「ていねいに暮らしたいけど、ムリ!」そんな時は「酢重ダイニング」で和を感じて

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク
「ていねいに暮らしたいけど、ムリ!」そんな時は「酢重ダイニング」で和を感じて

慌ただしい毎日。本当はもっと丁寧な暮らしがしたいのに……そんな時、自分を取り戻すのにおすすめな、気軽に立ち寄れて、和を感じることのできる「旨酒・料理 酢重ダイニング」をご紹介します。

信州発のほっとする和食

渋谷ヒカリエにある「酢重ダイニング」。軽井沢を拠点に、昔ながらの製法で作られる味噌や醤油を販売する「酢重正之商店」が展開しています。昼は定食屋、夜は日本酒やワインとともに和食が楽しめるダイニングとして、一人でも友人とでも気兼ねなく入ることができます。定食は1000円台のメニューが豊富で、ランチタイムはごはんとお味噌汁がおかわり自由!

「旨酒・料理 酢重ダイニング 渋谷ヒカリエ」

「旨酒・料理 酢重ダイニング 渋谷ヒカリエ」

バーとしても楽しめ、日本酒やワインの品揃えも豊富

バーとしても楽しめ、日本酒やワインの品揃えも豊富

渋谷ヒカリエ6階のコーナーに位置しているので、渋谷が一望できる明るい窓も開放的。充実した数のスタッフがオープンキッチンできびきびと働く姿も気持ちがいい。おなかに優しく、丁寧に作られた、でも、気取りすぎない和食に向き合っていると、しみじみゆったりとできます。

sujuu3

酢重ダイニングは、渋谷ヒカリエのほか、新丸の内ビルや東京ミッドタウンでも展開しています。4月には、名古屋駅直結で新しくできる予定の商業施設「JRゲートタワー」内にもオープン予定! 東海では、初出店なので、乞うご期待。

旨酒・料理 酢重ダイニング 渋谷ヒカリエ(東京・渋谷ヒカリエ 6階)
営業時間:11:00-23:00(1月1日、ビル休館日)
※東京では、渋谷のほかに、丸の内や六本木にもダイニングあり

味噌蔵が原点の「酢重正之商店」

そんな酢重ダイニングを展開するのは、信州の味噌蔵から始まった老舗です。約200年の長い歴史を経て、2005年より「酢重正之」の屋号で新たな歴史をスタートさせました。軽井沢を拠点にして、昔ながらの製法で作られる味噌や醤油を柱に、現代の食卓を彩る調味料の数々を提案しています。それらの販売をはじめ、各地で展開する和食ダイニングで、シンプルで飽きのこない料理を提供しています。

旧軽井沢ロータリーにある酢重正之商店。丁寧につくられた味噌や醤油などの伝統的な発酵調味料や漬物、調味料などが並ぶ

旧軽井沢ロータリーにある酢重正之商店。丁寧につくられた味噌や醤油などの伝統的な発酵調味料や漬物、調味料などが並ぶ

軽井沢では、調味料の販売のほかに、レストランを展開。和の伝統を守りながら、モダンにしつらえたインテリアで、老若男女に人気です。そして、酢重が提案するのは、食文化にとどまらず、アートのある暮らしにも及びます。商店の2階ではギャラリーを、そして、商店のとなりでは、日本に限らず世界各地から集めた生活品やインテリアなどのセレクトショップを運営しています。

「酢重正之商店」(左)、「酢重ギャラリー ダークアイズ」(右)

「酢重正之商店」(左)、「酢重ギャラリー ダークアイズ」(右)

商店2階の「酢重ギャラリー」

商店2階の「酢重ギャラリー」

ギャラリーでは、生活の中にあるアートをコンセプトに、新緑の季節から秋までの期間、信州在住の若手作家をはじめ、酢重が厳選したアーティストの個展を開催しています(冬期は休館)。

商店となりの「酢重ギャラリー ダークアイズ」

商店となりの「酢重ギャラリー ダークアイズ」

「酢重ギャラリー ダークアイズ」は、暮らしを彩る品々を世界中から集め、販売するセレクトショップ。日本各地の窯元から選りすぐった器や、ナチュラルな北欧やアジアのインテリア、遊び心あふれる日用品……どれもこれもほしくなってしまいます。

信州の地酒も豊富に揃う「レストラン酢重正之 軽井沢」も。

信州の地酒も豊富に揃う「レストラン酢重正之 軽井沢」も。

首都圏から日帰りレジャーも可能な軽井沢。「酢重正之商店」のある旧軽井沢エリアは、老舗のお土産物屋さんに加え、近年ではおしゃれなセレクトショップやカフェなども充実。軽井沢駅前のアウトレットでの買い物と合わせて、一日遊びに出かけてみてはいかがでしょうか。きれいな空気と広い空で、気分もリフレッシュできますよ。

酢重正之商店
酢重正之レストラン 軽井沢 
アクセス:いずれも 北陸新幹線 軽井沢駅 徒歩20分

(はな)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

「ていねいに暮らしたいけど、ムリ!」そんな時は「酢重ダイニング」で和を感じて

関連する記事

編集部オススメ

多少の肌トラブルがあっても若さで乗り切れるのは20代まで。用賀ヒルサイドクリニック院長の鈴木稚子先生と一緒に、30代からは自己流の習慣を見直しましょう。

激務の通勤生活、今年で何年目? ふと気づけば、プライベートの暮らしは仕事に押しつぶされてぺちゃんこに。何のために頑張っているのかわからなくなることさえありますよね。「いつまでこんななんだろう」「働き方を変えたい」「でも方法が分からない」この連載では、そんな悩みや迷いをえいやっ!と乗り越えて、“ライフ”に“ワーク”をぐんと引き寄せてしまった彼女たちに話を伺います。

記事ランキング