「10年後の私、何してる?」 日記より気軽に始められる「10年メモ」って?

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク
「10年後の私、何してる?」 日記より気軽に始められる「10年メモ」って?

テレビをつければ、「あれ、もう一週間経ったのか!」と、レギュラー番組を見て驚く。「この一週間、私、何してたんだろう?」。そんな毎日の繰り返しだけど、本当はきっと、毎日新しい気づきや出会いがあったはず。日記なんてとても無理だけど、一言メモなら続けられるかも。

空欄も一つの記録。自分のペースで「10年メモ」

雑誌「nu」を刊行し、書籍を中心としたグラフィックデザインを手がけるnu(エヌユー)。2012年から毎年発行している「10年メモ」が大人気です。これからの10年間の毎日の記録を書き留めることができる、辞書のような分厚いメモ帳です。

「10年メモ 2017年版」(プレーン)※2017年新色

「10年メモ 2017年版」(プレーン)※2017年新色

「10年メモ」は、日記や備忘録など、用途を問わずに使えます。未来の自分や、家族への手紙……などなど、何者でもないけど毎日精一杯生きている私のちょっとした記録。書くことが何もない日だって、もちろん自分の記録の一部です。

レッド

レッド

左ページには1日のメモ欄が10年分並びます。右ページまで書き込んでもいいし、to doなどを書き込んで実用的に使うのもいいですね。スペースに書き込めるのは、約50文字ほどです。

top1

1年目は”ガマンの年”?

「10年メモ」がより楽しくなるのは、2年目から。前年との比較を楽しむのが「10年メモ」の醍醐味です。子どもが生まれた年から始めた人は、育児日記として活用している人も。子どもの毎年の成長に、夫婦で改めて驚きと喜びを感じるようです。

ネイビー

ネイビー

蓮沼執太さんも愛用しているそう

その日にあった出来事を書く人もいれば、ある人は、毎日食べたものをひたすらメモ。自分の体は、「自分が食べたものでできている」と実感できるかも。ミュージシャンの蓮沼執太さんも愛用者(蓮沼執太さんの使い方)。彼は、その日に会った人たちの名前を書き込んでいるそうです。毎日たくさんの人に会う職業の人は、こんな使い方も楽しめそうですね。

グリーン

グリーン

2017年版からは、記念日などをメモできる年間リストページも新設されました。友だちの誕生日はもとより、なかなか覚えられない上にもはや聞けない”友だちの子どもの誕生日”も、生まれた時にメモすれば、友だち付き合いも安泰です!

「10年メモ」は、4月始まり。今から手に入れて、どんな使い方なら楽しく10年付き合えそうか考えてみましょう。”糸かがり製本”なので、らくらく180度開いて書きやすく、とても丈夫でしっかり10年を一緒に過ごしてくれます。記録が積み重なるほど、愛しい存在になること間違いなし!

10年メモ 2017年版(nu) 公式サイト
3000円(税抜) 全816p/10年日記/B6判変型
全5色展開(プレーン、ブラック、ネイビー、レッド、グリーン)
上記オンラインのほか、蔦屋家電やCINRA.NETでも取り扱い。詳しくは、ショップリストを。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

「10年後の私、何してる?」 日記より気軽に始められる「10年メモ」って?

関連する記事

編集部オススメ

多少の肌トラブルがあっても若さで乗り切れるのは20代まで。用賀ヒルサイドクリニック院長の鈴木稚子先生と一緒に、30代からは自己流の習慣を見直しましょう。

激務の通勤生活、今年で何年目? ふと気づけば、プライベートの暮らしは仕事に押しつぶされてぺちゃんこに。何のために頑張っているのかわからなくなることさえありますよね。「いつまでこんななんだろう」「働き方を変えたい」「でも方法が分からない」この連載では、そんな悩みや迷いをえいやっ!と乗り越えて、“ライフ”に“ワーク”をぐんと引き寄せてしまった彼女たちに話を伺います。

記事ランキング