ウートピ・ワインラボ所長の浮田です。おいしいワイン、飲んでますか?

あの狂騒の季節が、今年もやってくる……。11月の第3木曜日(今年は11月17日)、午前零時に発売が解禁になるボジョレ・ヌーヴォーは、もはや日本の晩秋を彩る風物詩的なイベントになっています。普段はワインを飲む習慣がなくても、この季節だけは飲んじゃうという人が多いのでは?

どうせ飲むならワンランク上の「プレミアム・ヌーヴォー」を! 所長・浮田が「自分のために選ぶなら、これ!」と絶対の自信をもっておすすめする4銘柄は以下の通りです。

ボジョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー2016

ジョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー2016

まずは、1880年創業の老舗メゾン・ジョゼフ・ドルーアンから。ボジョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー2016(希望小売価格3000円、税別)。

毎年、栓を開けた途端に拍手したくなる、それほど完成度が高く、ブレのないヌーヴォーをリリースする造り手。同社社長のフレデリック・ドルーアン氏は今年のヌーヴォーの味わいについて「小さな黒い果実にスパイシーなニュアンス、口に含むとフレッシュな果実をかじったような、はっきりとした感覚がある」と表現。夏に暑い日が続いた今年の作柄がワインにも表れているようです。

ボージョレ・ヴィラージュ・プリムール2016

ボージョレ・ヴィラージュ・プリムール2016

ボージョレ・ヴィラージュ・プリムール2016

次に、これまたブルゴーニュを代表する老舗ワイナリー、メゾン・ルイ・ジャドから2銘柄。ボージョレ・ヴィラージュ・プリムール2016(希望小売価格3500円、税別)とボージョレ・ヴィラージュ・プリムール ノンフィルター2016(希望小売価格3800円、税別)。

いずれも後述のカルボニック・マセレーションによらず伝統製法で醸造。緻密で濃厚、熟成にも耐える本格的なワインに仕上がっています。とりわけ後者のノンフィルター(無濾過)は飲み手がヌーヴォーに抱いてきた先入観を打ち砕いてくれる逸品。名手が奏でるチェロの演奏のように、低重心で奥深い味わいに心が揺さぶられます。

マルセル・ラピエールのボジョレー・ヌーヴォー2016

マルセル・ラピエールのボジョレー・ヌーヴォー2016

※写真のボトルは2015です。

最後にご紹介するのは、マルセル・ラピエールのボジョレー・ヌーヴォー2016(希望小売価格3700円、税別)。

6年前に惜しまれつつこの世を去ったマルセル・ラピエール氏はフランス自然派の巨匠でした。可能な限り人の手を加えず、自然に任せてブドウを実らせ、在来の自然酵母で発酵させるという彼のワイン哲学は息子のマチュー・ラピエールに確実に継承されています。ボジョレという風土、ガメイというブドウ、その年の気候がボトルの中からストレートに語りかけてくる、そういうヌーヴォーです。

ワンランク上の「プレミアム・ヌーヴォー」とは

ところで、国を挙げての大騒ぎを尻目に、「あんなのは本当においしいワインを知らない無知なやつらのカラ騒ぎだよ」と批判する“似非ワイン通”も跋扈するのがこの季節。でもね……。

ボジョレはフランス・ブルゴーニュ地方の南部に広がる広大なワイン産地。赤ワインはガメイという華やかなアロマを持つブドウから造られます。もともとボジョレ・ヌーヴォー(ヌーヴォーとは「新しい」という意味)は、その年のワインの出来を業者や専門家が見極めるために発酵直後の新酒をテイスティングする習慣から始まりました。

それが一般に販売されるようになると、1970年代後半〜90年代には世界的なブームになり、ボジョレで生産されるワインの半分がヌーヴォーとして出荷された時代もありました。

ボジョレでは一般に、収穫からわずか1ヵ月ほどという短期間のうちに新酒を「飲める状態」にするため、炭酸ガスを使った特殊な製法(カルボニック・マセレーション)でスピード醸造を行っています。そのために香りが華やかで、軽い口当たりで飲みやすいが、深みや複雑さに欠け、また熟成によって味わいを増すポテンシャルがないと言われます。“似非ワイン通”がボジョレ・ヌーヴォーを批判する根拠はそこにあります。

残念ながら、平板で魅力に乏しいヌーヴォーが多いのも事実。しかし、ちゃんと選べば、ヌーヴォーでも素晴らしいワインがたくさんあります。ワイン界の権威、ヒュー・ジョンソン氏もこう書いています。

〈たとえヌーヴォーであっても、濃密なヴィラージュものにお金を払う価値がある〉

ヴィラージュものとは、ボジョレ地区の北半分で造られるワンランク上のボジョレのこと。こういった土地で「プレミアム・ヌーヴォー」が造られているのです。

【先着5組!! イベントご招待】
11 月 16 日(水)21時からTRUNK BY SHOTO GALLERYにて「ボジョレ・ヌーヴォー」とラコステ ジャパンがコラボレーションした「ボジョレヌーヴォー・カウントダウンパーティ 2016」が開催されます。このパーティーに5組10名様をご招待! 先着順です!
こちらのメールアドレス(wotopi_edit@ml.zappallas.com)に、①氏名、②住所を明記してお送りください。発表は招待状の発送をもって代えさせていただきます。

<イベント詳細>
BEAUJOLAIS NOUVEAU 2016 COUNT DOWN PARTY
日程:2016年11月16日(水)〜17日(木)
場所:東京都渋谷区松濤1-5-4 (TRUNK BY SHOTO GALLERY)
主催:ボジョレ・ワイン委員会
協賛:株式会社ラコステ ジャパン
運営:SOPEXA JAPON
※本イベントは、アルコール提供がございますため、20歳未満のお客様のご来店はご遠慮いただいております。

写真:Taisuke Yoshida

保存

浮田泰幸(うきた・やすゆき)
ワイン・ジャーナリスト、ライター、編集者。広く海外・国内を旅し、取材・執筆を行っている。これまで取材したワイン産地は11ヵ国、30地域以上、訪問したワイナリーは約500軒。また、「wine&trip」というタイトルのワイン・トークイベントを主催、みずからナビゲーター役を務め、産地とワイン・ツーリズムの魅力を紹介している。

浮田泰幸