「色気」と言うと、異性に対しての性的な魅力にあふれていることと思われがちですが、実はそうでもないようです。

エフティ資生堂のヘアケアブランド「TSUBAKI(ツバキ)」は、全国の20〜40代の女性600人を対象に女性の髪と色気に関する印象調査を実施したところ、周囲から「色気がある」と言われる女性と、言われたことがない女性とでは「色気」に対する認識が違うことが明らかになりました。

main

そもそも色気って何?

まず、全体に「色気が欲しいか」を聞いたところ、76.5%が「欲しい」と回答しました。次に「色気がある」と言われたことがあるかを尋ねると、「同性からある」と答えた人は21.5%、「異性からある」と答えた人は24.2%、「同性・異性両方からある」と答えた人は18.5%と、いずれも2割程度に留まる結果となりました。

「色気とは何か」という質問に対しては、「色気がある」と言われる女性は「自信」や「知性」など、内面に秘めた女性の知的要素を上位に挙げました。逆に、言われたことがない女性は「色気の正体がよくわからない」がトップに。次いで「異性からモテること」という結果になりました。

sub1

「色気がある」と言われる女性は「色気」を自分が内面から発信するものと捉えている一方で、言われたことがない女性は「色気」についてピンときておらず、「モテ」という他者目線で考えているようです。

色気を感じるパーツは…

次に、「色気がある」と言われる女性、言われたことがない女性に「外見的に女性の色気を感じるパーツ」はどれかを挙げてもらうと、1位は両者とも「口」(「色気がある」と言われる女性:81.1%/言われない女性:71.6%)、2位は前者が「髪」(71.2%)、後者は「目」(62.0%)という結果に。「髪」への注目度については、前者は71.2%である一方、後者は53.3%と「髪」への注目する度合いは「色気がある」と言われる女性の方が20%近くも高いことがわかりました。

色気の秘密は「髪の○○」

髪の注目度を検証するために、「ノーメークで艶のある髪」と「フルメークで艶のない髪」を見せ、どちらが色気があるかを調査しました。「ノーメークで艶のある髪」に色気を感じると回答した人は67.2%でした。そこで具体的にどの要素に色気を感じるかを挙げてもらうと、全体では「髪の艶」が48.9%という結果に。

同調査を監修した立正大学心理学部の齊藤勇名誉教授は「自信は心に安定感をもたらし、それに伴い、自分の心や行動をコントロールできるものと言われています。その自信によって、女性としての自己の魅力をブレることなくしっかりと他人に表現することができるのです。その結果、他人にも安定感や安心感を与えることになり、大人の女性としての魅力、色気を感じさせる要素につながると言えます」とコメントしています。

【調査概要】
調査期間 :2016年8月24日~25日
調査地域 :全国
有効回答数:600件
調査方法 :インターネットリサーチ
性/年代 :女性/20歳~49歳
年代別割付:各世代200人

(編集部)