液体タイプの「ココナッツオイル」は栄養ドリンクより効く【大人女子のオイル習慣】

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
液体タイプの「ココナッツオイル」は栄養ドリンクより効く【大人女子のオイル習慣】

十分に睡眠をとったのに、朝起きてもなんだか疲れがとれない……。そんなところから年齢による衰えを感じ始める人は多いはず。

オイルソムリエのAki(あき)さんいわく、「疲れを感じやすくなるのは免疫力の低下が原因。オイルで改善しましょう」とのこと。バリバリ働きたい人に飲んでほしい、栄養剤よりも効くオイルを教えてもらいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

固体よりも元気になる液体オイル

–ダイエットや脳の老化防止に効くことで有名なココナッツオイルですが、疲れやすい人を元気にしてくれる効果もあるのだとか。

Akiさん(以後、Aki):ダイエットやアルツハイマー病の予防で注目を集めていますが、実はココナッツオイルは踏ん張る力や馬力が出るオイルとも呼ばれているんですよ。

なぜかというと、ココナッツオイルには母乳と同じ成分が含まれているから。母乳で育てられた人は免疫力が高いと言われるように、ココナッツオイルを摂取することで免疫力がアップするんです。

oli04_00_216984226

oil04_photo2

–風邪をひきやすい、これからの季節に最適ですね。

Aki:風邪の予防はもちろん、継続して摂取することで疲れにくいカラダに改善してくれます。その上、すぐにエネルギーに変わるし、カラダに蓄積されない。代謝効率がとてもいいことから「ダイエットオイル」として広まりました。

–今回ご紹介いただいたのは、よく目にする白く固まったココナッツオイルではなく、液体状のオイルですが、何か違いはあるんですか?

Aki:ココナッツオイルの最大の特長である代謝効率の高さは、「中鎖脂肪酸」と呼ばれる脂肪酸の働きによるもの。固体のココナッツオイルには、60%前後の中鎖脂肪酸が含まれていますが、液体のオイルは何と93%。

つまり、ココナッツオイルの優れた点をより凝縮したのがリキッドタイプなんです。「えい!」とすぐにエネルギーになってくれるので、とにかく早く元気になりたい人には液体のココナッツオイルがオススメです。

活動前の摂取が効果的

–固体よりも摂取方法に幅が出ますね。

Aki:そうなんです。固体だと少し温めないと溶けませんが、リキッドタイプなら冷たい飲みもの、例えば野菜ジュースなどに加えることもできます。特に夏場は重宝しそうですよね。

–飲むタイミングはありますか?

Aki:先ほどもお話したように、すぐにエネルギーになってくれるので、「これから活動するぞ!」という前に飲むと効果てきめんです。私は毎朝起きてすぐに白湯に入れて飲んでいますが、20代、30代の頃より今が一番元気です。みそ汁に加えるとコクが出て、美味しさも増すのでぜひ試してみてください。

Akiさんのオススメレシピは「ココナッツオイル×みそ汁」

[材料]
みそ汁……お椀1杯
ココナッツオイル……小さじ1

oil04_photo3

oil04_photo4

取材協力:一般社団法人 日本オイル美容協会

(塚本佳子)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

液体タイプの「ココナッツオイル」は栄養ドリンクより効く【大人女子のオイル習慣】

関連する記事

編集部オススメ

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

脱サラした自営業者のウートピ編集長・鈴木円香と、社畜プロデューサー海野Pのふたりが、時にはケンカも辞さず本気で持続可能なワークスタイルを模索する連載です。

記事ランキング
「美女と野獣」
公開記念特別企画
その、呪われたドレスを、脱ごう。