タグ
2016/11/03
社会人になったら留学なんてできないと諦めていませか? 今、30代の女性の間で、海外留学を考える人が増えているそう。 長期目線でキャリア形成を考えた場合、海外経験があるかどうかはとても重要と感じ始めているようです。 仕事はどうすればいい?オススメの国は? 海外留学のEFの伊丹麻衣子(いたみ・まいこ)さんに、社会人留学の最新事情についてお話しを聞きました。
特集一覧へ

社会人になって5、6年目のアラサーから30代の女性の間で、海外留学を考える人が増えているそう。

【関連記事】「行くなら今しかない」アラサー女性が仕事を辞めて海外留学する意外な理由

理由は、結婚や出産をするしないにかかわらず、仕事を長く続ける人が多くなっているため。長期目線でキャリア形成を考えた場合、海外経験があるかどうかはとても重要と感じ始めているようです。

そこで、海外留学のEF(イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン)で大人の留学カウンセリングを数多く行なった経験を持つ、EF留学研究所ディレクターの伊丹麻衣子(いたみ・まいこ)さんに、社会人留学の最新事情についてお話を聞きました。

留学経験のある後輩にプレッシャーを感じて

「確かに、20代後半~30代女性の間で海外留学をしたいという相談は増えています。動機としては、『英語を学んでよりよい企業へ転職をしたい』『同じ会社内でスキルアップして給与アップを狙いたい』といったものが多いですね」と伊丹さん。

また、いかにも“現代らしい”と感じる動機も目立ってきているそうです。それは、英語に長けた後輩の存在。昔より英語教育が一般的になった近年では、後輩社員が留学経験者であることも少なくないのでしょう。

「後輩社員が留学経験者だと、英語力はもちろん、グローバルな目線を持っていたりと意識やスキルの差を感じたりして、プレッシャーになる人が増えています。同じ職場で肩を並べて働く上で、自分にはない武器を持つ後輩がいるのは頼もしいこと。ですが、焦りを覚える要因でもあるようです」

今は、あらゆる分野の業界で英語力を求める業務が増えています。これまで海外とやりとりのなかった会社が、突然海外マーケットに進出することも決して珍しくはない時代。新規事業の立ち上げに携わる人気ポジションに、自分を差し置いて後輩が大抜擢される、なんていう経験をしたりすれば、焦りを感じずにはいられません。

そういう状況で長く第一線で活躍し続けたいならば、社会人留学は一つの賢い選択肢なのでしょう。

次回からは社会人留学の注意点について伺います。

(奥浜アリサ)

取材協力:海外留学のEF(イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン) 世界16ヵ国44都市で語学学校を運営する国際教育機関。EF Education Firstは“Opening the world through education”(教育を通して世界を切り開く)をミッションに掲げ、1965年に 設立し、現在、世界50カ国以上に500の事業所(学校を含む)を構え、語学学習、教 育研修、海外大学(学士号)プロクラム、文化交流を専門とした教育を提供しています。 ●EF オフィシャルWEBサイト:http://www.efjapan.co.jp