えると先の展開を予測するようになりますよね。でも、自己完結が一番よくない。日頃から美容やファッションなどに投資して、せっかく自分磨きをしていても、出会いの場に行く勇気がなくて、土日は家に引きこもってたら元も子もありません。

―合コンでキャラクターを作るのも疲れてしまうというか。男性ウケを狙ったファッションも媚びているようで。「ありのままの自分を見てほしい」という思いもある。

それは相手が自分に興味をもつ前にふるいにかける行為。出会いの場では、モテの間口は広く開けておくことが大事です。無理して似合わないものを取り入れる必要はありませんが、女性らしさを感じさせる髪型やファッションを意識して、“恋愛大歓迎”のオーラを出しましょう。

「ちょっとあざといかな」って思うぐらいがちょうどいいんです。自分から選べるくらい複数の男性を引き寄せておけば、その中の意気投合した人といい関係を築けますよ。「あざとさ」に罪悪感を覚えることはありません。

合コンの誘いがないなら、自分が幹事になる

―あ、でもそもそも誘いがないんでした(笑)。

ならば、一番手っ取り早いのは、自分が幹事になること。でも、その時は“幹事MAXの法則”にならないよう注意してください。

―意図的に「自分が一番かわいい」という状況を作り出すことですね。

そう。特に30歳を過ぎた女性が、自分よりも年上の女性を連れていくと、男性幹事からクレームの対象になることがあります。

―どんなメンバーを揃えたらいいですか?

「デキる幹事」だと思わせるには、年下の女の子を呼ぶこと。できれば20代がいい。そうすると、男性幹事に「面倒見がいい人なんだな」と好印象を与えつつ、「男の気持ちがわかっているな」と感謝される。また、男性も女性メンバーの情報を聞いて張り切って「こちらも選りすぐりを揃えなくては!」と頑張ってくれることもあるんですよ。合コンの幹事をすると男性陣からの信頼を得やすいのでおすすめです。これは30代だからこそ使えるテクです。

一方で、仲が良すぎる女友達を連れて行くのはご法度。互いに“先に幸せを掴まれる”と、焦りや嫉妬心から足の引っ張り合いが起こりやすくなります。自分が幹事になる時は、場の主導権を握るチャンス。「面倒だな」と思わずに、積極的に引き受けましょう。

〈TO DOリスト〉
【1】予定のない週末は合コンに参加してみる
【2】出会いの場では髪型やファッションを“恋愛歓迎中”モードにしてみる
【3】声がかからないなら、自分で合コンを主催する
【4】幹事MAXの法則にならないよう、女性の人脈作りも大切にする

(安次富陽子)

この連載をもっと見る

30代のTO DOリスト

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

合コンに呼ばれなくなったら“幹事”になろう。 30代は「あざとい賢さ」がポイント

関連する記事

編集部オススメ

多少の肌トラブルがあっても若さで乗り切れるのは20代まで。用賀ヒルサイドクリニック院長の鈴木稚子先生と一緒に、30代からは自己流の習慣を見直しましょう。

激務の通勤生活、今年で何年目? ふと気づけば、プライベートの暮らしは仕事に押しつぶされてぺちゃんこに。何のために頑張っているのかわからなくなることさえありますよね。「いつまでこんななんだろう」「働き方を変えたい」「でも方法が分からない」この連載では、そんな悩みや迷いをえいやっ!と乗り越えて、“ライフ”に“ワーク”をぐんと引き寄せてしまった彼女たちに話を伺います。

記事ランキング