TOKYO★ビューティー vol.2

眼の中にバ、バ、バター…? 眼球エステで白目がクリアに【体験レポ】

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク
眼の中にバ、バ、バター…? 眼球エステで白目がクリアに【体験レポ】

がんばって働いているご褒美に、たまにはビューティーサロンへ出かけたい。でも、実際にどんな施術をするの? 自分にはどんなサロンが合っているの?……と不安や、疑問も多いはず。

そこで美容ライターの小林久乃が体を張って、話題のスポットでその美ワザを体験。詳細をレポートします。

Vol.2 眼の中にバター? 眼球エステ

『ヴィナーヤ・アーユルヴェーダ』(東京・六本木)

今回受けたコース:あたま・ひとみ・すっきりプラン(40分/5000円)

美肌に★★☆☆☆
ダイエットに★★☆☆☆
疲れに★★★★★
コスパ面★★★☆☆ 
気持ちよさ★★★★★

こんな人にオススメ!:白目をきれいにしたい人、眼精疲労が溜まっている人

眼精疲労は末期状態でサロンへ……

ライターという職業柄、パソコンのブルーライトを浴びない日はありません。特に近年はスマホの普及によって、眼も1日中、フル稼働。みなさんの眼も疲労困憊だと思います。

というわけで今回は、疲労した目を癒すべく『眼球エステ』に行ってまいりました。

眼の中にバターってどういうこと?

IMG_0024s

お邪魔したのは『ヴィナーヤ・アーユルヴェーダ』さん。店名の通り、インドの伝統的医学を取り入れたサロンです。マンションの一室にある店内は、インテリアも音楽も部屋に漂う香りもインド風で、よい感じにエキゾチック。

担当してくださるのは萩島由紀子(はぎしま・ゆきこ)さん。アーユルヴェーダのエキスパートでありながら、助産師の資格もお持ちです。物腰穏やかな女性で、すでに癒されてきました。

hagishimas

まずは、今回受けるコースについて説明とカウンセリングを受けます。そもそも、眼球エステとはどんなものなのでしょうか?

「眼球の中に温めたタンパク質のない脂肪分のみのバターを入れて、眼を動かしていただきます。染みることもありませんし、毛細血管の血流が良くなるので白目もきれいになります」

眼の中にバター……(ゴクリ)。

「私、プールで眼を開けられないのですが……」

「大丈夫ですよ。そういう方でも受けていらっしゃいますから」

この慢性的な眼精疲労は本当に取りきれるんだろうか……。

脳内疲労がスコーンと抜けていく感覚

 
カウンセリングの後は早速施術です。施術着に着替えて、まずは頭をマッサージしてもらいつつ足湯に。その後、ベッドに仰向けになり、いよいよ「眼球エステ』へ。

眼の周りに小麦粉でできた、もんじゃ焼きでいう“土手”のようなものを置きます。その後眼を開けたまま、ゆっくりゆっくり温められたバターが注がれてきます。これ、実際の私。

thumb_IMG_0013_1024s/p>

「……あれ? 全然痛くもなんともない……」

そのまま萩島さんの優しい掛け声に合わせて、眼球を上下左右にクルクルと動かしていきます。ここでもバターが染みるという感覚はありません。なんだろう、眼にぼんやりと膜ができているような不思議な感覚です。

5分もしないうちに眼球エステは終了。

続いてコースの中の「耳オイル』へ。これは耳の穴にごま油を入れて疲労を取る施術です。すでに眼球にバターを入れてもダメージがないという自信をつけている私。5分ほどで心地よく終了しました。

その後、デコルテをオイルマッサージしてもらいます。骨に指が沿うような気持ちよい感覚です。驚いたのが、萩島さんに

「乳製品をよく取りますか? (乳製品が)あまり体に合っていないかもしれませんね、ひょっとしたらそれで疲れやすくなっているのかも。水分はたっぷり取ってほしいのですが」

と声をかけられたこと。触っただけで分かってしまうとはさすがです。実際にその後試しに毎朝飲んでいたヨーグルトをやめてみたら、疲れが軽減しました。

すべての施術を終えて、イルミネーションが輝く六本木の街へ出てまず感じたのはデコルテが軽い。いつも肩に力が入っていた感覚があったのですが、それがすっかり抜けていました。目まわりも軽くて、よく動く! 視力も悪いので目が疲れている状態はもう20年以上も続いていたのですが、ひさびさに軽さを感じました。

ちょっとわかりづらいのですが、充血も取れているではないですか! これがBEFORE。

thumb_IMG_0012_1024s

これがAFTER。見た目には白目の部分がクリアに。続けていけばもっと白くなるそうです。

IMG_0023s

眼球エステ自体は100年以上前からあるものだそうですが、時を超えて、眼を酷使する現代人にますます人気が高まりそうな予感。個人差はありますが、1〜2週間は心地よさをキープできます。眼に疲労を感じている人はぜひ試してみてください!

【店舗概要】
店舗名: ヴィナーヤ・アーユルヴェーダ
所在地: 東京都港区六本木6-8-21 六本木ハイム303号室
営業時間: 平日・土曜日 13:00~22:00(最終受付 20:00)日曜・祝日 11:00~18:00(最終受付 16:00)
定休日: 火・金曜日

(小林久乃)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

眼の中にバ、バ、バター…? 眼球エステで白目がクリアに【体験レポ】

関連する記事

編集部オススメ

多少の肌トラブルがあっても若さで乗り切れるのは20代まで。用賀ヒルサイドクリニック院長の鈴木稚子先生と一緒に、30代からは自己流の習慣を見直しましょう。

激務の通勤生活、今年で何年目? ふと気づけば、プライベートの暮らしは仕事に押しつぶされてぺちゃんこに。何のために頑張っているのかわからなくなることさえありますよね。「いつまでこんななんだろう」「働き方を変えたい」「でも方法が分からない」この連載では、そんな悩みや迷いをえいやっ!と乗り越えて、“ライフ”に“ワーク”をぐんと引き寄せてしまった彼女たちに話を伺います。

記事ランキング