美容家・岡本静香さんから発信されるのは、ラグジュアリーとチープの中間地点に位置するような美容情報。「身近な感じがする」と多くの女性から共感を得ています。 無理はしないで、効率よく。そんな岡本さんならではの美容法をお聞きします。
特集一覧へ
<岡本静香の新・ビューティーロジック>
□食べてこそ人間!だけど量は胃袋と相談
□体重はただの数字 ボディラインを重視
□すぐに実行できる運動が長続きする

実際の美容家・岡本静香(おかもと・しずか)さんの体型は、ほどよいスリムさ、長い手足、すっと伸びている背筋と、女性からするとまさに理想。何をどうすれば、そのボディラインを保てるのか。365日ダイエットに悩むライターが読者を代表してインタビューしました。

top_8YT3835

食べる回数より、食べる量が大事

ー「毎日3食きちんと食べる」と著書『ふつうに過ごすだけでキラキラ変身していく』
(ダイヤモンド社)にも書かれていましたよね。女優さんやモデルさん、美容家さんたちは皆さん同じことを言っていますが、最近は1日2食の人も多いですし、1日3食って食べすぎの域に入りませんか?

岡本:私は、食べる量が大切で、食べる回数はあまり問題ではないと思います。私、実家で生活していた頃、母親が出してくれる料理を完食していました。その量はなんと父親と同じ。食後はいつも苦しくて、1時間くらい寝ていないときつかったです(笑)。

その後、結婚して自分で作るようになった時に「あれ? こんな少量で満足できるんだ」と気づいたんです。そして食べすぎてしまうと、消化にエネルギーを使ってしまい効率が悪くなる。できれば食後にすぐ原稿を書けるような状態に持っていきたい、そう考えてから自然と量が減りました。同時にカラダも軽くなりましたよ。

ーそれは美にストイックな岡本さんだからこそ実行できるのではないかと……。

岡本:いや、私は「食べてこそ人間でしょ!」と思っています(笑)。これを食べたら太るんじゃないかとビクビクするよりも、不安は振り切っておいしく食べたい。でも胃袋には「苦しくなるほど食べてない? 食後に何も考えられず眠くなるほど、食べてない?」と時々聞くようにしています。

ーなるほど、「量」ですか。「重さ」を測る体重計には乗らないと聞きました。

岡本:はい。もう引っ越した時に手が届かないところへしまっちゃいました。(笑)毎日測っていた頃は、目から入ってくる数字に脳がいじめられていましたね……。せっかく朝起きて調子がよくてもたった500g増えただけで落ち込んで、食べたいものを我慢していましたし。

でもね、体重が減ってもヒップラインまで下がるくらいなら、意味がない。数百グラムをやせるよりもきれいなボディラインの方が圧倒的に大事ですから。なのでここ数年は、全身鏡でボディチェックは怠りませんが、体重計には一度も乗っていません。

r_8YT3816

すぐに実行できる運動は長続きに

ー何か運動はされていますか?

岡本:自宅でYouTube を見ながらヨガでカラダを伸ばしたり、週2回はウォーキングをしています。

ージムや教室には行かないんですか?

岡本:ジムだと通わなくちゃいけないですよね、それがダメみたいで。あと歩いたり、カラダを伸ばすのは頭の中をすっきりさせるという目的もあるんです。ジムだと人が多いし、インストラクターさんに話しかけられちゃうから……気を使っちゃう(笑)。基本的にリフレッシュは一人で集中したいタイプなので、縁遠くなっているのかも。

ー食べる量とのバランスを考えると、今の運動量がちょうどいいと。

岡本:そうですね。ウォーキングは紫外線が弱くて涼しい時間帯を狙います。夏は明け方5時くらいで、冬は日中か夕方に歩きます。夏は起きてそのまんま、帽子をかぶって家を出ちゃうくらいの勢いです(笑)。これがすっごく大事で、ヨガもそうなんですけど、思いついたらすぐにできるようにしておきたい。これが長続きの秘訣なんだと思います。

ー普段からよく動く方ですか? やせ型の人はそんなイメージがあります。

岡本:ペタンコ靴の時は時間があれば、歩きます。でもヒールの靴を履いている時にわざわざスニーカーを持って外出したりはしません。荷物になって重いし、効率が悪いから(笑)。

ーやっぱり、岡本さんの美は“効率”に落ち着くみたいですね(笑)。

>>この連載は月曜・火曜に更新予定です。

撮影:竹内洋平

岡本静香(おかもと・しずか) 美容家。大学時代に始めた美容ブログ「静香のメイク日記」が女性からの絶大な支持を集め、現在は若手美容家として活躍中。2012年より日本すっぴん協会会長をつとめ、様々な美肌情報を伝えている。ブログはもちろんのこと、雑誌の連載や、主催する美容サロンなどで人気を集めている。著書に『ふつうに過ごすだけでキラキラ変身していく』(ダイヤモンド社)、『岡本静香のすっぴん美容』(光文社) 、『鏡を見るのが楽しくなる!』(アストラ)など。

小林久乃