パリジェンヌのオシャレやライフスタイルをつづったイラストエッセイが人気を博しているイラストレーターの米澤よう子さん。4年間、パリに滞在してパリジェンヌを観察し続けたからこそ見えてきた彼女たちの恋愛観をつづります。何かに縛られることをもっとも嫌う彼女たちの生き方から恋愛や人生のヒントが見つかるかも?
特集一覧へ

恋愛が始まる前に相手への「条件」や好みのタイプを絞り込んで頭でっかちになってしまう。それが恋愛の機会を減らしてしまうのにつながるのは前回、記した通りです。今回は、パリジェンヌの「出会い方」です。

メトロで、カフェで…出会いはあらゆるところに

02ill1

フランスが恋愛大国であるのは、自他共に認めるところ。その理由のひとつとして、出会いの幅が広いことがあげられます。出会いの機会は、メトロで、カフェで、あらゆるところに転がっています。男性から声をかけられたり、腕が触れた時、ひと二言口を聞いたりして…といった具合に、「なにげなく」というシーン。私たちの環境に置き換えれば、コンビニの列に並んだ男女が出会ったようなもの。ごくありふれた日常から自然発生しています。

話してみないとわからない

一番気になるのは「声をかけられる」ケースではありませんか?

パリでこれが日常的なのは、少しでも気になったならば、臆せず声をかけるから。理由は単に「興味を持ったから」です。

パリジェンヌは恥じらうこともせず、淡々と対応。同じく直感で好意をもったら「ウイ」、気が乗らなかったら「ノン」。

「この人、下心があるのでは?」とあまり深く探ると、ひかれてしまいます。それは私が身をもって学んだ部分でもあります。パリの路上で、穏やかそうなムッシューが「一緒に歩かない?」と声をかけてきた際、彼を怒らせてしまいました。

「今はちょっと…」などの返答を繰り返した私に、「今じゃないならいつ?」しまいには「とにかくウイなの?ノンなの?」と呆れた表情を見せ「もういい、サヨナラ」と立ち去られてはじめて、ふたつしかない返事のどちらも返さなかったと気付きました。

あいまいな態度は、軽い直感で誘っただけの彼に、重すぎて場違いな対応だったのだと思います。頻繁に声をかけられる街とも知らず、自意識過剰で気構えてしまい、残念な結果となりました。

02ill2

アイコンタクトも忘れずに

パリジェンヌはなぜ一瞬の出会いを逃さずにいられるのか? それは彼女たちの仕草にも表れています。それはきちんとした「アイコンタクト」。

日常で、とくに恋愛では、「相手の目を見る」ことをおろそかにしてはならないと、私は暮らしてから強く実感しました。相手のことを見て奇妙に思う人は少数派。突発的でも、相手の目を見ることが近道だと知っておくと損はありませんよ!

米澤よう子(よねざわ・ようこ)
東京生まれ。女子美術短期大学卒業。大手企業広告のグラフィックデザイナーとして勤務したのち、イラストレーターとして独立。化粧品パッケージや広告キャンペーン、女性ファッション誌、CMなどで多数の女性イラストレーションを手がけたのち渡仏。パリの高級百貨店、LE BON MARCHÉでの個展を開催するなど、パリでの4年間の活動を経て現在に至る。新刊「パリジェンヌのように少ないモノでスッキリ暮らす」(SBクリエイティブ)が好評発売中。 公式ブログ:パリ流ダイアリー(Petit journal de YOKO)