ポケット弁護士エリカちゃんseason2 第3回

うっかり入ったブラック企業を損せずキレイに辞めるには?

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
うっかり入ったブラック企業を損せずキレイに辞めるには?

「ポケット弁護士エリカちゃん2」
の連載一覧を見る >>

今、大きな社会問題になっている、ブラック企業。アディーレ法律事務所の篠田恵里香(しのだ・えりか)先生いわく「働く側もブラック企業かどうかを見きわめられるようにすることが大事!」とのこと。

とはいえ、入社してみたらブラック体質だった……なんて相談は後をたちません。いざ転職しようと思った時にトラブルになるケースも多いそう。そうなる前に損しない「辞め方」を学んでおきましょう!


<今回のポイント>
【1】有給休暇&退職金は遠慮しちゃダメ!
【2】会社からの借り物はトラブルのもと
【3】残業代の請求は退職後も可能!

【登場人物】

erika

エリカちゃん(永遠の30歳)
「六法全書」の妖精。本名はオピストコエリカウディア・スカルジュンスキィ。辛口で正論をバシバシ言うが、困っている人は放っておけない姉さんキャラ。神様から派遣され、困っている女性のリーガルマインドを鍛え直している。

sachi

サチ(30)
激務な広告代理店で営業をしている30歳独身、彼氏なし。Facebookで数年前に結婚報告をしていた友人たちが、最近続々と出産報告を始めてモヤっとしている。将来のことも考えて、転職をしようか考え中。

社畜OL、ブラック企業を辞めたいと願う……

三ヶ月前に過労で倒れたのがきっかけで、私は真剣に転職活動をするようになった。相変わらず今の会社はサービス残業にオーバータスク。あ〜早く辞めたい! 仕事の合間や週末を使っての転職活動は本当にキツい……。採用試験を受けている会社の中で、早くうまくまとまるところが出てきてほしいよ……。深夜にタクシーで帰宅し、冷え冷えとした部屋の中で思わずため息をついてしまう。

ブラック企業を損せずキレイに辞めるには

2016-erika-icon

「陰気ね〜〜〜〜〜」

2016-erika-icon

「うわぁっ! びっくりした……」

2016-erika-icon

「陰気な顔してると口角下がった不幸顔になるわよ」

2016-erika-icon

「え、エリカちゃん……!」

2016-erika-icon

「久しぶりね。もうそろそろ今の会社に見切りをつける頃かしらと思って、また来てあげたわ」

2016-erika-icon

「……そ、その通りです。今受けている会社がいくつかあって、そのどこかに引っ掛かればすぐにでも辞めたいと思ってるよ」

2016-erika-icon

「こないだブラック企業を見極めるポイントは教えたけど、あなたうじうじしてそうだし、今の会社ちゃんと辞められるの?」

2016-erika-icon

「えっ?」

2016-erika-icon

「あなたみたいにポーッとしてると辞めるときに損しかねないのよ。それどころかトラブルになって辞めた後もネチネチとイヤな思いすることになるわよ」

2016-erika-icon

「ええ〜っ!!」

2016-erika-icon

「まず絶対やった方がいいのは有給休暇の消化! どうせ取ってないんでしょ? 会社に利用できないって言われても法的にきちんと認められるものならちゃんと使えるわよ」

2016-erika-icon

「結構な日数残ってると思う……」

2016-erika-icon

「どうせ辞めるんだからフルで使っちゃいなさい。最終出社日の後に有給休暇をまとめて取れば気まずい思いもしなくて済むわ」

2016-erika-icon

「な、なるほど!」

2016-erika-icon

退職金の規定も辞める前にチェックしときなさいね。ちゃんと働いたんだから、もらえるものはもらっておくのよ!」

2016-erika-icon

「はい!」

ズボラさんは要注意! 会社からの借り物はトラブルの元に

2016-erika-icon

「逆に会社から借りたものなんかはきちんと返さなきゃだめよ。サチちゃんズボラそうよね〜」

2016-erika-icon

「うっ……」

2016-erika-icon

「例えば会社から支給されていた定期券ICカードとかね。期限や残額があった場合、返却が必要な場合がほとんどだと思うわ」

2016-erika-icon

「そのくらいは知ってるし……」

2016-erika-icon

「それに気をつけて欲しいのはUSBなどのメディア。辞めた後に会社の機密を持ち出した、なんてつつかれたりしかねないわ」

2016-erika-icon

「うわぁ〜会社のUSB、持ったままになってるのある!」

2016-erika-icon

「会社から借りているものはきちんと返して、相手に付け入る隙を与えないようにするのが大切なの。ブラック体質な会社なら、辞めさせないようにしてくる可能性もあるんだから」

2016-erika-icon

「うわ〜怖い! わかった!」

2016-erika-icon

「退職する際に確認書なんかを交わす場合も要注意よ。例えば機密を守るためにこの会社を出てから1年以内は同じような営業をしてはいけないなんて書いてあったケースもあったわ。流れでサインしちゃうんじゃなくて、きちんと確認するようにして」

2016-erika-icon

「それは困る! 次の職も営業希望だもん。気をつけるよ」

辞めた後も残業代は請求できる!?

2016-erika-icon

「前にもあなたと同じようにブラック企業に勤めてる子の面倒を見たことがあるんだけど、どうせあなたも残業代もらってないんでしょ?」

2016-erika-icon

「はい……」

2016-erika-icon

「あのね、残業代って、会社辞めてからでも請求できるのよ」

2016-erika-icon

「ふぁっ!?」

2016-erika-icon

「本当これ知らない人多いのよね〜。いやになっちゃう。在職中でも退職後でも、残業代は支給日の翌日から2年間は請求可能なの」

2016-erika-icon

「え〜〜〜!!」

2016-erika-icon

「職場の方針や雰囲気のせいで残業代の申請ができない、なんて人は辞めた後に残業代を払ってもらうっていうのも一つの手だと思うわ」

2016-erika-icon

「でもそんな気まずいことできないよ……」

2016-erika-icon

「そのための弁護士じゃない! 内容証明や会社との交渉で解決することも多いし、すぐに裁判になるってわけじゃないんだからまずは相談してみるのがオススメよ」

2016-erika-icon

「そうなんだ……」

2016-erika-icon

「でもこちらもちゃんと働いてました、っていう証拠は必要よ。タイムカードPCのログアウトの記録は確実な証拠になるし、それが便宜上のものになっているのなら手書きでもいいから勤務時間をメモしておいたりするべきね」

2016-erika-icon

「なるほど。よくTwitterで残業終わった〜ってつぶやいたりしてるんだけど、そういうのは証拠になる?」

2016-erika-icon

「もちろん内容にもよるけれど、証拠として提出できると思うわ」

2016-erika-icon

「あの魂の叫びもムダじゃなかったんだ……(涙)」

2016-erika-icon

「ほらほら、もうこんな時間よ! あ、今日泊めてくれる? あと先にシャワー浴びちゃっていい? いいわよね。は〜疲れた〜〜じゃ、お先に〜〜」

2016-erika-icon

「えっ!? ええっ!?」

エリカちゃんが持っていたステッキを振ると、テーブルの上に人形サイズのベッドとネグリジェが現れた。何が起きたかわからず呆然としている間に、エリカちゃんはバスルームへ消えてしまった。シャワーの音が聞こえる……。あのサイズで、人間用のシャワーを使えるのだろうか……? ちょっと疑問に思ったけれど、今更そんなこと気にしてる場合でもないか……。自分のベッドに腰掛けると急に眠たくなってきた。生きていると不思議なこともあるんだなぁと思っているうちに、すっかり眠りに落ちていった。

<今回のポイント>
【1】有給休暇&退職金は遠慮しちゃダメ!
会社に利用できないと言われても、法律的に有効な有給休暇は取得できるわ。 退職前に消化するべきよ! 退職金も必ず規定を確認して、もらえるものはもらっちゃいましょう!!
【2】会社からの借り物はトラブルのもと
会社から借りているものは必ず返却を! 特にUSBなどのメディアを返し忘れると「会社の機密を持ち出した」なんてトラブルになることも。
【3】残業代の請求は退職後も可能!
在職中でも退職後でも、残業代は支給日の翌日から2年間は請求可能よ。退職後も諦めないで請求するべし!!

この連載をもっと見る

ポケット弁護士エリカちゃん2

人気連載「ポケット弁護士エリカちゃん」が第2シーズンに突入!「六法全書」の妖精にして辣腕弁護士のエリカちゃん(モデルはアディーレ法律事務所・篠田恵里香先生)が皆さんをリスク・マネジメントも抜かりない素敵な大人の女性に育て上げます。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

うっかり入ったブラック企業を損せずキレイに辞めるには?

関連する記事

編集部オススメ

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング