Viva! Photodays 第33回

ちょっと通なスペイン旅 バルセロナから2時間「007」の舞台になった絶景に

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
ちょっと通なスペイン旅 バルセロナから2時間「007」の舞台になった絶景に

スペインは女子旅で人気の目的地。でも、ただガイドブックに載っている観光地を巡るだけの旅は卒業したいですよね。そんな旅の上級者におすすめなスペインの街を、カメラとひとり旅をこよなく愛する編集者兼ライターの宇佐美里圭(うさみ・りか)さんが旅します。

まだ日本人には知られていない古代ローマ時代の街

Tudela1

数年前の12月、友人を訪ねてスペインのトゥデラ(Tudela)という街に行きました。バルセロナからAVE(スペイン高速列車)に乗って2時間半ほど。牛追い祭りで有名なパンプローナの南、ちょうどマドリッドとバルセロナの中間あたりにあります。

Tudela2

Tudela3

Tudela4

Tudela5

人口3万5000人ほどの小さな街ですが、古代ローマ時代から人が住んでいて、長い歴史のあるところ。イベリア半島で2番目に長い河、エブロ河がもたらす肥沃な土壌のおかげでスペイン国内ではおいしい野菜の産地として有名です。

Tudela6

小さい路地が入り組むこじんまりした旧市街は、大都市にはないローカルな魅力があります。観光客にもほとんどすれ違わない街を一人で歩いていると、スペインの“ふつうの暮らし”の中に入り込んだような、それと同時に自分の日常からはるか遠くにいるような、ちょっぴりセンチメンタルな気分になります。こういう寂しさは、ときには悪くありません。

Tudela7

Tudela8

Tudela9

Tudela10

Tudela11

ある日、ここに住む友達が、「おもしろい場所があるの!」と車でトゥデラの街の外へ連れ出してくれました。住宅街を出ると、みるみる景色が変わり、やがて辺り一面まるで砂漠のような乾燥地帯に。30分前まで街の真ん中にいたのに、いきなり砂漠!?

ここが知る人ぞ知るスペインの絶景エリア、 “バルデナス・レアレス(Bardenas Reales)”でした。面積4万1845ヘクタール。砂岩や粘土が数千年にわたる水や風の侵食を受け、不思議な造形美を造っています。

Tudela12

1999年公開の映画「007 ワールド・イズ・ノット・イナフ」など、数々の映画の舞台にもなっているそう。たしかに、このあまりにも雄大な景色は映画が似合います。しかし中には、映画にはちょっと……という光景も……。“Castildeterra”(カスティルデテーラ)と呼ばれる、自然にできた孤立丘です。なんともいえない造形です。

Tudela13

日本ではまだあまり知られていない場所ですが、インパクトは大。スペイン北部へ行くチャンスがあれば、知られざる絶景を見に立ち寄ってみては。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

ちょっと通なスペイン旅 バルセロナから2時間「007」の舞台になった絶景に

関連する記事

編集部オススメ

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング