クリスマスは「シェリー」で乾杯! 鍋にもコンビニ食材にも合う不思議なお酒

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
クリスマスは「シェリー」で乾杯! 鍋にもコンビニ食材にも合う不思議なお酒

「クリスマス特集 2016」
の連載一覧を見る >>

いよいよ、クリスマスシーズンも本番。親しい仲間と、ホームパーティーを企画している人も多いのでは? クリスマスパーティーで飲む定番といえば、シャンパン、ワインですが、今年のクリスマスは「シェリー」を加えてみてはいかがでしょう。

あまり知られていませんが、シェリーは、白ワインの一種。料理との相性も幅広く、パーティーはもちろん、リラックスタイムの一杯にも最適です。シェリーの魅力を、シェリー委員会日本代表の明比淑子さんが教えてくれました。

ワイン好きなら、きっとシェリーを好きになる

シェリー酒

実は「シェリー」を飲んだことがない、という人も多いでしょう。

スペイン原産のシェリーは、白ぶどうのみで造られるワインの一種、『酒精強化ワイン』。ワインにアルコールを加えて樽熟したものです。アルコール度数は15%ほどとワインや日本酒に近く、ヨーロッパではとても気軽なお酒として知られています。

「お酒に強い男性や、お年寄りが飲むものと思われがちですが、実はウートピ世代の女性にこそおすすめしたいアイテムなんです。

そしてシェリーは、辛口から極甘口まで味わいもさまざま。ドライな白ワイン好きにも、ふくよかな甘口ワイン好きにも、きっと気に入るタイプが見つかるはずですよ」(明比淑子さん・以下同)

一人暮らしの女性には「フレッシュな辛口」が便利

では、それぞれどんなシチュエーションにオススメなのでしょうか?

「一人暮らしの女性にオススメしたいのはフレッシュな辛口タイプ。和食にも合うので、コンビニのお弁当にも寄り添ってくれます。いつもコンビニのビールで喉を潤す人も、シェリーに変えるだけで食卓がちょっぴりオシャレになるでしょう? 

シェリーをオススメしたいもう一つの理由は、一度封を開けても長持ちするところ。栓をして冷暗所に保管しておけば、2週間は美味しく飲めます。一人で少しずつ飲んでも楽しめるんです」

では、これからのクリスマスシーズン、大勢のパーティーにぴったりなのは?

「クリスマスシーズンのヨーロッパやアメリカでは、甘口のシェリーがよく売れます。暖炉の前で、甘口の芳醇なシェリーを飲みながら、家族や友達と過ごすのが主流です。

大勢の友人と集まるなら、辛口から甘口まで、何タイプか用意して、飲み比べるのはいかがでしょう。辛口は鍋にも合いますし、前菜からメインディッシュ、デザートまで……シェリーはたくさんの種類があるのでどんなお料理にも合うものが見つかるはずです」

ちょっと強いかなと思ったら、氷をひとかけ入れてもOKです。

もともとワインが大好きだったという明比さん。知るほどに、“シェリーの自由さ”の虜になったのだそう。

「シェリーの産地、スペインのアンダルシアを訪れた際、現地の人々がバルで、さまざまなタパスをつまみながらシェリーを何杯も飲んでいるのを見て、これが本来の飲み方なのだと納得しました」

スペイン・ヘレスで賑わうバル。タパスとシェリーを楽しむ人たち

スペイン・ヘレスで賑わうバル。タパスとシェリーを楽しむ人たち

好きが高じて、シェリーのプロモーション活動を始めた明比さん。現在ではシェリーの美味しさを伝えるべく、各地でセミナーを行ったり、イベントに協力しているのだとか。

さあ、今年のクリスマスは、ぜひシェリーを取り入れてみましょう。いつもよりもワンランク上の時間を過ごせること請け合いです。

取材協力:シェリー委員会
撮影協力:バル・ペピート

この連載をもっと見る

クリスマス特集 2016

20代の頃のようにイベントとしてクリスマスを楽しむのもよいけれど、大人になった今だからこそ、自分の時間を大切にしながら落ち着いたクリスマスを過ごしたい。そんな大人の女性に向けて、しなやかなクリスマスの過ごし方を提案します。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

クリスマスは「シェリー」で乾杯! 鍋にもコンビニ食材にも合う不思議なお酒

関連する記事

編集部オススメ

多少の肌トラブルがあっても若さで乗り切れるのは20代まで。用賀ヒルサイドクリニック院長の鈴木稚子先生と一緒に、30代からは自己流の習慣を見直しましょう。

激務の通勤生活、今年で何年目? ふと気づけば、プライベートの暮らしは仕事に押しつぶされてぺちゃんこに。何のために頑張っているのかわからなくなることさえありますよね。「いつまでこんななんだろう」「働き方を変えたい」「でも方法が分からない」この連載では、そんな悩みや迷いをえいやっ!と乗り越えて、“ライフ”に“ワーク”をぐんと引き寄せてしまった彼女たちに話を伺います。

記事ランキング