女性客のリアルな声を反映! マツモトキヨシの新シリーズ「BLANC WHITE」が誕生

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
女性客のリアルな声を反映! マツモトキヨシの新シリーズ「BLANC WHITE」が誕生

ドラッグストア「マツモトキヨシ」から新しい美白ケアブランド「BLANC WHITE(ブランホワイト)」が誕生することが、このほど東京都内で行われたイベントで発表されました。コンセプトは、「体感する初めての美白シリーズ」。その実力を体験するべく、新ブランド発表会に行ってきました。

top

女性客のリアルな声をすくい上げて開発

「BLANC WHITE」シリーズは、女性客の悩みから誕生したシリーズ。マツモトキヨシの店頭に立つビューティースタッフが、実際に接した女性客のリアルな意見を吸い上げ、開発しました。

「美白ケアをすることで、シミやソバカスが目立ってしまった」という経験はないでしょうか。その原因は、美白ケアによって生まれてしまう肌の明度差にあります。シミ・ソバカス部分は、そうでない部分と比べてお肌のターンオーバーが遅いため、せっかくの美白効果も部分によって差が生まれてしまいます。その結果、シミやソバカスがより際立ってしまうことにも。

「BLANC WHITE」は、透明感をサポートする成分「アルニカエキス」を配合し、さらにシミ・ソバカスの元となるメラニンの生成を抑制する美白有効成分「アルブチン」を加えているので、より透明感のある美白効果を肌全体で実感できそう。

また、美白化粧品の悩みの種である乾燥対策にも力を入れており、保湿もバッチリです。

さっそくタッチアップに参加!

1.薬用 美白ふきとり化粧水の「クリアローション」で、角質をやさしく拭き取ります。古くなった角質は洗顔だけでは落としきれずにお肌に溜まり、くすみや毛穴トラブルの原因となってしまうだけでなく、せっかくの美白成分の浸透も妨げてしまいます。

古い角質を拭き取った肌(奥)と、古い角質を拭き取っていない肌(手前)の状態を角質チェックシートで比較

古い角質を拭き取った肌(奥)と、古い角質を拭き取っていない肌(手前)の状態を角質チェックシートで比較

シートに白く付着しているのが古い角質です。さっぱりしたつけ心地のクリアローションをコットンに浸し、さっと拭き取るだけで、古い角質が取れているのが一目瞭然。次の美白ケアにも期待が高まります!

2.美白化粧水「ホワイトニングローション リッチモイスト」を肌に馴染ませます。古い角質を取った肌は、化粧水をグングン吸収していくのを実感。手のひらの吸いつきもよく、乾燥でザラザラしていた肌がしっとりした手触りになりました。

同量の化粧水を垂らして比較。古い角質のない肌(右)は、化粧水が目に見えて浸透しています

同量の化粧水を垂らして比較。古い角質のない肌(右)は、化粧水が目に見えて浸透しています

3.美白美容液の「ホワイトニングエッセンス」

4.美白乳液の「ホワイトニングミルク」
つけた後のモチモチとした保湿感が長く持続します。ベタつきはないので、夜だけでなく、朝のメイク前にもしっかりとケアできますね。

ケアした肌(右)と、なにもしていない肌(左)の明度差に驚き

ケアした肌(右)と、なにもしていない肌(左)の明度差に驚き

4ステップを終えてみると、肌の明るさにはっきりとしたちがいが現れました!
この透明感は、肌に生き生きとした印象を与えてくれそう。これなら、満足のいく美白ケアが期待できそうな予感。これは、ぜひ続けて効果を実感してみたいなと思いました。

「BLANC WHITE」のラインナップは全7種類。デイリーなケアから、特別な集中ケアにも使えるアイテムがそろっています。

「ブランホワイト」は、2017年2月10日から全国のマツモトキヨシ、マツモトキヨシグループにて発売予定。1月には商品の予約が始まるので、要チェックです。

「BLANC WHITE」商品情報

・クリアローション(美白拭き取り化粧水)160ml 2,700円
・ホワイトニングローション モイスト(美白化粧水/しっとり)160ml 3,000円
・ホワイトニングローション リッチモイスト(美白化粧水/とてもしっとり)160ml 3,000円
・ホワイトニングミルク(美白乳液)125ml 3,000円
・ホワイトニング エッセンス(美白美容液)50ml 5,000円
・ホワイトニングデイミルクUV(美白UV乳液)30ml 2,700円
・ホワイトニングマスク(美白マスク)21ml 500円

(泉井まい)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

女性客のリアルな声を反映! マツモトキヨシの新シリーズ「BLANC WHITE」が誕生

関連する記事

編集部オススメ

多少の肌トラブルがあっても若さで乗り切れるのは20代まで。用賀ヒルサイドクリニック院長の鈴木稚子先生と一緒に、30代からは自己流の習慣を見直しましょう。

激務の通勤生活、今年で何年目? ふと気づけば、プライベートの暮らしは仕事に押しつぶされてぺちゃんこに。何のために頑張っているのかわからなくなることさえありますよね。「いつまでこんななんだろう」「働き方を変えたい」「でも方法が分からない」この連載では、そんな悩みや迷いをえいやっ!と乗り越えて、“ライフ”に“ワーク”をぐんと引き寄せてしまった彼女たちに話を伺います。

記事ランキング