「シェリー」はパーティ料理と相性ぴったり! シチュエーション別おすすめシェリー

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
「シェリー」はパーティ料理と相性ぴったり! シチュエーション別おすすめシェリー

「クリスマス特集 2016」
の連載一覧を見る >>

いよいよ、クリスマスシーズンも本番。親しい仲間と、ホームパーティーを企画している人も多いのでは? クリスマスパーティーで飲む定番といえば、シャンパン、ワインですが、今年のクリスマスは「シェリー」を加えてみてはいかがでしょう。

シェリーの魅力をお伝えした前回に続き、今回は、シェリーの種類と、シチュエーションに合わせた飲み方をお伝えします。

sherry02_2_1

気分に合わせて飲み分けたい、シェリーのバリエーション

スペインのアンダルシア南西部ヘレス地域で生まれ、特別な自然条件の下、独特の製法でできあがるワインが「シェリー」です。使用されるブドウ品種、醸造方法、熟成方法によって、異なったタイプのワインになります。

日本ではシェリーというと、淡い金色のドライなフィノタイプがポピュラーで、その一種類しかないと思われがちです。実は、シェリーの種類は10種類以上。産地にはワイナリー、そしてラベルの数もたくさんあるのです。

タイプは、辛口から甘口、極甘口まであり、色・香り・味わい・料理の合わせ方もバラエティに富んでいます。食前酒として知られるシェリーですが、食事中にも、食後にもそれぞれ合うものがあります。

では、日本でも手に入れやすい、代表的な4種類をご紹介しましょう。

左から、フィノ、マンサニーリャ、オロロソ。いずれも辛口タイプ

左から、フィノ、マンサニーリャ、オロロソ。いずれも辛口タイプ

「フィノ」辛口

sherry02_2_Fino

輝きのある、黄色から淡い金色をしたワインです。アーモンドや焼く前のパン生地、野の草を思わせるような香りが感じられます。塩味でシンプルに調理した前菜や、マイルドなチーズによく合います。

口当たりが軽く、ごく辛口なので、和食との相性は抜群。焼鳥やおでん、家庭のお惣菜にもOK。フィノは、日本では一番ポピュラーなタイプ。レストランやホテルのバーには必ず一本は置いてあります。日本酒や辛口の白ワインが好きなら、ぜひこのタイプからトライしてみて。

「マンサニーリャ」辛口

sherry02_2_Manzanilla

麦わらのような淡い黄色のワインです。シャープでデリケートな香りのなかに、カモミールのような花の香りや、アーモンドを思わせる香りがあります。辛口で、フレッシュな風味は、海沿いの産地の気候がもたらしたもの。

合わせる料理も、魚介系が抜群です。エビ、蟹、貝類、白身魚などをシンプルに調理したもの。家庭の焼き魚や、お刺身、天ぷらにも合います。

「オロロソ」辛口

sherry02_2_Oloroso

琥珀色からマホガニー色をしたワインです。木やクルミのようなニュアンスのある温かくまろやかな香り。うまみのある、骨格のしっかりしたワインです。

このオロロソには、赤身肉、しっかりした味の煮込み、熟成タイプのチーズとよく合います。また、紹興酒のような深みがあるので、中華料理や、エスニックとも好相性。食後にチョコレートなどとゆっくり味わうのにも向いています。

「クリーム」甘口

sherry02_2_Cream

栗色から濃いマホガニー色で、とろりと濃度の高いワインです。はっきりしたオロロソの特徴があり、ナッツが持つ甘さや、トースト、カラメルのような香りと混じり合っています。

ビロードのような口当たりの、バランスの良い甘さが魅力です。クリームは、食後にそのままデザート替わりに楽しんでみてください。また、スイーツや和菓子、果物に合わせても美味しくいただけます。

辛口と甘口をそれぞれ用意しておけば、食前酒、食事中、食後にと、じっくりシェリーを楽しむことができます。

さらに、氷を入れたり、ジュースやリキュールを加えてカクテルにしたり、自由にアレンジしてもおいしく飲めるのが、シェリーの良さ。

ぜひ、飲み比べて、好みの飲み方を発見してみてください。

取材協力:シェリー委員会
撮影協力:バル・ペピート

(山野井春絵)

この連載をもっと見る

クリスマス特集 2016

20代の頃のようにイベントとしてクリスマスを楽しむのもよいけれど、大人になった今だからこそ、自分の時間を大切にしながら落ち着いたクリスマスを過ごしたい。そんな大人の女性に向けて、しなやかなクリスマスの過ごし方を提案します。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

「シェリー」はパーティ料理と相性ぴったり! シチュエーション別おすすめシェリー

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング