美容家・岡本静香の「ゆる・楽・美容」第4回

そのシャンプー、本当に髪に合ってる? アイラインよりヘアケアに気をつけて

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
そのシャンプー、本当に髪に合ってる? アイラインよりヘアケアに気をつけて

「岡本静香の「ゆる・楽・美容」」
の連載一覧を見る >>

<岡本静香の新・ビューティーロジック>
□いつものシャンプーに疑ってみる
□迷ったらプロ(美容師)に相談すべし
□アイラインは“自分の喜び”、ヘアケアは“他人から見た喜び”

「アイラインの細かな跳ね上げの角度よりも、きれいな肌と髪の毛の方が女性らしさは高まります」

そう話す美容家・岡本静香(おかもと・しずか)さんの髪の毛は、艶やかで女性でも触れたくなるような質感です。写真からも、その感じはわかるはず。

スカルプ(頭皮)ケアやヘアケア、あなたは気にしたことがありますか? おそらくほとんどの方はドラッグストアのシャンプーで洗って、乾かしている程度でしょう。

でも想像以上に、頭皮も髪も疲労しているのだそう。岡本さんにヘアケアについて聞きました。

_r8YT3801

使っているシャンプー、本当に髪に合っている?

ー岡本さんは20代からヘアケアの重要性に注目していたようですね。

岡本:私は、生まれてからずーっとひどいくせ毛で……わがままな髪質で悩んでいたんです。それを美容師さんに相談したら、髪質に合うシャンプーとトリートメントを教えてもらって。それを使い続けたら髪質が改善されてきたんです。私の場合はAVEDAを初めて使ったときに、シャンプーの大切さを実感しました。

ー美容師さんに聞く、っていいですね。

岡本:スキンケアコスメは好きでも、シャンプーにそこまでこだわりはないという方もいるかもしれません。「Aさんが使っているからいいんじゃないか」とか、自分の髪質よりもプロモーション優先で選んでいないかな、って。もちろん、プロモーションが入口でもいいんですが。

でも、そのアイテムが自分に合っているかは別問題。合っているかどうかは、使用後の感覚でわかりますよね。まずは、そこを確認してください。疑問を持ったまま行動をしないでいると、変わるタイミングを逃してしまいます。

美容師さんは髪質のことを理解してくれているので、次に買い替えるタイミングで、どんなシャンプーが自分に合いそうかを聞いてみてください。シャンプーだけでなく、自分に合うケアの方法もわかりますし。信頼できる美容師さんは、自分では直接見られない角度でチェックしてくれる「髪の番人」ですから。
 

r_8YT3881

ー理想の髪ってありますか?

岡本:ベタですけど、サラサラで天使の輪があって(笑)、カラーもスタイルも自分に似合っていて、いい香りがする髪です。

ーやっぱり髪がきれいな女性って、それだけで魅力的な気がします。

岡本:そうですよね! アイラインの角度とか、そういう細かなメイクから生まれる美は “自分の中の喜び”が大きいですよね。でも、肌がきれいとか髪がきれいって“他人から見た喜び”でもあります。きれいな髪って、美しさ以上に安堵感や清潔感があるんです。

髪や肌がきれいになると、もっとレベルアップして輝きたくなるはず。ヘアケアやスキンケアは、そのスタートラインに立つための準備です。

つい、まつ毛のカールアップやデコルテラインのケアに力を入れがちですけど、実は、その手前に美の秘訣があるんです。だから、デート前はメイクよりも、ヘアケアとスキンケアに力を入れた方が好印象だと思いますよ。

実践している人からのアドバイスは、やっぱり説得力が違います。高校生の頃からコンプレックスだったという、硬くて乾燥しやすいくせ毛。それをホームケアで改善した岡本さんのヘアケアを、さっそくマネて見たくなりました。

次回は彼女が現在、欠かさずしているヘアケアについて教えてもらいます。

>>この連載は月曜・火曜に更新予定です。

撮影:竹内洋平

この連載をもっと見る

岡本静香の「ゆる・楽・美容」

美容家・岡本静香さんから発信されるのは、ラグジュアリーとチープの中間地点に位置するような美容情報。「身近な感じがする」と多くの女性から共感を得ています。 無理はしないで、効率よく。そんな岡本さんならではの美容法をお聞きします。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

そのシャンプー、本当に髪に合ってる? アイラインよりヘアケアに気をつけて

関連する記事

編集部オススメ

多少の肌トラブルがあっても若さで乗り切れるのは20代まで。用賀ヒルサイドクリニック院長の鈴木稚子先生と一緒に、30代からは自己流の習慣を見直しましょう。

激務の通勤生活、今年で何年目? ふと気づけば、プライベートの暮らしは仕事に押しつぶされてぺちゃんこに。何のために頑張っているのかわからなくなることさえありますよね。「いつまでこんななんだろう」「働き方を変えたい」「でも方法が分からない」この連載では、そんな悩みや迷いをえいやっ!と乗り越えて、“ライフ”に“ワーク”をぐんと引き寄せてしまった彼女たちに話を伺います。

記事ランキング
「美女と野獣」
公開記念特別企画
その、呪われたドレスを、脱ごう。