蒼井優・インタビュー

蒼井優「女は、制服を脱いだ瞬間から“散り散り”になる」30才から開けた道に感動

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク
蒼井優「女は、制服を脱いだ瞬間から“散り散り”になる」30才から開けた道に感動

蒼井優さん主演の映画『アズミ・ハルコは行方不明』が公開中です。山内マリコさんの原作小説を映画『アフロ田中』『男子高校生の日常』の松居大悟監督が映画化。アラサー、ハタチ、女子高生の3世代にわたる現代女子の人生が行き交う本作で、地方都市に住み、あるとき突然、失踪する27歳独身会社員の安曇春子を演じた蒼井さん。

会社ではイヤな上司たちのセクハラ発言に、おかしいと感じながらも何も言えない春子。また恋愛では、同級生に再会して関係を持つも、彼氏彼女とも言い切れない間柄を続けてしまう。もんもんとした日々を送る春子に「共鳴した」という蒼井さんに“30歳を過ぎた今”を語っていただきました。

「どんどん歳をとれ」と背中を押された

4-(3)-min (1)

――演じた主人公の春子像に共感したところは?

蒼井優さん(以下、蒼井):すごく共感……というか「共鳴」しました。『アズミ・ハルコ〜』を観た友達も「自分の中に春子がいる」って言うんです。春子のように、ダサい、うじうじした、だけど何かを諦めきれない自分というのがいる、と。私も同じです。

演じるという行為には、客観性も大切です。でも、春子は本当に日常の延長でした。自分のなかの春子を引っ張り出して、カメラの前に置いたような感覚です。

――蒼井さんが30歳になって初めての作品だとお聞きしました。変化はありましたか?

蒼井:恥ずかしいからどのシーンかは秘密ですけど、自分でも観たことがない表情をしている場面があったんです。あれはきっと、30歳を超えたからこそ出せた表情。「どんどん歳を取れ」と背中を押されたように感じました。

――春子の職場の場面では、社長たちが、先輩社員さんがいないとき「安曇さんも、あぁならないようにね」と言い、「彼氏はいるの?」と聞く。また新入社員の面接へ向けては「男の子はダメだよ。お給料をちゃんと支払わなきゃいけないから」といった趣旨の、完全にセクハラと思える会話が登場します。

12-min (1)

蒼井:ああした出来事は原作者の山内(マリコ)さんのお友達に、実際起きた話らしいんです。私は、あそこまではっきりと何かを言われたことがないし、言われないように気をつけてるところもありますね。

やっぱりまだまだ男社会。今回は女性スタッフが多かったですけど、映画の現場は力仕事も多いせいか、スタッフさんは男性が多いんです。キャストも男性中心の作品が多いと思います。そこで女性も男性と張り合いながら、「共同体」にならないといけません。

そのせいか、女優さんにはサバサバしていていわゆる「男っぽい」人が多いんですよ。それはひとつの防衛線を張っているということでもあるのかな、と。

――もし、実際にセクハラのような会話をぶつけられたら、どう対処しますか?

蒼井:世の中には、いますよね。なんでわざわざ言うのかなって人。「こんな人でもきっと、お父さんやお母さんに愛されて育ってきたんだ……」と思うことにします(笑)。人って怒りも6秒くらい我慢すると、収まるらしいんです。彼のお父さんやお母さんを6秒間、想像するうちに、怒らずに済むかもしれません。

30歳をすぎてから、一気に楽しくなった

(C)2016「アズミ・ハルコは行方不明」製作委員会

(C)2016「アズミ・ハルコは行方不明」製作委員会

――27才の春子は突然失踪しますが、蒼井さんは失踪したいと思うことはありますか?

蒼井:失踪したくないですね。30歳をすぎてから一気に道が開けた感じがして、楽しくて。

――30歳になって、具体的に何が変わったのでしょう。

蒼井:確実に「仲間」が増えました。10代の頃は学園ものに出るから、同級生と……たとえば宮崎あおいちゃんたちと、一緒に仕事ができていたんです。でも制服を脱いだ瞬間から散り散りになるんですよね。特に女性キャストは。それから、あまり同世代の人とお仕事する機会がなくて、とぼとぼ一人で歩いていたんです。

そうしているうちに28歳、29歳くらいになって、満島ひかりちゃんや松田翔太くん、『オーバー・フェンス』で共演した松澤巧匠くんや、今回の松居監督と枝見(洋子)プロデューサーとか…また同じ年の人と仕事をする機会が増えたんです。

とぼとぼ自分だけで歩いていると思っていたら、横にちゃんと同じ年の人たちがいた。そのことに、とても感動したんです。同い年ってこんなに心強いんだって。だから今は失踪したくないですね(笑)。

●蒼井 優さんが出演する『アズミ・ハルコは行方不明』は新宿武蔵野館ほかで公開中。

(望月ふみ)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

蒼井優「女は、制服を脱いだ瞬間から“散り散り”になる」30才から開けた道に感動

関連する記事

編集部オススメ

多少の肌トラブルがあっても若さで乗り切れるのは20代まで。用賀ヒルサイドクリニック院長の鈴木稚子先生と一緒に、30代からは自己流の習慣を見直しましょう。

激務の通勤生活、今年で何年目? ふと気づけば、プライベートの暮らしは仕事に押しつぶされてぺちゃんこに。何のために頑張っているのかわからなくなることさえありますよね。「いつまでこんななんだろう」「働き方を変えたい」「でも方法が分からない」この連載では、そんな悩みや迷いをえいやっ!と乗り越えて、“ライフ”に“ワーク”をぐんと引き寄せてしまった彼女たちに話を伺います。

記事ランキング