Viva! Photodays 第32回

スペイン・バルセロナの「人工ビーチ」が美しい 白浜と“空白”に浸るひとり旅

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
スペイン・バルセロナの「人工ビーチ」が美しい 白浜と“空白”に浸るひとり旅

ひとり旅とカメラをこよなく愛する編集者兼ライターの宇佐美里圭(うさみ・りか)さんのフォトエッセイ、今回はスペインのバルセロナです。バルセロナはガウディだけじゃない。疲れた心身に効く白浜と“空白”があるのだそう。

バルセロナといえば“青い海”

barcelona1

バルセロナといえば、ガウデイ、ピカソ、ミロ、バルサ……人によっていろいろ思い浮かぶでしょうが、私にとっては青い海。1992年のバルセロナオリンピックで再開発された白い砂浜の人工ビーチ、“バルセロネータ”は街から歩いて行ける距離にあります。

大学時代(つい最近だと思っていたのに、気づけばひと昔前!)、1年間だけバルセロナに住んでいた頃は、春夏秋冬しょっちゅうこのビーチに来ていました。朝起きて、天気がいいとそのまま海へ。途中でカフェ・コン・レチェ(カフェ・オ・レ)とパンを買ってビーチで朝ごはんです。大学のお昼休みも、天気がよければ友達と海へ行ってランチ。夜も、二次会はビールを調達して、砂浜で飲むこともありました。

ビーチは、ダイニングであり、リビングであり、バー(以前もそんなこと書いていたっけ)。そういえば、ある暑い夏の明け方ビーチを歩いていると、なんと”寝室”にしているツワモノ一家が。シーツと枕を家から持ってきて、砂浜をベッドに家族四人が川の字になって寝ていました。なるほど、その手があったか……!(笑)

barcelona2

barcelona3

ビーチはやはり夏が一番にぎわっていますが、冬は冬でセンチメンタルな雰囲気が魅力的でもあります。

思うに、海や河や山の一番いいところは、その上には必ず“空白”があること。水上や尾根には高層ビルも住宅街もありません。刻々と移り変わる空があるだけ。“空中空白地帯”です。人にはやはり空白が必要なのでしょう。私たちは海をぼーっと見ながら、海そのものというより、場所や時間を超えた、はるか遠くを見つめている気がします。

barcelona4

barcelona5

ちょうど数日前、ある著名な建築家の方がこう言っていました。

「人の頭の上は “天使の領域”。だから教会の天井は高いんです。クリエイティブな仕事をする人は、頭上は高い方がいい。そこから“降りて”くるからね」

おっと、海の話をしていたら、ついつい話が飛んでしまいました。さーて、年末もすぐそこ。そろそろ“空白”を見に行かなきゃと思う今日この頃です。

barcelona6

barcelona10

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

スペイン・バルセロナの「人工ビーチ」が美しい 白浜と“空白”に浸るひとり旅

関連する記事

編集部オススメ

多少の肌トラブルがあっても若さで乗り切れるのは20代まで。用賀ヒルサイドクリニック院長の鈴木稚子先生と一緒に、30代からは自己流の習慣を見直しましょう。

激務の通勤生活、今年で何年目? ふと気づけば、プライベートの暮らしは仕事に押しつぶされてぺちゃんこに。何のために頑張っているのかわからなくなることさえありますよね。「いつまでこんななんだろう」「働き方を変えたい」「でも方法が分からない」この連載では、そんな悩みや迷いをえいやっ!と乗り越えて、“ライフ”に“ワーク”をぐんと引き寄せてしまった彼女たちに話を伺います。

記事ランキング