「しなやかな人」ってどんな人ですか? 第一回目杉本彩さん

杉本彩「しなやかに生きることは、成熟していくこと」虚像の幸せより大切なもの

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
杉本彩「しなやかに生きることは、成熟していくこと」虚像の幸せより大切なもの

ウートピのコンセプト「しなやかに、生きる」。柔らかくて、優しくて、でもしっかりとした芯を持っている……そんな女性像を掲げてきました。

だけど「しなやか」と聞いて思い浮かべるイメージは人それぞれ。そこで、さまざまな業界で活躍するみなさまに「しなやか」について伺いました。

あなたの想う「しなやかな人」ってどんな人ですか? 第一回目は「杉本彩『愛情を捧げた人は、素敵な愛を感じられるはず』猫に教えられた大切なこと」に登場していただいた、女優の杉本彩さんです。

トップ

「しなやかさ」は“余裕のキャパシティ”から生まれる

凛とした美しさのある杉本彩さんを前にすると、「強さ」と「しなやかさ」は共存するという確信にも似た思いが沸きます。大人の女性である杉本さんから、しなやかに生きたいと願う女性にメッセージをいただきました。

「私の考える「しなやかな人」とは、柔軟な心を持った人です。

何事も「こうやっておけば絶対にうまくいく」なんて法則はありません。関係性で異なる状況を敏感に感じ取って、受け入れていく。それが、しなやかに生きることの大切な能力だと思います。

「しなやかさ」は生きていくうえでとても大切なものです。人間関係を潤滑にしていくためには、しなやかさが重要になってくるでしょう。発信ばかりしていくのではなく、何かを受け入れていくという“余裕”ですよね。
年を重ねていくとともに、余裕のキャパシティをどんどん広げていかなければいけません。それが成熟するということであって、また「しなやかさ」には成熟が必要です。

そして何よりも大切なのは、何かに愛を注ぐ、情熱を傾けるということ。自分の人生を豊かにするために絶対的に欠けてはいけないものです。
自分の心の中の……それよりもっと深くにある“魂”の部分まで満たされるような、心の豊かさを意識ながら生きていくことが大切ではないでしょうか。

そうすると、見るものや選ぶもの、求めるものが自然と変わってきます。物質的な豊かさは虚像の幸せに過ぎません。本当に魂から喜びを感じられるような喜びを求めることが、「しなやかさ」に繋がるはずです」

aya03_6

「公益財団法人動物環境・福祉協会 Eva」

(望月ふみ)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

杉本彩「しなやかに生きることは、成熟していくこと」虚像の幸せより大切なもの

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング