川原好恵のランジェリーコラムVol.6

新年に向けて…気分が上がる! 赤ランジェリーコレクション4選

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
新年に向けて…気分が上がる! 赤ランジェリーコレクション4選

「オトナ女子のためのお正月特集」
の連載一覧を見る >>

ランジェリーショップで美しくディスプレイされた赤の下着、日本でもクリスマスの風物詩となりましたね。赤のランジェリーがセクシーでロマンチックなのはもちろんですが、赤という色を身につけると、パワーが得られてポジティブになれる気がします。海外でも赤は“幸運の色”“おめでたい色”とされることが多く、イタリアでは、新年に赤い下着を身につけると幸せを呼び寄せるという言い伝えもあるそうです。

下着メーカーのワコールは、そんな赤のパワーを通じて「世の中にもっと幸せを届けていきたい」との思いを込めて「レッドファッショニスタアワード2016」を企画。タレントのIMALUさんら「2016年に活躍し、2017年にさらなる飛躍が期待される方々」を“赤い下着”で表彰しました。

会場全体の雰囲気がすごく華やいでいつにも増して活気あふれる感じ。これが“赤のパワー”なのだと、あらためて感じた次第です。そんなパワーを取り入れる、赤ランジェリーをピックアップしました。

下着のオシャレを存分に楽しめるフルセット

アンフィ 3/4カップブラ 4200円、ウエストニッパー 3900円、ガーターベルト 3800円、ソング2300円、スリップ6600円/ワコール

a23597s

BYL332EN_ITMs

GYL332EN_ITM_M1s

GYL132EN_ITM_M1s

PYL632EN_ITMs

「せっかくだから、フルコーディネイトで」という方におすすめなのが、このコレクション。ブラ、ショーツ、ガーターベルト、ウエストニッパー、スリップが揃います。ウエストニッパーはなじみがないかもしれませんが、キュッとウエストのしまったメリハリボディを作りたいときの強い味方。赤だったら、オシャレなコルセットのようでキュートに着こなせます。

ドレスをまとったように華やぐランジェリー

ピーチ・ジョン スパークリングブラ 3480円、スパークリングパンティ1480円/ピーチ・ジョン

スパークリングブラs

スパークリングパンティs

ブラカップの表面に、キラキラと輝くラインストーンをあしらっていることから“スパークリング”と名付けられたブラ。うっすらと透けるチュールのホルターネックとチュチュのようなフリルは、下着の枠を超え、まるでドレスのようです。

特許取得の優秀機能を備えた才色兼備なブラ

シュット!インティメイツ シアーシュット!ブラ5300円、Gストリングショーツ2500円/チャコット

C131_models

C131_BRAsss

C131_G-STRING SHORTSss

C131_butsus

カップの外側からストラップにかけて、飾りのようについているチュール。実は、これが優れモノでサイドからバストをしっかりとプッシュアップ。なんと特許も取得している、このブランドならではの優秀機能なのです。ちょっと明るめの赤も、肌映えしてキレイです。

艶めくサテン&ドットがモードな“大人の赤”

エッセンス バイ トリンプ ブラジャー11000円〜、ショーツ5000円、キャミソール13000円、フレンチパンティ 8000円/トリンプ・インターナショナル・ジャパン

t27-3251_ES305 WHU_p9s

t75-8596_ES305 PT_p9s

n83-1770_ES305 CAMI_p9s

ttorinpis

ストレッチサテンジャカードの生地にドットが描かれた、ローズピンクのセット。胸元や裾には、光や動きに合わせて模様が浮かび上がるような特殊なレースが使われています。キャミソール&フレンチパンティのセットは、服の下にもう1枚ドレスをまとっているような華やかさです。

赤の下着って大胆な気がしますが、実は意外に透けにくいという機能的な一面もあり、ホリデーシーズンだけでなく年間通して活躍します。まだ、1枚も持っていないという方、ぜひ新しい年に向けて赤ランジェリーのご用意を!

この連載をもっと見る

オトナ女子のためのお正月特集

働き詰めのアラサー女子も、お正月くらい、ゆっくりしたいものですよね。普段の仕事の疲れを癒やして、ちょっと特別なお正月を過ごしてみてはいかがでしょうか? 2017年もいい年にしましょう! 

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

新年に向けて…気分が上がる! 赤ランジェリーコレクション4選

関連する記事

編集部オススメ

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

脱サラした自営業者のウートピ編集長・鈴木円香と、社畜プロデューサー海野Pのふたりが、時にはケンカも辞さず本気で持続可能なワークスタイルを模索する連載です。

記事ランキング
「美女と野獣」
公開記念特別企画
その、呪われたドレスを、脱ごう。